異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

拉致事件



 無事にサキュバスをゲットして一息ついた俺は部屋に戻ってステータス画面を確認することにした。


 カゼハヤ・ソータ

 職業  魔物使い
 レベル 576
 生命力 262
 筋力値 97
 魔力値 208
 精神力 2993

 加護
 絶対支配 

 スキル
 カプセルボール 鑑定眼 魔物配合 コンタクト 精神操作 スキルレンタル

 使役 
 アフロディーテ
 キャロライナ・バートン
 シエル・オーテルロッド
 ユウコ
 ロスト・トリザルティ
 ワーウルフ
 アダマイトゴーレム
 ケダマロ
 リザードウィング
 ゴブリンナイト ×15
 ライトマッシュ ×6
 キツネビ ×4 
 マッドマッシュ

 スキルレンタル 等級A アクティブ
(使役している魔物のスキルをレンタルするスキル。ただし同時にレンタルできるスキルの数は1つまで)


●取得条件

 Sランク以上のモンスターを作成
 精神力 2000以上


 スキルの項目に新たに《スキルレンタル》という文字が追加されていた。

 ほうほう。
 今回ロストを吸血鬼からサキュバスに種族変化させたことで、取得条件が達成できたみたいである。

 どう考えてもこのスキルは凄まじく汎用性が高そうである。

 だってそうだろう?
 このスキルがあれば俺は契約している魔物の種類の応じて、どんどん強くなっていくことができるからな。

 どれどれ。
 せっかく剣と魔法のファンタジーに召喚されたのである。

 まずはロストが持っている『闇属性魔法(上級)』のスキルをレンタルしてみようかな。

 我が名はダークマスター!
 深淵より生まれし闇を操るものよ!


 システムメッセージ
(魔法スキルはレンタルすることが出来ません)


 畜生! どうせこんなことだろうと思ったよっ!
 魔物使いである俺が自由に魔法を使えちまったらゲームバランスが崩壊しそうだからな。

 残念ではあるが、これに関しては諦めるしかないだろう。


 吸淫 等級B アクティブ
(近距離・単体攻撃。対象の性欲を吸収するスキル)

 催淫 等級B アクティブ
(近距離・単体攻撃。対象に性欲を付与するスキル)


 次に俺が目を付けたのはロストが持っている他の2つのスキルである。

 ニュアンスとしてはマッドマッシュが保有していた『乱れ粉』に近い効果だろうか。

 しかし、乱れ粉の等級がDだったのに対して2つのスキルの等級はB!
 これはきっと凄い効果が期待できるに違いない。

 そう考えた俺は吸淫のスキルをレンタルした後、ボールの中のゴブリンナイトを出してから試し打ちを行うことにした。


「ゴブッ! ゴブッ!」


 俺がゴブリンナイトをターゲットに選択した理由は1つ。
 人間で言うところの40歳くらいの貫録を持ったゴブリンナイトならば性欲も溜まっていると踏んだからである。


「よし。いくぞ! ゴブリンナイト!」

「ゴブッ!」


 意を決して『吸淫』のスキルを使用した次の瞬間――異変が起こった。

 スゲー!
 な、なんだこれは!?

 体が熱い。
 ゴブリンナイトが持っていた精力が流れ込んでくるのが分かる。

 ちょっと待て。
 お前……一体どんだけボールの中で性欲を貯めていたんだよ!?

 すまん。
 ゴブリンナイトたち……。

 同じ男として俺はゴブリンナイトたちの苦しみに気付いてやるべきだったのかもしれない。

 今後は定期的に『吸淫』のスキルでゴブリンたちの性欲を解消してやった方が良さそうだな。

 どうやらロストに任せる仕事が1つ増えたみたいである。


「はぁ……はぁ……。終わった……か……」


 自分の体のことだから分かる。
 ゴブリンナイトの性欲を完全に吸収した俺はギンギンの状態になっていた。

 これはまずい。
 誰でもいい……この欲求を解消できる相手を見つけなければ……。

 性欲で頭がおかしくなってしまいそうである。


「ど、どうしたんスか。ソータさん。顔が赤いッスよ?」


 覚束ない足取りで廊下を歩いていると、手頃なターゲットを発見する。

 シエルのロリ巨乳ボディが何時も以上に性的に見えるのは、単純に風呂上りだからという理由だけではないだろう。


「……シエル。良いところにいた。大事な話がある。ちょっと俺の部屋に来てくれないか?」

「ええと。構わないッスけど……髪の毛を乾かしてからでも良いッスか? 自分の場合、早く髪を乾かさないと癖毛が酷くなってしまうんスよ」

「…………」


 こいつは一体……何を言っているんだろう?

 髪の毛の話なんて心底どうでもいい。
 今は俺の性欲を解消することの方が重要だろうが!


「ちょっと! ソータさん!? 本当にどうしちゃったんスか!? 顔が怖いッスよ!?」

「つべこべ言うな! いいから俺の部屋に来いよ!」

「ええええええええぇぇぇ!?」


 無駄口を叩いている時間が惜しい。


 拉致? 監禁?
 上等じゃないか! 


 それから10分後。
 俺の部屋には、あられもないシエルの声が響き渡る。


 ムハー!
 これは良いスキルを手に入れたな。


 俺は『催淫』のスキルを使って、じっくりとシエルの体を堪能するのであった。

「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く