異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

真犯人



 その夜。
 俺は下着泥棒を撃退するべくトラップの用意に勤しんでいた。


「って、なんでアタシは脱がされているのよぉぉぉ!?」


 今現在。
 アフロディーテは俺が召喚したキツネビというモンスターにパンツを剥ぎ取られようとしていた。

 本当はゴブリンナイトを使うと早かったんだけど、流石に傍から見ていて犯罪の臭いがしてしまうからな。

 キツネビを使うと、女の子のパンツを剥ぎ取る行為も途端に許されるような気がするから不思議である。 


「悪いな。これも全て下着泥棒を捕まえるためだ。我慢してくれ」

「うぅぅ……。それは分かったけど……。どうしてアタシのパンツなの!? 他に適任の子はいなかったの!?」

「ディーのように可愛い子は他にいないからな。犯人だって可愛い子の下着を優先的に盗みたいと考えるのが妥当だろ?」

「えっ? え?」


 おっ。
 効いている効いている。

 最近になって気付いたんだけど、美の女神を自称する癖にアフロディーテは自分の容姿を褒められることに慣れていないらしい。

 何か頼み事をする時は、とりあえずアフロディーテの容姿を褒めておけば成功確率がアップするというわけである。


「頼む! ディー! こんなこと大役を任せられるのはお前しかいなんだ! なんとかして俺の濡れ衣を晴らしてくれ!」


 俺が頭を下げると、アフロディーテの表情がみるみると上機嫌になっていくのが分かった。


「ふふ~ん。仕方がないわねぇ。そこまで言うのなら協力してあげないこともないわよ」


 期待を裏切らない回答をありがとう!

 テキトーに持ち上げておけば大抵のことは許容してくれる。
 この女神さまは本当にチョロいぜ。

 アフロディーテは「恥ずかしいから後ろを向いていなさいよ」と俺に命令すると、脱ぎたての下着を指定の場所に置いてくれた。

 これにて準備は完了である。


「……こんなバレバレのワナで本当に下着泥棒が見つかるんスかね?」


 単純思考の女神さまとは対照的に用心深いのはシエルである。


「問題ないと思うぞ。おそらく犯人は屋敷で働いているグールたちの誰かだろうからな」

「どういうことッスか?」


 そこで俺はシエルに対して推理の一部を聞かせることにした。

 俺が犯人をグールと決めた理由は只一つ。
 あまりに犯行の手口が鮮やかすぎるからである。

 もともとこの屋敷は、ユウコの眷属たちが警備していて不審な人物が近づけないようになっている。

 1度か2度なら成功するかもしれないが、常習的にウチの屋敷に侵入するのは不可能と言って良い。

 ならば容疑者は屋敷をうろついても怪しまれない内部の犯行と考えるのが妥当だろう。


「なるほど。犯人はグールッスか。言われてみるとたしかに……その可能性は高い気がしますね」


 俺の推理を聞いたシエルはコクリと首を振って賛同してくれた。

 ユウコの話によると、グールという魔物は性欲を持たないが、その性質は生前の記憶に強く引っ張られるものらしい。

 今回の下着泥棒の犯人は、おそらく前世では下着に対して並々ならない情熱を燃やしていたグールなのだろう。


「けれど、それなら最初から別に脱ぎたての下着を使う必要はなかったんじゃないんスか? 何なら新品のものを店で買ったほうが……」

「はぁ……。お前ってやつは男心を何を分かっていないんだな……」


 新品の下着など男にとっては単なる布に過ぎない。
 可愛い女の子が身に着けた後の下着にこそ価値が宿るのである。


 ~~~~~~~~~~~~


 それから。
 2時間くらいは窓の外から部屋の様子を窺っていただろうか。

 突如として部屋の中に入ってくる小さな人影があった。


 キャップラット 等級G LV1/5

 生命力 15
 筋力値 5
 魔力値 5 
 精神力 1

 スキル
 なし


「ん? ナベのフタか……なのか……?」

 体長はおよそ15センチくらい。
 頭が大きく等身の低いその生物は、アニメに出てくるキャラクターのような外見をしていた。

 どういうわけか目の前の生物は頭の上にナベのフタをかぶっていた。


「あれは……? キャップラットでしょうか」

「知っているのか?」

「ええ。キャップラットは人気のない廃屋などに住み着くとされるモンスターです。基本的に無害ですが、頭の上に常に何かを被りたがるという変わった習性を持っています」

「へぇ。そんなやつがいたんだな」


 何気に街の中で野生のモンスターを見かけるのは初めてかもしれない。

 キャップラットは部屋の中に入るなり、周囲をキョロキョロと徘徊して――。
 やがてはポツリとアフロディーテのパンツの前に立ち止まる。


「おい。まさか……!?」


 そうか。分かったぞ!
 ここで俺は今回の事件の真犯人を特定することに成功する。

 キャップラットは頭の上に被っていたフタを脱ぎ去り、替わりに落ちていたパンツを頭に被り始める。


「変態だ――!?」


 思わず叫ばずにはいられない。
 パンツを頭の上に被った巨大ネズミの姿はもの凄くシュールであった。


「ソータさん! 早く捕まえに行きましょう!」

「おう!」


 犯行現場を目撃した俺たちは窓を開けて1階の部屋に入る。


「くらえ! カプセルボール!」


 一撃必殺のカプセルボールをキャップラットに向かって投げつける。

 しかし、ここで問題が発生した。
 キャップラットは他モンスターと比べて体が小さい上にやたらと素早いのである。

 先程から何度もボールを投げているのだが、一向に命中する気配が感じられない。


「クソッ! この変態デブネズミめっ!?」

「ソータさん!? キャップラットが外に逃げてしまいます!」

「逃がすかよっ!」


 おそらくこれが最後のチャンスになるだろう。
 俺は窓の外から逃げるキャップラットに向かってボールを投げつける。

 我ながら完璧なコントロール!
 俺の投げたボールは直線に逃げていくキャップラットの頭上に命中することになった。


「よっしゃ!」


 だがしかし。
 ここで予想外のことが起こった。

 どういうわけかキャップラットは、俺の投げたボールを物ともせずに庭の奥にと駆け出していったのである。


「……あれ? 今のって攻撃が命中しましたね?」

「ああ。たしかにそのはずなんだがな……」


 これは一体どういうことだ?

 神族だろうと、魔族だろうと関係ない。
 俺のカプセルボールは投げ当てた物体を100パーセント使役する効果を持っている。

 ボールが命中したのにモンスターが捕まえられないということは初めてであった。


「……そうか! そういうことか!」


 何気なくボールを覗き込んだ時、俺は全てを理解することになる。

 つまり俺の投げたボールは、キャップラット本体でなく頭の上に被っている物体に命中してしまったのだろう。

 先程までアフロディーテが身に着けていた水色のパンツがボールの中に入っているのを確認することが出来た。


「ソータさん。その下着は当然アフロディーテさんに返すんスよね!?」

「シエル。今見たことは忘れろ。いいな?」

「ちょっ!? それはまずいッスよ! やっていることがキャップラットと変わらないじゃないッスか!」

「本当の下着泥棒は……実のところ俺の心の中にいたのかもしれないな……」

「えっ。えええぇぇぇ……」


 もともと俺はアフロディーテに濡れ衣を着せられて不当な扱いを受けていたのである。

 これくらいの役得があっても良いだろう。

 何はともあれこの台詞だけは言うことができる。


 女神さまのパンツ……ゲットだぜ!


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く