異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

絶対支配



 結局。
 アフロディーテが倒し損ねたゴブリンの始末は、俺が請け負うことにした。

 身長50センチに満たないゴブリンという魔物はそれ単体では、人間の驚異になるような存在ではないらしい。

 体格の有利を活かした蹴りを頭に入れると、ゴブリンはたちどころに動かなくなった。

 まさか一発で仕留められるとは思わなかった。
 魔物使いという職業は、最弱だという話を聞いていただけに、肩の荷が色々と降りた感じである。

「うぅ~。どうしてアタシがこんな目に遭わないといけないのよぉ……」

 アフロディーテは涙目になりながらもヘナヘナと地面に腰を落とす。

「えーっと。アフロさん? そう気を落とすなって」

「誰がアフロよ!? アタシは見ての通りサラサラよ!」

「……お、おう。そうなのか」

 クワッと眼を見開いて立ち上がったアフロディーテは俺に向かって自分の金髪をこれでもか! と、見せつける。

 間近で見せられて分かったのだが、たしかに彼女の髪の毛はストレートロングのサラサラであった。
 あと、良い匂いもする。

「どうしてもアタシのことを略称で呼びたいのならば……ディーと呼ぶことを許可するわ。不本意だけどアフロと呼ばれるよりはマシだもの!」

「分かったよ。それでさっきの話の続きなんだけど、どうしてゴブリンなんかにやられちまったんだ? 詳しくは分からないけど神族っていうのは強いんだろ?」

「うっ……。それは……」

 目線を逸らしながらもアフロディーテは口籠る。
 どうやら先程の出来事は彼女にとって、よほど恥ずかしいことであったらしい。

「さっき貴方とアタシのステータスを確認した時に原因が分かったの。
 忘れていたけど神族が力を発揮できるのは天界に限定されるらしいのよ。森羅万象を灰燼に変えるゴッドブレスの魔法が使えなかったのもそのせいだわ!」

「……お前はゴブリン相手にそんな物騒な魔法を使っていたのか」

 俺はツッコミを入れながらもステータス画面を確認する。

 アフロディーテ
 種族  神族
 レベル 3620

 生命力 29778
 筋力値 4(↓29784)
 魔力値 18(↓68804)
 精神力 13(↓38227)

 スキル
 UNKNOWN

 どうやら魔物使いは、使役した魔物のステータスを確認することができるらしい。

 元のステータスと比較をすると、生命力以外の数値が軒並み下がっているようであった。

「アタシは今回の出来事について推理をしてみたわ。貴方のステータスの加護の欄に《絶対支配》っていうのがあるじゃない?」

「ああ。たしかに。そんなのもあったな」

 カプセルボールのインパクトが強すぎて今の今までそれほど気にしていなかった。


 絶対支配 等級 詳細不明
(森羅万象を支配する資格を持った者に与えられる加護)


 ステータス画面を開いて、加護の欄を確認してみると何やら只ならない文章が浮かび上がっていた。

「……気付いたかしら? 貴方の持っている《絶対支配》の加護は、魔物使いという職業が不遇と言われる所以である『基本種族の魔物しか使役できない』というルールを根底から覆すものなのよ」

「待てよ。どんな種族でも契約できるってことは、たとえば人間も使役することが出来たりするのか?」

「当然でしょう。神であるアタシにすら有効だったんだから。人間ごときに耐性があるとは思えないわ」


 なんということだろう。
 人間を使役できる魔物使いとは一体……。

 どうやら俺が手に入れた能力は……この世界ではバグとしか思えないような性能のものだったらしい。





「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー266226

    出だし「このすば」のパクリ?

    0
  • 真砂土

    プラスチック球?

    0
  • タクト

    wwwwww

    0
  • ノベルバユーザー173109

    魔王にカプセル投げたら一撃やな

    5
コメントを書く