異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

作業分担



「……悪いな。キャロライナに渡す予定だった食糧は奪われちまったみたいだ」

「いえ。お気になさらずに。それよりご主人さま。何処かお怪我はございませんか?」

「ああ。なんとかな」

 強いて言うなら最初の炎を避けたとき、掠り傷が出来たがこれくらいの傷ならば放っておいても治るだろう。

「いいえ。ご主人さまの腕からは、まだ新しい血の臭いがします。おそらく左腕の辺りを擦りむいたのではないでしょうか? よろしければ傷の手当をさせて頂けませんか?」

「……参ったな。キャロには何でもお見通しだな」

 俺が服の袖を捲って傷口を見せると、キャロライナは包帯代わりにハンカチを破って応急手当を施してくれた。


「大したことではありませんよ。吸血鬼は代々、血の臭いに敏感なのです」


 キャロライナの言葉を聞いた俺は、そこで一つのアイデアを閃くことになる。

「なあ。キャロ。血の臭いに敏感ならさっきコカトリスに取られたウルフの臭いを辿ることも出来ないのか?」

「……そうですね。臭いは完全に覚えていますし、不可能ではないと思いますよ。新鮮な血の臭いなら、200メートル離れたところからでも嗅ぎ分けることが出来ると思います」

 今回の依頼で俺が最も懸念していたのは、どうやってターゲットとなるコカトリスを発見するかということであった。

 ターゲットの位置情報についての手掛かりを得ることが出来れば、コカトリス討伐にグッと近づいたのは間違いないだろう。


「ありがとう。やっぱりキャロを仲間にしたのは正解だったなぁ」


 この時点で俺は、コカトリスを倒す作戦について大まかなビジョンを描くことに成功していた。

 けれども。
 今回の作戦を成功させるにはもう1人、どうしても協力を仰がなければならない人物がいた。

「あ~あ。どっかの女神さまもキャロくらい役に立ってくれれば良かったのに」

 俺は溜息を吐きながらも、アフロディーテを挑発するような言葉を口にする。


「はぁ!? ちょっとソータ! 今の言葉は聞き捨てならないわよ!」 


 バカにするような言い方が癪に障ったのだろう。
 アフロディーテは、たわわに実った二つの胸を揺らしながらも反論する。

「アタシに仕事を振りなさいよぉ! アタシだって、ソータの役に立てるってところを見せてあげるんだからねっ!」

「うーん。やって欲しい仕事はあるんだけど……。でもなぁ、こんな危険な仕事……とてもじゃないけど女の子には任せられないよ」

「フフン。見くびらないで貰えるかしら? 地上に降りて力を失ったとは言ってもアタシは女神なのよ? ソータのためならアタシ、何だってやってあげるわよ!」

「よし、本当に何でもやってくれるんだな。言質は取ったぞ?」

「……はい?」

 さてと。
 アフロディーテの了解も得たことだし、これで必要なカードの1枚は確保することができた。

 後はコカトリスの居場所を突き止めれば、奴を倒す準備は完了する。

「なあ。シエル。ちょっと作って欲しいものがあるんだけど、頼まれてくれるか?」

「あ、はい。自分に出来ることがあるなら何なりと」

 頭の中でコカトリスを倒す算段を練りながらも俺は、憎き鳥竜にリベンジを誓うのであった。



「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    いつか駄女神って呼ぶんだろうなぁ〜

    0
コメントを書く