劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~

柑橘ゆすら

天才 VS 天才



 一方、その頃。
 ここは学園地下に設立されたエマーソン専用の研究所である。
 
 魔術界の異端児である、若き天才、エマーソンは、自作の端末を操作して、水晶モニターから流れる映像をジッと凝視していた。


「ほほう。前に来た時と比べて、随分と物が増えたのう……」


 そんなエマーソンの様子を覗きに部屋を訪れた初老の男が1人。

 アースリア魔術学園のトップ、学園長のミハイルである。

 この研究所は、エマーソンの作り出したオリジナルの結界によって、多重にロックをされており――、
彼が許可する人物以外の立ち入りができないようになっていた。


「どうぞ。学園長。そこら辺でくつろいで下さい。散らかった部屋で申し訳ないですが……」

「いやいや。ワシは別に構わんよ」


 エマーソンの言葉は決して謙遜から出たものではない。
 後片付けのできない性格をしたエマーソンの部屋は、足の踏み場もないないほどに私物で溢れ返っていた。


「のう。エマーソン先生。同じ映像を繰り返し見ているようじゃが、何を調べているのじゃ?」


 先程からエマーソンが見ていたのは、先程の体育の時間でアベルが攻撃魔術を使っていた時の動画だった。

 エマーソンは独自に開発をした監視用の魔道具によって、ハウントの映像を記憶していたのである。


「ここ。ここです」


 エマーソンは自分の机の上にある硝子のように薄い水晶のモニター画面を指さした。


 そこに映っていたのは、先ほどの体育の時間だ。


 金髪の少年が大きく手を上げ、呪文を唱える。
 そして膨大な魔力で生み出された無属性の矢が降り注ぐ。

 エマーソンはその一連の流れを繰り返し再生していたのである。


「これで分かりましたか?」

「んあっ。こ、これは……!?」


 決定的な場面を繰り返して見ることで、遅れてミハイルも異変に気付く。

 勝負の決着を付けた最後の魔術は、金髪の少年が使ったものではない。

 魔力の流れが速すぎて今まで気づくことができなかったが、やや離れた位置にいたアベルが使ったものだったのである。


「素晴らしい偽装魔術です。ボクでなければ確実に見逃していたでしょう」


 メガネの奥から鋭い眼光を覗かせながらもエマーソンは言った。

 驚くべきは精巧な《偽装魔術》だけではない。
 通常、無属性魔術というものは扱いが難しく、魔道具を抜きに制御することは不可能と呼べる特別な分野であった。

 少なくともエマーソンは、これだけ巧みに無属性魔術を扱いこなす人間に出会ったことがなかった。


「のう。エマーソン先生。結局、彼は……アベルくんは何者なのじゃろうか?」

「さあ。今のところは何とも言えませんね。ですが、安心して下さい。必ずや、このボクが彼の正体を見破ってみせますよ」


 実のところ、エマーソンがアベルのことを調べるようになったのは、他ならないミハイルの依頼であった。

 勇者の子孫であるミハイルは、アベルの正体が『風の勇者ロイ』の遺言にあった琥珀眼の魔術師と同一人物でないかと疑っていたのである。


「この映像は?」

「ボクが開発した偵察機から飛んできた映像ですね。アベルくんの様子がリアルタイムで分かるようになっていますよ」


 水晶モニターの中には、アベルが図書館で読書をしている様子が映し出されていた。


「いやはや。凄い技術じゃな。この魔道具があればアベルくんの正体が分かる日も近いのではないかのう」

「いいえ。それがそうでもないんですよ」


 その時、読書中のアベルがゆっくりと席を外して、図書室の窓を開ける。
 アベルの視線はたしかに100メートル先の地点にある偵察機の存在を捉えていた。


 ズガガガガアアアアアアアアアアアアアアアアアアンッ!


 瞬間、破裂音。
 アベルの魔術によって偵察機が撃ち落される。

 水晶モニターの映像は暗転して、黒塗りになってしまう。


「撃ち落とされました。これで3機目ですね」


 さもそれが当然のことのようにエマーソンは言った。


「やはりダメでしたか。次は150メートル離れた地点から撮影できるよう、魔道具を改良しなければなりません」

「…………」


 普段の無気力な仕事振りがウソのよう。
 そう言って語るエマーソンの眼は少年のように輝いていた。


(参ったのう。これはワシの方もアベル君に対する評価を改めなければならないようじゃ……)


 現代において『若獅子』の異名を持ち、頭角を現している天才をここまで夢中にしているアベルという少年は果たして何者なのだろか。

 調べれば調べるほどにアベルに対する謎は益々と深まっていくのだった。


「劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く