異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

崇拝



 ゴクリ。

 初めてサキュバスの姿を目の当たりにした俺は、思わず生唾を飲み込んだ。

 胸はでかい。
 おそらくアフロディーテのサイズに迫るものがあると思う。

 元々が美形だったからだろうか?
 ロストの外見は女体化しても美形のままである。

 男性用のブカブカの服を着たロストの姿は非常にあざと可愛いものがあった。


「酷い……。こんなの酷過ぎる……。あんまりだ……」 


 自らの性別が変わったことを知って絶望しているのだろう。

 ロストはペタンとお尻と床に付けながらもブツブツと何事か呟いていた。


 う~ん。
 我ながら少し鬼畜過ぎただろうか?


 だがしかし。
 元はというとロストが自分で蒔いた種でもある。

 俺が好きなアニメの主人公は言った。
 撃ってよいのは撃たれる覚悟のある人間だけだ、と。

 そういう意味では、俺を殺そうとしたロストは殺されても文句を言えない立場である。

 美少女として2度目の人生を与えてやったと思うと割と良心的な処罰な気もする。


「なぁ。ロスト。真剣な相談なんだけど……おっぱいを触らせてくれないか?」

「はい?」

「おめでとう。お前……自分では分からないかもしれないけどスゲー美少女になっているぜ」

「……ボクをバカにしているのか?」

「いやいや。俺は純粋な気持ちで言っているんだよ。美少女になったら四六時中、自分のおっぱいを揉み放題じゃないか! 羨ましい!」

「……クッ。殺す!」


 俺の励ましの言葉が気に入らなかったのだろうか?
 ロストは大きく拳を上げて俺の体に殴りかかろうとする。


「何故だ! 何故、攻撃ができんっ!?」


 だがしかし。
 俺の顔面にパンチが命中する直前のところでピタリとロストの動きは止まることになった。


「知らないのか? 魔物使いが契約したモンスターは主人に攻撃することが出来ないというルールが存在するんだよ」

「な、なんということだ……。ハハハッ。」


 自らの状況の不利を悟ったのだろう。
 ロストは膝をくの字に曲げて凹んでいるようであった。


「ご主人さま。この者の処遇は我々に任せて頂けないでしょうか」

「のじゃ」


 この騒ぎを聞きつけて部屋にやってきたのは、キャロ&ユウコの魔族コンビであった。


「構わないけど……一体どうする気だ?」

「ご主人さまの意向は理解しました。しかし、現状この者はご主人さまの奴隷として相応しくありません。ですから私共が、この者を一流の奴隷として育て上げようと思うのです」

「ハッ……! メイド風情がボクをどうにかできるとでも思った……」

「のじゃぁぁぁ!」

「ぶごっ!?」


 見下した口調で調子に乗り始めるロストに対してユウコの鉄拳が飛んでいく。

 体は小さいがその攻撃は強烈だった。
 ユウコの攻撃を受けたロスト(美少女)は、そのまま2メートルほど吹き飛ぶことになる。 


「無礼者っ! この方は吸血鬼族の始祖――キャロライナ様じゃぞ!? お前のような下級魔族は本来ならば絶対に口を利くことが出来ない相手じゃ!」

「キャロライナ……だと!?」


 もしかしてキャロライナって吸血鬼の世界で有名人なのだろうか。
 キャロライナの名前を聞いた途端ロストの顔つきは豹変していた。


「う、嘘だ……!? キャロライナと言ったら我々、吸血鬼族の英雄ではないか! 人間風情に仕えているはずが……」

「ロスト……と言いましたね」

「……はい」

「次にソータさまを侮辱してみなさい。貴方の舌の根を引き抜いて……二度と口を利けない体にしますよ」

「…………」


 こ、怖えええぇぇぇ!
 何時ものことながら怒ったキャロライナはめちゃくちゃ怖かった。


「ま、間違いない……! この迫力は間違いなくキャロライナ様本人だ! 吸血鬼族の始祖の元に仕えることが出来るなんて……ボクはなんてラッキーなんだぁぁぁ!」


 これは一体どういうことなのだろう?
 キャロライナの殺気を一身に受けたロストは両膝を床に付けながらも感動の涙を流していた。

 これは後から知ったことなんだけど魔族っていうのは、自分よりも力のある者に服従する習性があるらしい。

 だからロストにとってはキャロライナに仕えることは最上級の幸せだったのだろう。


「良かった。とりあえずロストはウチで働いてくれる気になってくれたみたいだな。それじゃあ、さっそく部屋を用意して……」

「いいえ。ご主人さま。その必要はありません」

「この屋敷の裏には前の持ち主が残した『使用人室』があるはずです。この者にはそこで十分でしょう」

「なるほど。まぁ、その辺のことはキャロに任せるよ」



 確認しておこう。
 俺の目標は異世界で理想のハーレムを作って地球にお持ち帰りすることである。

 しかし、自分で配合しておいて言うのもアレだが、ロストをハーレムメンバーに含めて良いのかは非常に微妙なところである。

 あくまでこの家に住めるのは心も体も女子限定!

 という風にしておいた方がハーレム感が損なわれないだろうしな。

 

「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー89126

    何が「知らないのか?...」だよアフロディーテ普通に殴ってたやんけ

    0
  • ノベルバユーザー204569

    まじで、心が男とかないわ
    体が女でもまじでタブーだわ

    1
コメントを書く