異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

意外な使い道



 吸血鬼の美少女、キャロライナ・バートンと契約してから更に3時間の時が過ぎた。

 結論から言うと医薬草の採取は昨日以上の成果を上げている。

 ハッキリと計算したわけではないのだが、個数にすると100個以上の数が集まっているのではないだろうか?

 しかし、ここに来て新しい課題が発生している。
 それは時間の経過と共に、医薬草の採取のペースが明らかに落ちているということであった。

 最初は働いている魔物たちが疲れているだけなのかと思ったのだが、今回の収穫ペースの減少はそれだけでは説明できない。

 ここから導き出される結論は1つ。
 どうやら俺は、前回の採取と合わせて森に生えている《医薬草》の大部分を取り尽してしまったらしい。


「これ以上は作業していても無駄だな。今日のところは引き上げて明日からは新しい金策手段を探さないと」


 ちなみに満を持して投入されたウルフたちであったが、どうやら彼らに関しては医薬草の採取に向かない魔物であるらしい。

 ゴブリンと比較をして知能が低いことが災いしたのだろう。
 どうやらウルフたちに植物の判別能力はないらしく持ってくるのは何の変哲もないただの雑草ばかりであった。


「ふふふ! どうやらアタシの出番がきたようね!」


 さて。
 ここから一体どうやって山積みになっている医薬草を街まで運ぼうか? と、考えている俺に向けてアフロディーテが声を上げる。

「まったくもう……。ソータはアタシがいないと何も出来ないんだから。ソータがどうしてもって頭を下げるなら……今日もアタシが荷物持ちを手伝ってあげないこともないわよ?」

「…………」

 ウ、ウゼェ……。
 たしかに今回採取した医薬草を俺1人で運んでいては日が暮れてしまう。

 俺&アフロディーテ&ゴブリンナイト2匹でギリギリ運び切れるか?
 という感じの量である。

 2匹を超える魔物を引き連れて街を歩くのは、人目に付いてしまうので避けたいところであった。

「ほらほら! どうしたの? 『お願いします。アフロディーテ様! プリプリプリチーなアフロディーテ様! 超絶ゴッド美人のアフロディーテ様!』と、地面に頭を擦り付けながら咽び泣くなら、特別に考えてあげないこともないわよ?」


 頭を下げるくらいなら安いものだが、アフロディーテを更に調子に乗らせてしまうような気がして腹立たしい。

 何か策はないだろうか?

 頭の中で様々な策を巡らせていると、俺の頭の中に1つのアイデアが浮かぶ。


「……いや。待てよ?」


 絶対支配 等級 詳細不明
(森羅万象を支配する資格を持った者に与えられる加護)


 そこで俺が思い出したのは《絶対支配》の加護である。

 説明によれば全ての対象を支配することが出来ると書いてある。
 ならば魔物だけではなく、アイテムもボールの中に収納することが出来るのではないだろうか?

 現にアフロディーテが持っていた枕、雑貨店で購入した毛布などはボールの中に入れることができた。

 大切なのはイメージである。
 俺は地面に山積みになっている医薬草に向かって、具現化したカプセルボールを押し当ててみる。

 すると、どうだろう。
 カプセルボールは眩い光を発して、高性能の掃除機のような勢いでアイテムを吸い込んで行く。

 どうやら医薬草のようなアイテムは、枠の制限には引っ掛からないらしい。
 100個以上あった医薬草は、結果として全てカプセルボールの中に納められることになった。



「ふぎゃぁぁぁ!?!? なんで! どうして!?」



 まさか荷物持ちという数少ない仕事を奪われるとは思わなかったのだろう。

 先程までの上から目線の態度から一転。
 アフロディーテはかなり動揺しているようであった。

「……ね、ねえソータ。ちなみにさっきのアタシの言葉は全て冗談だからね?」

「分かっているよ。ディーのような優しい女の子が人の弱みに付け込んで調子に乗ったりするはずないもんな」

 冗談めかして皮肉を言うと、アフロディーテは涙目になる。

「う、うん。分かっているならいいのよ。少し見ない間にソータも成長したみたいで感心したわ」

「ハハッ。この調子で成長していけば、ディーの仕事がますます無くなっていくかもしれないな」

 更に皮肉を言うと、アフロディーテはヘナヘナに腰を下ろして俺の体に密着する。

「ご、ごめんなしゃい。調子に乗りましたぁ……」

「……そうか。分かったよ」


「だからソータ。お願いだからアタシのことを捨てないでぇ……。今度からは真剣に仕事を手伝うことにするからぁ……」


「分かったから……そんなに引っ付くな!」

 俺が思っている以上にアフロディーテのショックは大きかったのかもしれない。

 その後。
 アフロディーテが泣き止むまで暫く時間がかかった。



「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く