異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

鉱山にいく



 セイントベルの街を出て暫く歩く、とついには目的の場所に到着した。


「ここがアーレス鉱山か」


 なんというか穴の空いたチーズみたいだな。
 垂直に近い鉱山の斜面には、無数の入口が存在していた。


 ゴブリンエリート 等級F 4/10 
 生命力 35
 筋力値 39
 魔力値 22
 精神力 11


 おー!
 あそこにいるのはゴブリンの進化系のゴブリンエリートじゃないか!

 この岩山にはゴブリンエリートが生息しているんだな。

 貴重な合成素材だが、ここからではボールを投げても届かないのでスルーしておこう。

「アーレス鉱山は、かつてセイントベルの街から多くの鉱夫たちが出稼ぎに行っていたエリアのようです。
 ただし、最近では収入は減少傾向にあり魔物の出現数が上がったことで採掘作業を冒険者に任せるようになったと聞いたことがあります」

「流石はキャロ。物知りだな」

「……勿体ない言葉をありがとうございます。しかし、この分野の知識ならばシエルさんの方が詳しいと存じます」

「そっか。シエルは武器屋だもんな」

 話題に上がったのでシエルの方に目を向けると、どういうわけか異様に体をプルプルと震わせていた。


「うぉぉぉおおお! 久しぶりの鉱山っす! 血が滾るっす!」


 突如としてシエルはギルドから配布されたツルハシをブンブンと振り回す。

 ちょっと待て。
 ヤル気があるのは良いことだが、いくら何でもテンションが高すぎはしませんか?

「ああ。そっか。もしかしてシエルたちノームって種族は土とか石とか大好きだったりするのか?」

「流石ソータさんです! その通りッス!」 

 ゲームでの経験で培った知識が役に立った。
 どうやら俺の予想はそのものズバリ的中していたらしい。

「自分たちノームは元々『土の精霊』とも言われていた種族ッスから。こういう場所から取れる鉱石はご馳走だったりします。美味しそうな鉱石を見つけたらその場でパクリといっちゃいますよ!」

「そ、そうだったのか……」

 いくら外見が美少女でも嬉々として鉱石を食べている姿は、些か厳しいものがあるな。

 今の台詞は聞かなかったことにしよう。

 そんなことを考えながらも俺は、鉱山の中に足を踏み入れるのであった。


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く