異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

竜王女の秘密

 


 食事が終わった後は仕事の時間である。

 部屋に戻って着替えを済ませた俺は、本日の遠征地について考えていた。

 う~ん。
 今日は何処に行くべきなのだろうか。

 以前に行った『飛竜の山脈』は完全にハズレだった。

 移動に時間がかかるだけではなく、目的であるドラゴンも見つけることが出来ずに散々だった。

 かと言って今のところ他に特に行きたい場所っていうのはないんだよな。


「カゼハヤ。入っても良いか?」


 俺が頭を悩ませていると、聞き覚えのある声が部屋に響く。
 部屋の中に入ってきたのは美少女サキュバスのロストである。


「どうした? 急に」

「キャロライナ様から話は聞いている。お前たちはこれから討伐クエストに向かうのだろう?」

「ああ。そうだけど……」

「もし目的地がないのなら……飛竜の山脈に向かって欲しいのだ」


 いきなりどうしたんだろう?
 ロストの口調は何時になく真剣なものであった。


「理由を聞いてもいいか?」

「いいや。それは出来ん。これは他でもないキャロライナ様にすら秘密にしていることだからな。人間ごときに教えられるはずがないだろう」

「…………」


 おいおい。
 それが人にものを頼む態度かよ。

 美少女の姿をしているからギリギリ許せるが、以前の男の姿のまま同じ台詞を言われてたらカチンと来るところだったな。


「分かった。事情を話せないのなら仕方ないな。飛竜の山脈に行くのは大変だし、別の機会にすることにするよ」

「なっ。ちょっと待ってくれ!」


 冷たくあしらうと、ロストは縋るような眼差しで俺の肩を掴んでくる。

 近い近い!
 お前はもうムチムチのサキュバスなんだから……少しは自覚を持ってくれよ!

 距離感が完全に男同士のままなんだよなぁ。


「事情があるなら話してくれよ。それで俺が納得したら飛竜の山脈に行ってやるから」

「……グヌッ。だ、だが、それだけは出来ん。この秘密は墓場の中にまで持っていかなければならないのだ……!」

「…………」


 へぇ。
 こいつ、単なるヘタレかと思っていたら意外に頑固なところがあるんだな。

 ロストがここまでして秘密にしておかないければならないものはなんなのだろうか?少し興味が湧いてきた。


「仕方ないな。それなら俺が正直になれる魔法をかけてやるよ。【隠していることを全部話してくれ】」


 そこで俺は『命令権』を使用することにした。
 おそらくロストは知らないだろうが、魔物使いは使役した魔物に対して何でも言うことを聞かせることが出来るのである。


「ボクが飛竜の山脈に行きたいと考える理由……それは竜王女クルル様にお会いしなければならないからだ」

「――――っ!」


 こいつ……今なんて言った!?

 竜王女クルル。
 それは魔王軍の元師団長にして今尚、多くの人間の命を奪っていることで知られる最悪の魔族である。

 以前にシエルの師匠であるリックさんから色々と聞いたことがあった。


「クソッ! き、貴様! ボクに何をした!? 口が……口が勝手に動いたぞ!?」

「いいから。続きを話せ。どうしてクルルに会わないといけないんだ?」

「それは……元々ボクがクルル様に仕える部下だったからだ。ボクはクルル様の命により、カジノのオーナーとして働き、その収益金をクルル様に納めていたのだ。しかし、今回のことで事情が変わった。
 今後ボクはキャロライナ様に仕えることになったからな。クルル様には謝罪をしておかないと筋が通らない」

「なるほど。そういう事情があったのか」


 ロストがクルルの元に仕えていたというのは驚きである。

 しかし、これで色々と話が繋がってきた。
 どうして魔族であるロストがカジノで働いていたのか疑問に思っていたんだよな。


「ところでロストはどうしてキャロライナの元に仕えることを決めたんだ? 結果としてはクルルを裏切ることになっちまったんだな?」

「愚問だな。キャロライナ様はボクたち吸血鬼族なら誰もが憧れる英雄だ。仕えるチャンスがあるならば全力で掴みに行くさ」


 知らなかった。
 キャロライナって魔族の間ではそんな有名人だったのか。

 しかし、これまでのキャロライナの活躍を考えると別に不思議な話ではないだろう。


「……ボクは以前から本当にこのままクルル様に仕えて良いのか疑問に思っていたのだ。クルル様は強い。しかし、その人格については正直に言うと尊敬ができないものがあったのだ」

「…………」


 この辺りのことはリックさんから聞いていた情報と一致する。
 残虐非道の限りを尽くすクルルの名前は魔族狩りの間でも有名らしい。


「なぁ。1つ気になることがあるんだが……。そのクルルってやつは新しい主人が出来たから縁を切りたいと言って許してくれる奴なのか?」

「うぐっ。それについてはボクも不安に思っている。クルル様は些細なミスも許さない厳しい方だ……。おそらく良くて半殺し……最悪、そのまま殺されることになるだろうな」


 当然そうなるだろうな。
 話に聞く限りではクルルっていう奴は残虐非道でプライドの高い魔族みたいである。

 自分を裏切った部下を無傷のまま返すとは到底思えない。 


「……ならどうして危険な場所に行こうとするんだよ?」

「このままでいればクルル様は絶対にボクのことを許さない。地の果てまで追いかけてボクのことを殺そうとするだろう。
 そうなってしまうとキャロライナ様に危険が及んでしまう可能性がある。だからこの問題はボクが1人で解決しなければならないことなのだ」

「…………」


 なるほどな。
 そういう事情があったのか。

 ロスト。
 ちょっとだけお前のことを見直したぜ。

 仮に自分が死んだとしてもキャロライナには迷惑をかけたくないというわけか。
 単なるヘタレと思っていたけど……なかなか男気があるじゃないか!

 美少女に対して『男気がある』と言うのも妙な話であるが。


「よし分かった。そういうことなら今日は飛竜の山脈に行くことにする」

「……なに!? 本当か!?」


 俺が許可すると、ロストはパァッと花が咲いたかのような美少女スマイルを浮かべる。


「ああ。ただし1つだけ条件がある」

「条件……?」

「クルルのアジトに行くのは俺も一緒だ。1人で危ない橋を渡るような真似は絶対に許さないからな」

「……いいのか? クルル様は絶対のボクのことを無傷では返さない。一緒に付いていくことになればお前も危険な目に合うんだぞ?」

「勘違いするな。お前のためを想ってのことではない。俺はただ……俺の所有物を他のやつに勝手に壊されるのが我慢ならないだけなんだ」

「カ、カゼハヤ……!」


 俺の言葉を受けたロストは心なしか感動で目を潤ませているようにも見えた。

 なんだろう。この空気……。
 これでロストの中身が正真正銘の美少女だったら結構良い雰囲気な気がするのだが……。

 騙されるな! 奴は男だ!
 おっぱいはバインバインで太モモもムッチムチだが……精神的には男なのである。

 ロストが仲間になってからというもの自分の中に歪んだ性癖が芽生えてしまいそうになって困る。 



「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー204569

    まじで、やめてくれ
    心、男とかまじなえる

    1
コメントを書く