異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

早贄



 それから。
 2時間くらい森の中を彷徨い歩いただろうか。

 血の臭いを嗅ぎ分けるという、キャロライナの特技も手伝ってついに俺たちはコカトリスの居場所を突き止めることに成功する。

 コカトリスはカスールの森の中にある樹の中でも一際背の高い大樹の上に寝床を作っているようで、現在は巣の中で体を休めている最中であった。


「それにしても……酷い臭いだな」


 コカトリスが寝泊まりしている大樹の枝には、ウルフを始めとする様々な生物の死骸が串刺しになっていた。

 太陽の光を当てて、干し肉でも作るつもりなのだろうか?

 ちょっとした地獄絵図である。
 そう言えば日本にいる百舌鳥という鳥にも似たような習性があったっけ。



「……って。何でアタシはこんな目に合わされているのよー!?」



 自ら置かれた危機的な状況に気付いたアフロディーテは、悲鳴にも似た声を上げていた。

「おいおい。何でもするって言ったのはディーの方だろ」

「うぅぅ……。たしかに言ったけど……。言ったけどぉ……! 囮役を回されるなんて聞いていないわ! 限度っていうものがでしょぉっ!」

 今現在。
 アフロディーテは、コカトリスの寝泊まりしている大樹の近くにある木の幹に磔にされていた。

 縄で体を拘束されたアフロディーテは、胸元が良い感じにはだけて、太股は露わになり、扇情的な雰囲気を醸し出していた。

 ちなみにこの縄はシエルが植物の蔓を加工して作ってくれた特別製である。


 名付けて……コカトリス誘惑作戦!


 それこそれが、俺の編み出した今回の任務における必勝法であった。


「ソータの鬼! 悪魔! カゼハヤ・ソータなんて無駄に爽やかな名前の癖に! やっていることは鬼畜そのものじゃない!」


 名前は関係ないだろう。名前は。

「まあ、そう言うな。これは美の女神である……お前にしか出来ない仕事なんだ」

「アタシにしか出来ない……仕事……!?」

「ああ。普通の女の子には、モンスターを誘惑することなんて不可能だろ? これは美の女神であるアフロディーテにしか出来ない仕事なんだ!」

「……!?」

 俺が説得すると、アフロディーテはハッと何かに気付いたような面持ちになる。

「フフ。フフフ。仕方がないわね~。も~っ。ソータったらアタシがいないと何にもできないんだからっ」

「ああ。ディーには何時も助けられっぱなしだな」

 当然、何もかも嘘だ。
 あの鳥のバケモノに女性の容姿の良し悪しが分かるとは思えない。

 本人の前では口が裂けても言えないのだが――。
 桁外れの生命力を持ったこいつなら、何かアクシデントがあっても簡単に怪我を負ったりしないだろうから囮役には最適だと考えていた。


「ご主人さまは……普段は虫も殺さなそうな顔をしているのに時折、驚くほど酷いことをするのですね」

「上手く口車に乗せて女神さまを生贄にするなんて……。ソータさんは非道ッス……。鬼畜ッス……」


 俺の考えを見透かしたキャロライナ&シエルは、チクリと刺すようなツッコミを入れる。

 くっ……。
 俺だって罪悪感がないわけではないんだぞ?

 けれども。
 何より今はコカトリスを倒すことを優先したい。

 そのためには手段を選んでいられる余裕がないのである。

 この作戦が上手く行ったらアフロディーテには、後で好きな服を買ってやることにしよう。



「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く