異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

女神さまとデート(前編)



 翌日。
 朝早く起きた俺はセイントベルの街の中心街にまで足を運んでいた。

 何故って?
 本日はアフロディーテの要求にあった『ふかふかの天蓋ベッド』を手に入れるため、ショッピングに行くことになっていたからである。


(おい。ディー。準備はできていないのか?)

(まだ! まだだからっ! 覗いたら殺すからね!)

(はいはい……)


 どうやらアフロディーテは現在『冒険者の服』から『踊り子の妖装』に着替えを行っている最中らしい。


 踊り子の妖装 等級E
(多用な装飾をほどこした女性用の衣服)


 このアイテムは、以前からアフロディーテが欲しがっていたので昨日のクエスト報酬でプレゼントしてやったものである。

 ショッピング時には、余所行きの服に着替えておきたいというのはアフロディーテの要望であった。


(……もういいわよ)


 コンタクトのスキルで了承を得たのでアフロディーテを召喚する。


「ど、どうよ?」


 心なしか緊張した声音でアフロディーテは口を開く。
 踊り子の妖装を身に纏ったアフロディーテは、何時にも増して色っぽかった。

 ピンクを基調としたデザインの踊り子の妖装は、露出度も高く着こなすのが難しいと思っていたのだが……。

 腐っても美の女神と言ったところだろうか?
 アフロディーテの前では杞憂だったようである。


「どうって……別にフツーだよ」

「はぁ? フ、フツーって何よ!?」


 期待していた返事を得ることが出来なかったのか、アフロディーテは不満気に頬を膨らませる。


「……いきなり何怒っているんだよ? お前が綺麗で可愛いのは何時も通りのフツーのことだろうが!」

「~~~~っ!」


 俺が客観的な事実を述べた次の瞬間。
 アフロディーテは急に頬を赤らめてアタフタし始める。


「そこそこ。70点と言ったところかしら? ソータにしてはなかなか捻りの利いた口説き文句だったわ。褒めて遣わしてあげる。
 今回はアタシが美の女神だったから平静でいられたわけだけど……これが普通の女の子だったら危なかったんじゃないかしら」

「はいはい。分かった。分かった。御託はいいから早くベッドを選びに行こうぜ」


 話が長くなりそうだったので俺は、アフロディーテの手を引いて店に向かって歩みを進める。

 こいつの茶番に付き合ってはいられない。
 今回の遠征では、なんとしてもレアな鉱石をゲットして一攫千金を目指さなければならないのである。


「手が~~ッ! 手がッッ~~~!!?」


 アフロディーテは謎の悲鳴を発していたが、こいつの奇行は何時ものことなので気にしないことにした。


 ~~~~~~~~~~~~


 スネリカ・ヒューネック
 性別 :男
 年齢 :28


「いらっしゃいませ。ギルド公認魔法道具店にようこそ」

 店の中に足を踏み入れると、1人の男性店員が俺たちのことを出迎える。

 なんだろう。
 TVの中でこういう芸能人を何処かで見たことがあるような……。

 口からはみだした大きな前歯が特徴的な人であった。

「本日はどのようなご用件で?」

「えーっと。ベッドを探しているのですが。なるべくフカフカのやつで」

「なるほど。寝具ですね。当店の寝具はどれも世界樹という希少な木から取れる《エンジェル・コットン》という素材を使用した一級品を取りそろえています。どうぞこちらに」

「…………」

 店員に案内されるがままに俺は魔法道具店の奥に歩みを進めていく。


「おい。見ろよ……あれ……」

「あらまぁ。お盛んですこと」


 おかしいな。
 なんだか先程から妙に周囲からの視線が痛いような……。

 って……しまったぁぁぁっ!

 白昼堂々……若い男女が2人でベッド選び!
 これって傍から見ると完全にラブラブのカップルがやることじゃん!


「どうしたのよ。ソータ。急に青白い顔して」


 クソッ!
 お前はこの恥ずかしい状況の気付いていないのかよ!? 

 まったく……今日という日だけは鈍感スキル持ちのお前が羨ましい。


「こちらが当店でも一押しの最上級ベッドで御座います。貴重なエンジェル・コットンを惜しみなく使用したこのベッドで寝ると……まるで天上にいるかのような気持ちになれますよ」


 スネリカさんがオススメした商品は、たしかに高級感が溢れるデザインをしていた。

 どれどれ。
 ダメ元で値段を確かめてみることにするか。


「なっ。120万!?」


 無理無理むりむりカタツムリだよ!

 どう足掻いても今の俺には手ない高級品である。


「全然ダメね。論外よ」

「なっ」


 アフロディーテは件の高級ベッドに少し触れると、無造作に首を横に振った。

「ど、どこかお気に召されない点でもありましたか?」

「一から説明が必要なの? たしかこのベッドは使っている素材がエンジェル・コットンという話だけど……アタシの見立てではおそらく使われているのは30パーセントってところかしら。
 残る70パーセントは《アシールの綿毛》を使っているでしょ? 別に《アシールの綿毛》が悪い素材とは言わないけど、この商品は表記詐欺も良いところね」

「……ぐっ。ぐぐぬ」

 もしかして今の言葉……完全に図星だったりするのかな?

 アフロディーテSUGEEE!!

 お前はどんだけ異世界のベッド事情に詳しいんだよ!
 その情熱がもう少し別のところにあれば、俺の冒険も少しはラクになったような気がするのだが……。



「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く