異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

奴隷商館にて



 それからのことを少し話そうと思う。
 俺が討伐証明部位としてコカトリスの頭部を持ち帰ると、冒険者ギルドは凄まじい騒ぎになっていた。

 これは後になって分かった話なのだが、どうやら俺が倒したコカトリスは産卵期を迎えたメスの個体だったらしい。

 その証拠にコカトリスが寝床にしていた巣の中には、大きなタマゴが入っていた。

 メスの個体なのにアフロディーテに発情したことには少し驚いたが、今にして思えば納得である。
 エサとなる獲物を木の枝に差して放置していたのは、子育てに備えてのことだったのだろう。

 倒したコカトリスの鱗は、高値で売ることが出来るらしいので剥ぎ取った素材はシエルに渡すことにした。

 彼女も今回の依頼を手伝ってくれたわけだし、丁度良い見返りを用意できて好都合だろう。


 ~~~~~~~~~~~~


 コカトリスを討伐してから数日後。
 冒険者ギルドから約束通りの300万コルを受け取った俺は、シエルの借金を返済するためにバクラジャ商会にまで足を運んでいた。


「ダメだ。これっぽっちの額では全く足りねえなぁ」


 借金取りの男は俺から金貨が300枚キッチリ入った袋を受け取った上で、下劣な笑みを浮かべていた。

「……どういうことですか?」

「お金持ちの冒険者さんよ~。利息っていう言葉を知っているか? 昔の借金がいつまでも同額のまま維持するわけがねえだろうよ」

「なるほど。利息という言葉は知っています。ちなみにその額は後どれくらい残っているんですか?」

「うーん。ちょっと待っていろ。今計算するから」

 モヒカンの男は欠伸を噛み殺したような表情で手元の書類に目を通す。

「まぁ、ザッと300万コルってところだな。そんだけの額が用意できるっていうなら今度こそ奴隷にする話はなしにしてもいいぜ」

「…………」

 そこまで聞いたところで俺は確信した。
 この男は最初から借金の返済に応じるつもりはない。

 この短期間で300万コルという大金を用意したことから、向こうは俺のことを良いところの坊ちゃんか何かと勘違いしているのだろう。

 いずれにせよ俺から絞り取れるだけ絞り取るつもりであることは間違いない。

「どうする? そうだなぁ。今回の実績もあるし、次は2週間ほど時間をくれてやろう」

「ふざけるな。そんな要求が通るわけ……」

「払うッスよ」

 意外なことに俺の言葉を遮ったのは、その場に同伴していたシエルであった。

 シエルはドシリという景気の良い音を立てながらも、金貨の入った袋をテーブルの上に置く。

「……なっ」

「これで自分は自由ッスね! 今日までご迷惑をおかけして申し訳ないッス」

「き、貴様っ!? これほどの大金をどうやって!?」

 慌てるモヒカン男には目もくれずにシエルは音を立てずに席を立つ。


「ソータさん。行きましょう」

「あ、ああ」


 憑き物が落ちたかのような清々しい笑顔を浮かべながらもシエルは、俺の袖を引っ張って店の出口に足を運ぶ。

 それにしても300万コルなんていう大金……彼女はどうやって用意したのだろうか?

 手持ちのコカトリスの鱗を売っても30万コルくらいにしかならないと聞いていたのだが。


「ちょっと待て。今のは間違い! 冗談だ! 計算しなおしたら利息は500万コルあったぜ! だから、これっぽっちの額ではお前を奴隷として売る話は白紙に戻せねえな!」


 借金取りの男は、足取りを早くして扉の前に立ち俺たちの退路を塞ぎ始める。

 この野郎……何処まで鬼畜なんだ!
 俺から300万、シエルから300万、合わせて600万コルも手に入れたのだから素直に引けば良いだろうに。

 往生際が悪いにも程があるだろ……。

 いや、違うな。

 この焦り方を見ると、既にシエルの身柄の引き受け先との商談がまとまった後だと見るのが正解か。

 どんなに大金を積まれても契約を撤回できないという状況にあるのだと仮定すれば、色々と納得ができる部分がある。


「……ソータさん」

「大丈夫。こう見えて俺は超強いからな。安心しろって」


 不安気な眼差しで袖を引っ張るシエルに対して、励ましの言葉をかけてやる。

 以前とは違って、今度はキチンと安心させてやることが出来たのかもしれない。
 シエルは無言のまま首を縦に振った。


「そこを退けよ。外道が!」

「……ハンッ! 引けと言われて引くバカはいねえよ! お前は黙って俺のためにカネを用意すればいいんだよ!」


 借金取りの男は、懐から取り出した短剣を手にして脅しにかかる。

 これ以上は何か話したところで時間の無駄だろう。

 そうだな。
 この男を懲らしめるのには、ちょうど良い魔物がいる。


「いけ。ワーウルフ」


 ボールの中から召喚されたワーウルフは、扉の前に立つ男を思い切り殴り飛ばす。


「……グバァッ!」


 悲痛な呻き声を漏らした男は、そのまま5メートルほど吹っ飛ぶと顔面から血を流してヒクヒクと体を痙攣させていた


「警告しておく。二度と俺たちの前に姿を現すな。次に会ったら確実に頭を潰すからな?」

「……オボッ。オボボッ」


 口から血の泡を吹き出した男は涙目になりながらもコクリと首を縦に振る。

 この様子だと……せっかく手に入れた大金も治療費に消えてしまいそうだな。

 こうして、紆余曲折を経たものの――。
 シエルと彼女を取り巻く問題を解決することができた。

 部下の横暴な行為を止めることが出来て、ワーウルフ(元バクラジャさん)も涙を流して喜んでいるに違いない。



「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く