異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

異世界ハーレム計画



「1つ疑問に思ったんだけど、仮に俺がその魔王っていうのを倒して地球に戻った場合、俺の魔物使いの能力は消えちまうのか?」

「えーっと。その場合、能力は引き継がれるはずよ。手に入れた能力を削除することはアタシのような神でも不可能だもの」

「……となると、カプセルボールで手に入れた魔物も地球に持ち帰ることが出来るわけだな?」

「まあ、そういうことになるわね。能力を悪用させないために、アタシたち神族が定期的に監視することになると思うけど」

「…………」

 アフロディーテの言葉を受けた俺は、そこで1つの大きな決意を胸に誓った。

「……よし。決めた」

「? 決めたって何のこと?」

「目標だよ。異世界で生きて行く上での目標が決まったんだ」

「なるほど。殊勝な心がけね。さっそく魔王を倒す決心を決めてくれたってことかしら」

「いや。違うけど?」

「えっ」

 即座に否定をすると、アフロディーテは困惑の表情を浮かべていた。

「……も、もしかして貴方は、元いた世界に戻りたくないとか考えるタイプだったりする?」

「いや。もちろん俺は日本のアニメとゲームが大好きだし地球に戻るつもりでいるよ」

「……どういうことよ? アタシの話を聞いていなかったの? 元の世界に帰るには魔王を倒すしか方法はないのよ?」

 アフロディーテが食い下がるので仕方なく説明をしてやる。

「いいか。1度しか言わないからよく聞けよ? 俺の目標はこの《絶対支配》の能力を使って異世界の美少女を地球にお持ち帰りすることだ!」


「………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………はい?」


 俺のアイデアを聞いたアフロディーテは、頭上に特大のクエッションマークを浮かべる。

 アフロディーテの話によると、魔物使いとしての俺の能力は地球に戻った後も消えることはないらしい。

 ならばこのカプセルボールに異世界でゲットした美少女を入れておければ、地球にお持ち帰りすることも可能だろう。

「言っておくけど。俺は本気だぞ? 異世界でハーレムを築くことは何にも代えがたい男のロマン!
 けどな、俺はエアコンもジャンクフードもない世界に長く滞在するつもりはサラサラねえ! 魔王は倒す。ただしそれは異世界で理想のハーレムを築いた後でいい!」

「ま、ますます意味分からないわよ! そんなことが倫理的に許されるはずがないでしょう! 第一に神であるアタシが黙っていないわ!」

「いいのかよ?」

「何がよ」

「魔王を倒さないとお前も天界に戻ることが出来ないんだろ? 俺はこの世界で最高のハーレムを築くまでは魔王を倒すつもりはないからな?」


「……ッ!?」


 俺の言葉の意味に気付いたのかアフロディーテは驚愕の表情を浮かべる。

 たしかにアフロディーテのステータスは天界では強かったかもしれないが、この世界では制限がかかっていて弱体化してしまっている。

 言うなれば彼女が天界に帰れるかどうかは、今のところ俺の活躍にかかってしまっているのである。

「ディーは天界に帰りたいんだよな? なら俺の計画に協力する気はないか?」

「バカなこと言わないでよ! 神であるアタシが、そんな下賤な計画に手を貸せるはずがないわ!」

「そうか。ならお前は一生このまま地上で暮らすことになるかもしれないけど……それでいいんだな」

「うっ。ううっ~」

 アフロディーテは暫く無言で何かを考えていたかと思うと、やがて何かが吹っ切れたかのような清々しい笑顔を浮かべる。


「し、仕方がないわね! 不本意だけどアタシ……ソータのハーレム作りに協力するわっ!」


「よっしゃ。お前ならそう言ってくれると思ったぜ!」

「…………」

 握手を求めると、アフロディーテは露骨に嫌そうな顔をしながらも応じてくれた。

 世の中には捨てる神もあれば、拾う神もいるということなのだろう。
 唐突に異世界に召喚されて途方に暮れていた俺に一筋の光明が差した瞬間であった。

 こうして俺と女神さまによる『異世界ハーレム計画』はスタートするのであった。


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く