劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~

柑橘ゆすら

外出届け



 その日は俺が学園に入学してから、初めてのまともな休日だった。

 これまでも休みの日は何度かあったが、生活環境を整えるのに忙しくて息抜きをしていられる余裕はなかったからな。

 せっかくの休日だ。
 久々に自室に籠って本でも読んでいたいという気持ちもあるが、生憎と今日は先約があった。


『ねえ。次の休みの日に、出かけてみない? 勉強を教えてもらったお礼をしたいの』


 俺は図書館でエリザに言われた言葉を思い出す。

 今日はエリザに王都を案内してもらう約束だ。

 エリザは美味しい物を多く知っているとか言っていたな。それに古本屋もあるとか。
 まあ、何にせよ王都に出てこの時代の最新の文化に触れるのは、良い経験になるのだろう。


 しかし、1つ問題がある。

 
 アースリア魔術学園では生徒が外出する際には規定の『外出届け』を書かなければならないというルールが存在しているのだ。

 基本的には受理されるものらしいのだが、時々、意地の悪い担当に当たった日には外出許可が下りないというケースもあるらしい。


「アベル様。どうされたんですか?」


 不運に当たらないことを祈りながら歩いていると、見知った人物に声をかけられる。


「……リリス。何をやっているんだ。お前」


 校門前に置かれた椅子に腰を下ろしたリリスは、いかにも手持無沙汰な様子で本を読んでいるようであった。


「はい。ワタシは生徒たちが無断外出しないか、見張り役をしているのです」

「なるほど。そういうことだったのか」


 それは都合がいい。
 俺に対して悪感情を持った教師が当番だった場合、外出許可が下りないという可能性も考えられた。

 特にあのカントルとかいう体育教師が当番だった場合は最悪のケースは覚悟していたのだが、リリスならば大丈夫だろう。


「こいつを受け取ってくれ」

「……外出届けですか。珍しいですね」

「ああ。少し王都に用事ができたものでな」


 俺の思い過ごしだろうか?
 書類を受け取ったリリスは、僅かに面白くなさそうな表情を浮かべているように感じられた。


「……そう言えばつい先ほど、アベル様と同じクラスのエリザという方からも同じような届けを受け取りましたよ」


 んん? なんだろう。
 今日のリリスは何時もと少し様子が違っているな。

 具体的に言うとリリスの口から、俺以外の生徒の話題が出るのは初めてのような気がする。

 どれどれ。
 面白そうなので少々からかってやるか。


「そうだったのか。それは奇遇だな」

「アベル様はエリザという人とお出かけになるのですか?」

「さあ。どうだろうな」

「……アベル様。少々、こちらに来て頂けませんか?」


 次にリリスの取った行動は俺を驚かせるものであった。
 何を思ったのかリリスは、唐突に俺を校門前の木陰に連れ込んだのである。


「おい。一体何を……」

「アベル様……。失礼いたします」


 尋ねようとすると唐突に唇を塞がれる。
 俺の口の中には、仄かに甘い香りが広がることになった。


「はぁ……。んちゅっ……。アベル様……」


 ふう。この女の辞書にはTPOという言葉はないのだろうか。

 学校の中では、こういう真似をするなと口を酸っぱくして言っていたはずなのだけどな。

 俺たちが男女の関係を持っているということは、未だ誰にも打ち明けたことのないトップシークレットである。

 当然、これから先も誰かに話すつもりはない。

 何故ならば――。
 現在の俺たちの関係は教師と生徒。

 男女の関係を持っていることが周囲に知られれば、面倒事な事態に発展しかねないからな。


「ねえ。見てアレあそこにいるのってリリス先生じゃない?」

「本当だ。何をやっているんだろう」


 はあ。さっそく好ましくない事態に陥ることになってしまったな。

 木陰に隠れているとは言っても、俺たちは姿を完全に隠せているわけではないのだ。

 不審に思った女生徒たちがコツコツと足音を響かせて俺たちの傍に近づいてくる。

 やや遅れて女生徒たちの接近に気付いたリリスは、慌てて俺から唇を離す。

 
「アベル君。何度も言っているでしょう。外出の際は事前に届け提出するようにと。いいですか。前々から思っていたのですが、貴方には伝統あるアースリア魔術学園の生徒という自覚が足りていません。そもそも……」


 やれやれ。
 この女、よくもまあ咄嗟にポンポンと口から出まかせを言えるものである。

 どちらかというと学園の教師としての自覚が足りていないのは突然、生徒に手を出してきたお前の方だと思うぞ。
 


「なあんだ。お説教か」

「ちょっと。何を想像していたのよ。まあ、実を言うと私も少しだけ期待はしていたけどね」


 それから。
 俺が単に注意を受けているだけだと捉えた女生徒たちは、何事もなかったかのようにその場を引き返していく。


「何を考えているんだ。いきなり」


 はあ。
 流石の俺も肝を冷やしたぞ。
 
 早期に気付くことができたので今回は難を逃れたが、もう少しタイミングが遅れていたら大惨事になっていただろう。


「申し訳ありません。唐突にアベル様とスキンシップを取りたくなってしまいまして」
 

 澄ました顔で言ってくれるな。
 
 そこで俺は考える。
 どうしてリリスは急にキスをしてきたのだろか。

 まあ、いくら前世で恋愛経験に恵まれなかったからと言って、ここで答えに窮するほど俺は鈍くもない。

 おそらくリリスは俺がエリザと外出することを知っていて、ヤキモチを焼いていたのだろうな。


「言っておきますが、別に嫉妬ではないですからね」

 
 俺の考えていること察してか、唐突にリリスが釘を刺してきた。
 

「なんだ。嫉妬か」

「嫉妬ではありません」

「珍しいな。お前が動揺しているところを久しぶりに見たような気がするぞ」

「と、ともかく。外出届けは受理しましたので、くれぐれも気を付けて外出をしてください」


 それだけ言うとリリスはクルリと踵を返して、逃げるようにして俺の元から離れていく。

 ふう。
 これは意外な弱点を発見してしまったな。
 
 普段は澄ました表情のリリスであるが、自分が嫉妬していると思われることに対しては異様なまでに羞恥心を覚えるらしい。

 何故だろう。
 不覚にも俺は、この時リリスのことを少しだけ『可愛らしい』と思ってしまうのであった。



「劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • や、やばし

    0
  • ノベルバユーザー226289

    写得真好,不过阅读能力有限看起来很费劲

    1
  • ベッコベコ飴

    面白いです
    続きがきになります

    4
  • 風月

    続き、待ってます…!

    2
  • うぇーい乁( ˙ω˙ 乁)

    キ、キス(๑˘ ³˘๑)チュ~♡笑笑

    10
コメントを書く