異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

刀鍛冶の少女



 防具を買った後は、武器を揃える番である。

 俺はエドガーさんに教えてもらった中でも最も近場の店を訪れることにした。

「ちょっと。ソータ。あの店は止めておきましょうよ」

「……私も別の店を探した方が良いと思います」

 雑貨店から一番近い距離にあったその店は女性メンバーが拒絶反応を起こす外観をしていた。


 総合武具店 【紅の双刃】


 ボロボロの看板に書かれた文字は、至るところが翳んでおり、かろうじて読み取ることができるかというレベルであった。

「仕方がない。別の店を探そうか。そもそもシャッターが下りているんじゃ中に入ることも出来ないしな」

 諦めて踵を返そうとしたタイミングであった。


 シエル・オーテルロッド
 種族 ノーム
 性別 女
 年齢 13


「んっ~。久しぶりに見るお天道さまは眩しいッス」

 ガラガラと音を立てながらも店のシャッターは開かれる。

 店の中から現れたのは、身長150センチにも満たない小柄な体躯の少女であった。

 ノームっていうとRPGでいうところの土属性の精霊だよな?
 エルフのように尖った耳を持っているのは、ノームという種族の特徴なのだろうか?

 ススと油にまみれてはいるが、よくよく目を凝らすと愛くるしい顔立ちをしていることが分かる。
 アフロディーテやキャロナイナと違ったタイプの美少女であった。


「あ。どもども。お客さんッスか?」


 その少女は俺の姿に気付くなり友好的な笑顔を浮かべる。 

「もしかしてキミが……この店を切り盛りしているのか?」

「その通りッス。本日はどのような武器をお探しで? 立て込んでいた仕事が終わったところですしサービスしていきますよー」

 シエルと名乗る少女は俺の後ろにいるアフロディーテとキャロライナの方に視線をやると、クワッと眼を見開く。

「ちょっと! 冒険者さん! そこにいる女の人たちは冒険者さんのお連れッスか!?」

「ああ。まあ、そういうことになるのかな」

「いや~。ビックリしました。自分、こんなに綺麗な人たちは初めて見ました。とんでもない美人さんッスね!?」

 シエルはアフロディーテ&キャロライナの姿を見て半ばオーバーとも言えるリアクションを取る。

「よし決めた。ソータ。今日はこの店で武器を買うわよ!」

「え? でもお前さっき別の店を探そうって言ってなかったか?」


「そんな昔のことは忘れたわ! 初対面で最初にアタシの美しさ驚くなんて……なかなか見所のある子じゃない。きっと鍛冶屋としての腕も確かなものに違いないわ!」


「…………」

 いや、その二つは別に関係ないだろう。

 まったく……少し褒められたくらいで掌を返しやがって……。
 褒められて気分を良くしたのかアフロディーテは、俺の腕を取って店の中に入って行くのであった。


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く