異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

アメーバスラッグ



「よし。そろそろ日も暮れるし街に戻るとするか」

「流石はご主人さまです! たったの1日でこれほどの素材が集まるものなのですね……」

「ああ。実を言うと俺も今回の結果には驚いている」

 そもそも今までゴブリンたちをバラバラで作業させていたのが、間違いだったのかもしれない。
 
 今回の結果から鑑みるにゴブリンという種族は、チームでまとまって作業をするときに真価を発揮する種族なのだろう。 

「けれども、これだけの素材をどうやって持ち帰りましょうか? 3人で手分けをしても1回では持ち運ぶことができないかもしれません……」

「ああ。それなら大丈夫。心配いらないよ」

 俺はカプセルボールを投げると、木の下に山積みになった《薬膳キノコ》は次々に収納されることになる。

「す、凄いです! カプセルボールにそんな使い方が……!?」

「いやいや。それほどでも」

 キャロライナは毎回、新鮮なリアクションで感心してくれるからテンションが上がるな。

 それに引き替えウチの女神さまと来たら……。


「ふぎゃぁぁぁ!? 誰か助けてぇぇぇええええええっ!」


 噂をすれば何とやら……。

 間違いない。
 この声はアフロディーテのものである。


 アメーバスラッグ LV7/10 等級F

 レベル 7
 生命力 78
 筋力値 12
 魔力値 32
 精神力 25

 スキル
 なし

 声のした方に駆けつけると、巨大なナメクジの魔物がそこにいた。

「あれが……アメーバスラッグか……!?」

 その全長は優に2メートル近くあるだろうか。
 シルエットは地球で言うところのナメクジにそっくりなのだが、半透明の透き通った体をしている。

 レベルは7。
 ステータスに関してもこれまで俺が出会った魔物の中では、最強の数値を有していた。


「ソータ! だ、だずけ……だずけで……」


 涙目になりながらも助けを求めるアフロディーテ。
 彼女の体はアメーバスラッグから伸びた半透明の触手によって色々な部分を弄らていた。


「この魔物っ! ヌルヌルしていて凄く気持ち悪いのぉっ……!」


 護衛に付けた魔物たちは、水中から攻撃を繰り出すアメーバスラッグに対してどうすれば良いのか分からずに右往左往しているようであった。


「待っていろ! 今助ける!」


 俺は目の前の巨大ナメジクに向かってカプセルボールを投げつける。

 が、次の瞬間。
 予想していなかったことが起こった。


「なにィ!?」


 アメーバスラッグは、体内から伸ばした触手でカプセルボールを弾いてしまった。

 無敵だったカプセルボールの弱点が露呈した瞬間である。

 これまで出会った魔物は、ボールを『弾く』という行動を取ることがなかったので気付かなかった。

 当たる、と、弾かれる、では判定が違うということか。

 どうする?
 ライトマッシュの痺れ粉のスキルを使うには、微妙に射程から外れているような気がするんだよなぁ。


「ご主人さま。ここは私に任せて下さい」


 戸惑っている俺に対してキャロライナが声をかける。

「……大丈夫なのか? 敵は池の中にいるみたいだけど」

「問題ありません。私の脚力なら十分に届く範囲です。必ずやアフロディーテさんを助けてみせますよ」

「おお……。それは心強い!」

 たしかにキャロライナの脚力を以てすれば、池の中のアメーバスラッグにも攻撃を与えることができるだろう。

 一撃でも攻撃が入ればアメーバスラッグには隙ができる。

 その瞬間こそがカプセルボールを当てる最大の好機!

 と、俺が心の中で決意をした次の瞬間――。
 その事件は起きた。


「ひゃぁんっ!」


 突如としてアフロディーテが桃色の悲鳴を上げる。
 何事かと思い目をやるとアメーバスラッグの触手が、アフロディーテのスカートの中にまで伸び始めていた。

「おい。急に変な声を出すなって」

「だ、だってぇ……この魔物が変なところを触ってくるからぁ……」

 アフロディーテはモジモジを体をくねらせて身悶えしているようであった。

 捕食するのに邪魔だと判断をしたのだろうか?
 アメーバスラッグは器用に触手を操ってアフロディーテの服を剥いていく。


「許せねえ。俺の仲間に酷いことをしやがって……!」


 グッジョブ!
 随分と粋な計らいをしてくれるじゃないか!


「……ご主人さま?」


 まずい。
 口では格好いい台詞を吐きながらも、俺がアフロディーテの姿を凝視していることがバレてしまったんだろう。

 キャロライナの眼差しは、露骨に不機嫌そうなものであった。

「……チッ」

 気のせいかな?
 明らかにキャロライナの方から舌打ちの音が聞こえてきたような気がするんですけど……。

 それから。
 キャロライナはアメーバスラッグとの距離を徐々に縮めて行き――。


「申し訳ありません。私も捕まってしまいました……」


 無抵抗のまま触手の餌食になってしまうことになる。

 おい。
 お前……わざと攻撃に当たらなかったか?


「きゃうん。こ、この触手……思っていたよりもヌメヌメしていて……っ」


 触手攻撃を受けたキャロライナは桃色の悲鳴を上げる。

 アメーバスラッグは以前と同じ要領でキャロライナの服を剥いて下着姿にしてしまう。
 どうやらミイラ取りがミイラになってしまったらしい。


「ソータ。は、早くアタシのことを助けなさい……!」

「ご主人さま。どうか私のことをお助け下さいっ……!」


 結論から言うと――。
 キャロライナを捕まえたことで触手によるガードが手薄になっていたのだろう。

 強敵アメーバスラッグは、2発目のカプセルボールですんなり捕まえることに成功した。

 何はともあれ、眼福の光景に遭遇することが出来てラッキ―だと思いました。


●使役魔物データ

 アメーバスラッグ
 図鑑NO 708
 種族  水族
 等級  F
 レベル 1
 生命力 70
 筋力値 5
 魔力値 25
 精神力 15

 スキル
 なし

 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 水族の下位種族となるモンスター。
 10本を超える触手を操り獲物を捕獲する。
 その体液はローションの原材料になっている。

 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー163932

    (ΦωΦ+)ホホゥ….
    エロ展開(゚∀゚)キタコレ!!

    0
  • ノベルバユーザー191157

    面白い

    2
コメントを書く