異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

初めての戦闘



 ふと気が付くと、見渡す限り何処までも続く広い草原がそこにあった。

 げ!
 なんだこの植物!? 顔があるぞ!?

 それに太陽が青い……青く光っている!

 驚いた。
 本当に異世界とやらに召喚されてしまったわけか。


 う~ん。どうしたものか。


 ゲームで培った知識を参考にするならば、最初にするべきことは、『街を目指す』ことなのだろう。

 幸いなことに俺の直ぐ近くには人が通った後のような道が見える。

 この道を辿って行けば何時かは、人のいる街に到着するのではないだろうか?


「……魔物だ」


 暫く切り開かれた道を歩いていると、前方に体長50センチにも満たない緑色の肌をした小人を発見する。

 どうやら向こうからは俺の姿は見えていないらしい。

 どうする? 戦うべきなのか?

 ゴブリンと言えば、ゲームの世界では割と序盤から登場するモンスター。
 試しに戦闘を行うには、おあつらえむきの相手かもしれない。

 けれども。
 異世界に召喚されるにあたり授かった俺の職業は魔物使い。

 普通に正面から殴りに行くのは何かが違う気がする。

 こんなとき俺のやっているオンラインゲームなら親切なナビゲーターが、チュートリアルの説明をしてくれるのだが……。

 現実はままならないものである。


「……いや。待てよ」


 名案を閃いた俺は、カプセルボールのスキルを使うことにした。
 直後、俺の掌からは半透明のカプセルが召喚される。


「おお。やっぱりいるみたいだ」


 よくよく目を凝らしてみると、カプセルボールの中には金髪の美少女アフロディーテの姿があった。

「ふふふ。もうどうにでもな~れ~」

 しかし、先程までの威勢の良さは何処にやら。
 アフロディーテは持っていた枕を座布団代わりにして、虚ろ気な眼差しでボールの中で体育座りをしていた。

 さて。
 どうやったらボールの中から彼女を出すことが出来るのだろうか?

 スキルについては心の中で念じることで使用することができた。

 ならばカプセルボールから魔物を呼び出すのも、同じ要領で出来るのではないだろうか?

 ものは試しに俺は心の中で『召喚』という言葉を念じてみる。

 すると、次の瞬間。
 カプセルボールは光の粒子を発して、人の形を作るようになる。

 光の中から現れたのは、金髪巨乳の絶世の美少女――。
 アフロディーテであった。


「よお! また会ったみたいだな!」

「……ふぇ?」


 アフロディーテは体育座りの姿勢で地面に腰を落としたまま「何が何だか分からない」と言った表情で、パチクリと瞬きをしていた。

「ちょっと! 貴方! なんてこと……なんてことを!?」

「いや。その節は悪かったよ。俺だって悪気があってやったわけじゃないんだ。許してくれ」


「あ@kjbxじゃs」scんあいぐすいッ!」


 アフロディーテは、言葉にならない言葉を発しながらも俺の胸倉をつかんでブンブンと揺する。


「というか、この場所で騒ぐのは色々とまずいって! 向こうにいる魔物に気付かれちまう」

「はぁ? 魔物ですって?」

 アフロディーテはようやく俺の服を離すと、魔物のいる方に視線を向ける。

「魔物って。ハンッ! たかだかゴブリンじゃない」

「たかだかって……。もしかしてアフロディーテって、とんでもなく強かったりするのか?」

「当然でしょ。仮にもアタシは女神なのよ? 神であるアタシが魔物ごときに遅れを取るはずがないじゃない!」

「おお。そいつは心強い……! なら手始めにそこにいるゴブリンを追い払ってくれないか?」

「仕方がないわねー。それが終わったら色々と話を聞いてもらうわよ!」

 アフロディーテはゴブリンの方に向かってトコトコと歩くと、仰々しく右腕を天に向かって突き出し。


「哀れなる子羊よ。美の女神アフロディーテの名の元に神の裁きを受けよ! ゴッドブレス!」


 格好良く決め台詞を口にする。

 ところが――。
 威勢の良い言葉を口にしたにもかかわらず。

 ゴッドブレスどころか、そよ風の1つも吹きはしない。


「お、おかしいわね! ゴッドブレス! ゴッドブレス!」


 アフロディーテは立て続けに技の名前を口にするが、相も変わらず周囲には何の変化も見られない。

 それどころか大きな声を出したせいで、ゴブリンにこちらの存在を勘付かれてしまう始末である。


「ソータ……。だ、だずけ……だずけで……」


「…………」

 ゴブリンにヒラヒラの衣服を引っ張られたアフロディーテは涙目になっていた。

 この神様は本当に……何から何まで頼りにならないやつであるらしい。




「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    あれ?ゴッドブレス?あれ?青いのが出てきた…

    0
  • レッディー

    ○クアっていう駄女神に似てる

    9
  • いのり

    何故だろう青い髪した駄女神が頭に浮かぶ

    31
  • 4696cafe

    このすば感が凄い

    21
コメントを書く