劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~

柑橘ゆすら

勧誘イベント



 テッドに連れられて向かった先は、アースリア魔術学園の中でも取り分け多くの学生たちが行き来すると言われる『中央広場』と呼ばれる場所であった。


「ぬおー! もの凄い人だかりッスねー!」


 テッドが驚くのも無理はない。
 今現在。中央広場は未だかつてないほどの人数の学生たちでごった返していた。

 ふうむ。
 さながらこれは祭りのようだな。

 年若い学生たちがそれぞれ思い思いに勧誘活動を続ける様子からは、エネルギッシュな雰囲気を感じ取ることができた。


「キミ、騎竜研究会に興味ないかい!?」

「おい! そこの新入生! オレたちのハウント研究会に入って、一緒に汗を流そうぜ!」


 なるほど。
 俺が思っていた以上に研究会の数は充実しているらしい。

 暫く周囲を観察してみて分かったことがある。

 どうやら中央広場に集まった研究会は、『火属性魔術研究会』『回復魔術研究会』などの魔術系、『騎竜研究会』『ハウント研究会』などのスポーツ系の2種類に分けられるらしい。

 しかし、こう数が多いと1つ1つ見ている暇は無さそうだな。
 俺は人垣を縫いながら、とりあえず空いていそうな研究会を探す。


「ねえ。キミキミ! ちょっといいかな?」


 暫く歩いていると上級生と思しき学生に声を掛けられた。


「ぬおっ! な、なんなんスか! その格好! 鎧のお化けがいるッスよ!」

「ハハハ。これは試合で使う防具だよ。驚かせてしまってすまないね」


 鎧のお化けか。
 なるほど。言い得て妙な表現だな。

 上から下まで覆う白い防具。肩や膝には盛り上がりがあることから、プロテクターが入っているのだろう。


 よほど激しい試合をしているに違いないな。


 しかし、スポーツと呼ぶには些か過剰な装備のような気もする。


「ボクの名前はセガール。キミ、アーミーフットに興味ない? キミほどの逸材ならレギュラー間違いなしだよ!」


 セガールと名乗る男はそう言って、俺の隣にいるテッドの両肩をがっしりと掴んだ。


「アーミーフット? なんスか。それ」 

「分かりやすく言うと、こういう魔導鎧を装着して行う肉弾戦を主体とした球技だね。場合によってはかなりハードな試合になるから、『地上最速の格闘技』なんて呼び方がされているんだよ」


 ふうむ。今の説明で大体理解ができた。
 おそらく200年前の時代で普及していたフットボールから派生した競技なのだろうな。


「そうッスね。たしかに自分は体を動かすのが好きなので、興味がないでもないんスけど……。師匠も一緒でいいんスかね?」

「え? 師匠っていうと、そっちの琥珀眼の彼かい?」

「はい! 自分で試合に出られるなら、師匠なら即、不動の大エース間違いなしッスよ!」

「えーっと……。それはちょっと……どうなのかな……」


 テッドの言葉を受けたセガールは、気まずそうに目を泳がせる。

 まあ、無理もない。
 この時代の人間にとって『琥珀眼』の魔術師は、ロクに魔術を扱えない落第生の象徴のような存在らしいからな。

 セガールが声をかけてきたのは最初からテッドが目当てで、俺については眼中になかったのだろう。


「なんだ! これは一体どういう状況だ?」

「主将! こ、これはその……」


 俺たちの間にやたら恰幅の良い1人の男が現れる。
 その男は先に話かけてきたセガールとかいう上級生と比較して、更に高級そうな頑強な鎧を身に着けていた。


「……有望そうな新入生を見つけたのですが、部に入るための条件としてそっちの彼と一緒という条件を提示されまして」


 気の弱そうなセガールが『主将』と呼ばれる男にコソコソと耳打ちをする。

 
「ハハハッ。当然そんなもの、認められるはずがないだろう? 劣等眼なんかが入っちまった日には、我が研究会の名誉は地に落ちたのも同然だからな!」

 
 はあ。あまりにストレートな物言いに溜息しか出ない。

 だが、この展開は俺にとってはある意味、好都合なものだった。
 はなから俺を必要としないのであれば、この場から離れる恰好の理由ができたというものである。


「行くぞ。テッド」

「えっ。いいんスか!? 師匠!?」

「ああ。どのみち俺は球遊びにはあまり興味がないからな」

「……待て。小僧」


 俺が足早に立ち去ろうとすると、主将と呼ばれる男が低い声で呼び止める。


「貴様、今、なんと言った?」

「球遊びには興味がない、と言いましたが」


 オウム返しに続けると、『主将』と呼ばれる男のボルテージが分かりやすく上がっていた。


「オレはなぁ! そうやって人から差別されるが大嫌いなんだよ!!」 


 はあ。ダブルスタンダードも甚だしい。
 この男、他人は平然と差別する癖に自分が同じことをされると怒るのだな。

 怒った主将は大きく地面を蹴り上げて、俺に向かって突進してくる。


「どうだ! このタックルを受けても、まだ、球遊びと抜かせるか!」 


 なるほど。
 大きな口を叩くだけあって一応、構えは堂に入っているな。

 おそらく実際に競技で使用されるタックルなのだろう。

 だが、どんなに経験を積んでいたとしても、俺にとってはハエが止まるようなスピードであることには違いがない。
 
 俺は飛び込んでくる鎧男の足をひょいと掬って、バランスを崩して見せる。


「ぬがっ! ぬわあああ!」 


 バランスを崩した鎧男は、咄嗟に手にしたボールを天高くに放り投げてしまうことになる。


「クソオオオオオッ! ちょこまかと!」


 体勢を立て直した鎧男は、叫び声を上げながら再び俺に向かってくる。

 やれやれ。 
 こんな人目に付く場所で目立つような行動は取りたくはなかったのだけどな。

 仕方がない。
 ここは1つ、なるべく目立たないように穏便に場を治めておくことするか。


「先輩。ボールを返しておきますね」


 俺は空高くに上がったボールをキャッチすると、黒眼系統の魔術の初歩である物質強化魔術を発動させる。


 強度の上がったボールは本気を出して投げれば、人間の1人くらい訳なく殺すことができるだろう。


 俺は強化したボールをできるだけ軽く、鎧男の顔面に投げてやる。


「ふぎゃあああああっ!」


 俺のボールを受けた鎧男は、逆エビ剃りの形で後方に吹き飛んだ。

 はあ。
 いくら魔力で強化しているとは言っても今程度のボールも取れないようでは、鍛錬の底が知れてしまうな。


「スゲー! なんだよ! あの新入生!?」

「あの、アーミーフット研究会の鬼主将を一撃で倒しちまったぞ!?」


 やれやれ。
 俺としては、なるべく事を荒立てずに場を治めたつもりだったのだが、どうやら必要以上に注目を浴びる結果となってしまったらしい。


 次回からは、もう少し目立たないように問題を解決する方法を模索していかなければならないな。


 こうして面倒な先輩を押しのけた俺は、気を取り直して研究会を探すことにした。


「劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く