異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

探索開始



 今日もまた《カスールの森》にやってきた。
 アーテルハイドにおける俺の短期的な目標は十分に資金を貯蓄することである。

 十分な装備を整えて戦力を強化しないことには、魔王を討伐して地球に戻ることなんて夢の出来事だからな。

 森に着いた俺は周囲に人気がないことを確認してから、生み出したばかりのゴブリンエリート&ゴブリンナイトを召喚してみる。


「ゴブッ! ゴブゴブッ!」


 ゴブリンエリートは、進化前のゴブリンを一回り大きくしたような外見をしていた。

 体長はおよそ60センチくらい。
 その顔立ちは進化前のゴブリンと比較をすると少しだけ凛々しいものになっていた。

 ゴブリンナイトは、ゴブリンエリートが老け顔になったような外見の魔物であった。

 スリムな体型のゴブリンエリートと違って、随分と恰幅の良いシルエットになっている。

 ゴブリンエリートを新卒で入った若手社員だとするのなら、ゴブリンナイトは部長クラスの貫録がある。

「よし。お前たち! 聞いてくれ」

 手持ちの魔物を召喚し切った俺は、彼らに聞こえるように声を張る。

「今日も昨日と同じ要領で《医薬草》を集めようと思う。集めたものはそこの木の根のところに置いてくれ」


「「「ゴブッ! ゴブゴブッ!」」」


 俺の言葉を聞いたゴブリン軍団は蜘蛛の子を散らすようにして森の奥にと消えて行く。

 さてさて。
 どうなることやら。

 昨日の冒険ではゴブリンが他の魔物にやられてしまうというアクシデントが発生してしまったのだが今日は違う。

 新しく習得した《魔物配合》のスキルによって、ゴブリンたちは目覚ましい進化を遂げたのだ。

 仲間の数は減ってしまったが、1匹の質は格段に向上している。
 果たしてそのことが、今回の収穫にどんな影響を及ぼすのか?

 俺は結果を心待ちにしながらも、新しい魔物を補充するべく森の奥に歩みを進めることにした。


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く