異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

スキルを使ってみよう



 結論から言うと、3チームに分かれて作業を行ったのは正解だったらしい。

 普段より効率良く探索を行うことができているのだろう。
 俺が指定した場所には時間が経過する毎に薬膳キノコが集まっていった。

「ご主人さま。こちらが討伐証明部位である《ライトマッシュの柄》になります」

「ソータ。こっちも素材を持ってきたわよ!」

「おお。どんどん集まっていくな」

 普段は見る機会のない討伐証明部位まで収穫できるのは、新しいオペレーションならではの効果だろう。

 魔物の中では高い知能を持つとされているゴブリン軍団であるが、彼らを以てしても同時に複数の命令を下すと1つ1つの精度が格段に落ちてしまう。

 つまりは「薬膳キノコを探してくれ」という命令を出している間は、魔物を倒して素材を調達するという芸当は不可能なのである。

 アフロディーテ&キャロライナが、命令の更新を行ってくれているおかげで現在の成果があるのだろう。


 痺れ粉 等級E
(遠距離・範囲攻撃。特定の相手を麻痺状態にするスキル)


 素材の方は順調に集まっているので、今回はスキルの検証作業を行うことにする。

 こういうのは時間があるときに試してみないとな。
 いざ! というときに効果を知らなければ手遅れになるかもしれない。

 そう考えた俺は、おもむろにライトマッシュを召喚。


「ノコー!」


 ライトマッシュは相変わらずに奇妙な鳴き声を上げていた。

 こういうのは対象となる相手がいないと効果を測ることができないだろう。

 実験台にしてしまうのは気の毒だが、背に腹は代えられない。
 俺はライトマッシュの対面にウルフを召喚する。


「ガウッ! ガウッ!」


 準備が整ったところで検証スタート!


(ライトマッシュ……痺れ粉だ!)


 すかさず俺はライトマッシュにスキルを使用するように命令を下す。

 その直後。
 ライトマッシュはお辞儀をするかのように頭を下げて、キノコ傘の先端部分からキラキラとした粒子状の物質を噴射する。

 その射程範囲は2メートルといったところだろうか。

 遠距離攻撃として使用するには心許ない感じはするが、効果の程は絶大であった。


 ウルフ LV1 状態(麻痺)


 痺れ粉のスキルをモロに受けたウルフは立っていることすらままならなくなり、地面に転がりピクピクと体を痙攣させていた。

 ほうほう。
 思っていた以上に痺れ粉のスキルは強力みたいだな。

 特にカプセルボールを投げて魔物を使役する俺とは相性が良さそうである。

 相手の魔物を状態異常にしてからカプセルボールを投げ当てることを今後の基本戦術に組み込んでいくことにしよう。

 スキルの検証作業に満足した俺は、再び素材の採取に身を乗り出すのであった。


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    味方に痺れ粉使えないや…

    0
コメントを書く