劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~

柑橘ゆすら

フェディーアの悩み



 アースリア魔術学園に勤めるフェディーアは、自他共に認める美人教師として評判だ。

 彼女の教える授業は、分かりやすいと生徒たちにも上々の評価で得ている。
 フェディーアの能力は学園からも高く評価されており、27歳という若さで学年主任にポストを与えられることになっていた。


 品行方正。才色兼備。


 誰もが羨むようなスペックを持った彼女であるが、最近はとある大きな悩みを抱くようになっていた。

 その日、王都の西区画に借りたアパートから出勤してきたフェディーアは、職員室前の廊下を歩いていた。


「リリスくん。ちょっといいかな」


 探していた人物を見つけたフェディーアは、足早に近づいていく。

 後ろからでも一目で彼女だと断定できるような抜群のスタイル誇る美女の名前は、リリスと言うらしい。

 今年の春からアースリア魔術学園で働くことになった新任の教師である。


 職歴不明。学歴不明。


 学園理事長の推薦によって鳴り物入りで学園に入ってきたこと以外、その詳細の全てが謎に包まれている。


「この前、頼んでおいた資料なのだが……」

「はい。それに関しましては今朝のうちに提出しておきました」

「すまない。何時も助かるよ」


 彼女が学園に入ってきた当初こそは、縁故採用に対して批判する声も少なからずあった。

 しかし、今となっては誰しもがリリスの能力を認めて、一目を置くようになっていた。

 もちろんフェディーアもその1人だ。
 フェディーアにとってリリスの存在は、何から何までソツが無さ過ぎて不気味にすら感じられたくらいである。


「おはよう。リリスくん」


 リリスと一緒に職員室に入ると、いの一番に体育教師のカントルがこちらに向かって声をかける。


「おはようございます。カントル先生」

「いやあ。相変わらずに美しいですなあ。どうですか? 今夜あたり。中央区画に美味しい麦酒(ビール)を出す店があるのですか」

「申し訳ありません。今日は遠慮しておきますね」


 カントルからの誘いを受けたリリスは、そそくさと逃げるように自分の席に戻っていく。

 こういうことは過去に何度もあった。
 気に入った女性を見つけては手当たり次第に声をかける性分のカントルは、リリスにターゲットを絞っていたのである。


「ガハハハ! いやぁ、手厳しい。今日も振られてしまいましたか!」

「………」


 いくら完璧超人なリリスとは言っても、こう連日カントルからのセクハラを受けては精神的に参ってしまうかもしれない。

 そう判断したフェディーアは、先輩教師としてリリスのフォローに回ることにした。
 

「カントル先生。あまり彼女を執拗に誘うのは止めて頂けませんか」

「おやおや。これは珍しいですな。フェディーア先生の方から声をかけてくれるなんて」


 注意を受けたカントルは、特に悪びれる素振りを見せずにフェディーアの体を上から下までなで回すように凝視する。


「もしかしてフェディーア先生、妬いているのですか?」

「……はあ? 何を言っているんですか?」

「惜しいですなあ。フェディーア先生も素材は良いですし、もう3歳ほど若ければオレのストライクゾーンに入ったのですけどなあ」

「…………」


 あまりに一方的な発言を受けてフェディーアは唖然としていた。

 たしかに。たしかに、だ。
 この国において27歳の独身女性は『行き遅れ』『年増』と捉えられて仕方のない時期ではある。

 時代の流れと共に結婚適齢期は遅くなってきたとは言っても、多くの女性は十代のうちに結婚をして、20台半ばで子供を持つ。

 事実としてフェディーアの学生時代の友人たちは、それぞれ結婚をして家族を持ち、今となってはすっかりと疎遠な関係となっていた。


「大丈夫です。焦らなくてもその内きっと、フェディーア先生の前にも素敵な人が現れますって」


 憐れむような表情でカントルは言った。
 まさか新人教師をフォローするつもりが、逆にフォローされることになるとは思ってもいなかった。


(な、なんて日だ……。こんな屈辱を受けるのは初めてだ……)


 ショックを受けたフェディーアは、呆然とその場に立ち尽くすのだった。


 ~~~~~~~~~~~~


 授業が終わって放課後。
 ストレスを抱えたフェディーアが真っ先に向かった先は、学園地下に設立されたトレーニングジムであった。

 常に己の体と向き合う灰眼の魔術師は、『筋力トレーニング』にハマる人種が多いのである。


(クソッ! クソッ! あのデブ教師が! 人をバカにして!)


 悪態を吐いたフェディーアは、片側40キロあるバーベルを一心不乱に上げ続ける。

 学生時代からフェディーアは、決してモテないわけではなかった。

 だが、自身のストイックな性格が災いをしてか、なかなか異性と交際にまで発展する巡り合うことができず、いよいよ『行き遅れ』と呼ばれる年齢に差し掛かることになっていたのだ。


(何が素敵な人だ! 適当なことを言ってくれる!)


 フェディーアも今年で27歳。
 理想と現実の折り合いを付ける術くらい心得ている。

 ある日突然、白馬に乗った王子様が迎えに来てくれるはずがないと、重々に理解をしていつもりだった。


(ええい! こうなったら今日は徹底的に体を鍛えるぞ!)


 筋肉は良い。筋肉だけは自分を裏切らない。
 厳しい現実に直面したフェディーアは、益々と趣味である『筋力トレーニング』に傾倒するようになっていた。


(おや……。この音は……?)


 半ばヤケになりながらもバーベルを上げていると、近くで規則正しく靴音を響かせる音がした。

 もしやと思って視線を移すと、そこにいたのはランニングマシーンを使ってトレーニングを続けるアベルの姿があった。


(……また彼か。ここのところは毎日いるようだな)


 感心である。
 最近の学生たちは運動を嫌ってか、体力トレーニングを疎かにする傾向があるのだが、どうやら彼に関してはその例に当てはまらないようだ。
 
 それにしても不思議な少年である。

 アベルの使用しているランニングマシーンは、ジムに置かれているものの中でも最も負荷が高いものだったのだが、当の本人はというと全く苦にしておらず、澄まし顔の様子であった。


(……美しいフォームで走るのだな。細身ではあるが、体のラインも鍛え上げられていて非の打ちどころがない)


 おそらく学園に入学する前から日常的にトレーニングを積んでいたのだろう。
 アベルの美しいシルエットは、筋肉マニアのフェディーアをも唸らせるものであった。


(……と。いかんいかん。私としたことが、何を見惚れているのだ!)


 いくらアベルという少年が大人びていると言っても、自分とは一回り以上歳が離れているのである。

 生徒のことを1人の異性として見るのは御法度だろう。

 そんなことを考えていた時、悲劇が起きた。


 ズルリッ。


 集中力が切れたフェディーアは汗でバーベルを滑らせて、体の上に落としてしまったのである。


「なっ――!?」


 迂闊だった。
 フェディーアが日常使いしているバーベルは総重量100キロに迫るものであり、直撃すれば魔力で体を強化してもケガは避けられそうにない。


「大丈夫ですか? 先生」

「…………!?」


 しかし、直後に信じられないことが起こった。
 驚いて視線を移すと、平然とした表情のまま、ひょいと片手でバーベルを持ち上げるアベルの姿があったのだ。

 フェディーアの使用しているバーベルは、大の男が2人がかりでも持ち上げることが難しいものである。

 一体何故?
 この細身な体の何処にこれほどまでの筋力が蓄えられているというのか?

 フェディーアにはそれが分からなかった。


「あ、あの……。あ、あ、あ……」


 一言『ありがとう』と言いたいだけなのに、アベルのこと見ていると緊張で上手く言葉を紡ぐことができない。


「らしくないですね。今日の先生は集中力を欠いているように見えましたよ」

「…………」


 アベルの指摘を受けたフェディーアは、カァァァッと頬を赤らめていく。


「み、見ていたのか?」

「ええ。この時間にジムを使うのは俺と先生くらいですからね」


 フェディーアは1つ勘違いをしていた。
 彼女の眼から見てアベルは、誰に対しても無関心で、他人の姿など視界に入らないような少年に映っていた。

 しかし、実際は違った。

 アベルはフェディーアのことを認知しており、危機に陥れば、助けに入る程度には彼女のことを気にかけていたのである。


「その……。な、なんだ……。あ、ありがとう……」


 ようやく感謝の言葉口にできたのは良かったのだが――。

 何故だろう。
 今回の一件により、フェディーアは益々と婚期を逃してしまうような予感を覚えるのだった。


「劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • アベルm9(+ゝω・´+)カッコイィ───ッ☆

    0
  • ゆぅいくん239984

    あべるカッケー

    1
  • まいな

    三人目のヒロイン爆誕!

    8
コメントを書く