異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

新しいスキルを手に入れました

 

 カスールの森で手に入れた医薬草を換金するために、冒険者ギルドに戻ることにした。

「も~! どうして神であるアタシが、荷物持ちなんてしないといけないのよ!」

「まぁ、そういうな。これも魔王討伐に必要な作業なんだからさ」

 ゴブリンたちを使ったことによって医薬草は想定外の収穫を上げていた。

 ところが――。
 あまりに大量の医薬草をゲットしてしまったものだから、俺1人ではギルドまで運ぶことが不可能な事態に陥ってしまったというわけである。

 ゴブリンたちに荷物運びを手伝わせることも出来るが、あまりゾロゾロと引き連れて街を歩くと悪目立ちをしてしまう。

 そんなのっぴきならない事情もあって、俺はアフロディーテには荷物持ちを手伝ってもらっていた。

 ステータスが下がっていて戦闘ではロクに役に立たないのである。
 こういう時くらいは働いてもらってもバチは当たらないだろう。


 カゼハヤ・ソータ

 職業  魔物使い
 レベル 557
 生命力 252
 筋力値 95 
 魔力値 200
 精神力 2898

 加護
 絶対支配 

 スキル
 カプセルボール 鑑定眼 魔物配合

 使役 
 アフロディーテ
 ゴブリン ×42
 ウルフ × 5

 俺は2匹のゴブリンとアフロディーテに医薬草を運送を手伝ってもらいながらも、ステータスを確認する。

 レベルは上がっていなかったが、何時の間にか新たなるスキルが追加されていた。


 魔物配合 等級B アクティブ
(魔物の配合を行うスキル)


 取得条件

 ●精神力 1000以上
 ●魔物契約回数 50回以上


 ほうほう。
 魔物の契約数によってもスキルを取得したりすることがあるんだな。

 魔物配合?
 ゲームみたいに魔物を合体して新しい魔物を作るスキルだろうか?

 精神値1000というのは、神族であるアフロディーテとの契約に成功した俺だからこそ得られたステータスであって、正攻法では到底届くことのできない数値のような気がする。

 新しいスキルについては今夜あたりにでも試してみることにしよう。

 そう判断した俺は大量の医薬草が入った袋を背負いながらも、冒険者ギルドに向かうのであった。


 ~~~~~~~~~~~~


「こちらがクエスト報酬である36000コルになります」

「……どうも。ありがとうございます」

「それにしても凄いですね! たったの半日でこれだけの医薬草を集めることができるなんて。
 駆け出しの冒険者の場合、森の中で迷子になってしまうことも多いのですよ」

 受付嬢のクロエちゃんはクリクリとした大きな眼を見開いて驚いてくれた。

「ははは。大したことはありませんよ」

 集めてくれたのは俺ではなくてゴブリンさんたちだしな。

 とはいえ、美少女から褒められるのは悪い気がしない。

 本日の稼ぎは36000コル。
 露店の値札を観察した限りでは、この世界における1コルは日本でいう1円を少し超えるくらいの額に想定するらしい。

 つまり俺は今日の午後だけで、40000円近くの金額を荒稼ぎしてしまったというわけである。

 大量のゴブリンたちをフル稼働した医薬草採取作戦は、結果として大成功を収めたようである。 

 懐を温かくした俺は足取りを軽くして本日の寝床となる宿屋を探すことにした。 


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く