異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

冒険者ギルドにて



 ゲームの世界で培った知識によると――。
 異世界で仕事を探すならば目指す場所は一つしかない!

 冒険者ギルドである。

 魔王を倒して地球に戻ることを目標にするにしても、まずは資金を蓄えて戦力を強化していくことが先決だろう。

 街にいた親切なオバサンから聞いた話によると、幸いなことにアーテルハイドにも『冒険者ギルド』という施設は存在しているらしい。

 冒険者ギルドは、周囲にある石造りの建造物の中でも一際大きなものであった。

 中にいる人間たちは一様にして剣や斧などの武装をしており、いかにも冒険者然とした風貌をしていた。

 アフロディーテは何故か俺の制服の袖を引っ張り、ピッタリと後ろに張り付いていた。


「おい。どうしたんだよ?」

「だ、だって……アタシたち凄く見られている! 見られているって!」

「……仕方ないだろ。こんな格好をしていれば誰だって注目するって」


 突如として異世界に呼び出されることになった俺は、通っていた高校の制服をそのまま着ている状態であった。

 同じようにしてアフロディーテは、天界にいた頃と同じヒラヒラの衣装を身に付けている。


「おいおい。なんだよ。あのエロい格好をしたねーちゃんは……」

「見ているだけで興奮しちまうような上玉だな」


 男たちから会話からも分かるように冒険者たちは俺たちの格好というより、純粋にアフロディーテの美しさに見惚れているような気がする。

 けれども。
 それを言ったところで、アフロディーテを調子に乗らせるだけなので黙っておくことにした。

「こんにちは。冒険者の方でしょうか?」

 カウンターに着くと受付嬢のお姉さんが対応してくれた。


 クロエ・グライス
 種族 :ケットシー
 年齢 :18


 鑑定スキルによると彼女の名前はクロエというらしい。
 小柄な体躯とセミロングの黒髪を持ったお淑やかな雰囲気の少女であった。

 そして……極め付けにクロエちゃんは頭の上からは猫耳を生やしていた。

 むはー! 
 これが夢にまで見た異世界の美少女というやつか!

 クロエちゃん可愛ええ。

 ゲット! 
 今直ぐにお持ち帰りしたいっ!

「……ソータ。何を考えているのよ」

 背後から殺気の籠った声が聞こえたかと思うと俺の体に激烈な痛みが走った。
 振り返ると、フグのように頬を膨らませたアフロディーテが俺のことを睨んでいた。

 なんという迂闊!
 どうやら俺の下心はバッチリとアフロディーテに見透かされていたらしい。

「あ、あの。本日はどのようなご用件でしょうか?」

「えーっと。仕事を探しているのですけど。俺にもできる仕事って何かありますか?」

「了解しました。当ギルドのご利用は初めてでしょうか?」

「はい。実はこの街に来たのはつい先日でして」

「お客様の相談にお乗り致します。当施設の利用には冒険者カードの発行が必須になっております。
 登録の作業を行いますのでこちらの紙に名前を記載して頂けませんか? 文字の読み書きが出来ない場合は、代理を立てることも可能ですが」

「いえ。結構です」

 受付嬢のお姉さんが差し出した紙に自分の名前を記入する。
 異世界の文字だというのに不思議とスラスラ書くことができた。

「ええと。カゼハヤ・ソータ様ですね。ギルドカードの発行を行いました。こちら紛失した場合には再発行に手数料がかかりますので大切に保管をして下さい」

「ありがとうございます」


 カゼハヤ・ソータ 
 冒険者ランク G


 ギルドから貰ったカードにはそんな文字が書かれいた。

「ギルドのご利用は初めてということで簡単にこの施設の説明をさせて頂きます」

 慣れた口調で受付嬢のクロエちゃんは続ける。

「冒険者ギルドとは……簡単に説明致しますと、国や個人が依頼したクエストを冒険者の方々に斡旋する施設となっております。
 クエストの内容は魔物の討伐から、行方不明の飼い猫の探索まで様々です。実績を積んで冒険者ランクを上げて頂きますと、受けることの出来る依頼の幅を広げることが出来ます」

「なるほど。ちなみに冒険者ランクというのは、どうすれば上げることが出来るのでしょうか?」

「はい。当ギルドが『適性アリ』と判断した方のみ昇級することが可能となっています」

「……おお。随分とザックリとした条件なんですね」

 キュートな笑顔でスゲー黒いことを言ってくるのな。

 要するに有能な人材が目覚ましい実績を上げても、上の人間に認められなければ永遠に出世できないというわけか。

 ゲームっぽい世界に現実味のあるシステムを導入するのは止めてくれよ……。

「ソータ様は本日からさっそく依頼を受けることが可能になっています。あちらのギルドボードに貼られた紙から受けられそうなクエストを探して受付に持ってきてください」

 俺はクロエちゃんに指定された掲示板の前に立つと、手頃なクエストを探すことにした。


☆討伐系クエスト


●ウルフの討伐

 必要R :G
 成功条件:ウルフを5匹討伐すること。
 成功報酬:4000コル
 繰り返し:可

●ゴブリンの討伐

 必要R :G
 成功条件:ゴブリンを10匹討伐すること。
 成功報酬:4000コル
 繰り返し:可

☆探索系クエスト

●医薬草の採取

 必要R :G 
 成功条件: 医薬草を10個持ち帰ること
 成功報酬:6000コル
 繰り返し:可


 現在の冒険者Rで受けられそうなクエストはこの3種類だろうか?

 他にも受注可能なクエストはあったが、成功報酬が低すぎたり、条件が不明瞭だったりするものは候補から除外している。

「あの……討伐系クエストなのですけど、魔物を倒したことってどうやって証明すれば良いのですか?」

「詳細はクエスト受注後にお渡しする小冊子にも載せているのですが、基本的には倒した魔物の部位を剥ぎ取って持ち帰る必要がありますね。
 例えばウルフの場合は、《ウルフの牙》と呼ばれるアイテムをこちらで納品する必要があります」

「……分かりました」

 今のところ出会った魔物は、倒したりせずにカプセルボールを使ってどんどん仲間にして行きたい。

 となると。今回は探索系クエストを中心にしてこなして行くべきだろうか?

「これらのクエストは全て無期限になっています。ソータ様さえよろしければ同時に全てを受注することが可能ですが如何なさいますか?」

「なら一括して全て受注させて下さい」

「承知致しました。それとこちらは初めてギルドに登録した方に差し上げることになっている《初心者支援セット》になります。よろしければ自由にお使い下さい」

「ありがとうございます」

 俺は冒険者にとっての必需品のアイテムが詰まっているらしい《初心者支援セット》を受け取った。

 受付嬢のクロエちゃん曰く。
 このアイテムは、国からの補助金によって用意されたものであるらしい。

 魔物を討伐する冒険者を育てることは国の治安を守るために重要な責務なので、政策の一環として《初心者支援セット》を配布しているのだとか。

 受け取ることが出来るのは初回登録のとき限定なのだが、俺のような根無し草にとっては嬉しい限りである。

 予想外の収穫を得た俺は足取りを軽くして、冒険者ギルドを後にするのであった。


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • カカミツ

    ラノベが好きなんだよきっと

    1
  • 豚トロ

    金がSAOなんだが

    3
  • ノベルバユーザー180330

    このすばに似ていて僕は好きです!

    0
コメントを書く