劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~

柑橘ゆすら

攻撃の天才



 それから。
 5分間のインターバルを挟んだ後、俺たちDチームの攻撃順が回ってくる。

 本来この時間は誰をシューターに回すのかという役決めに使うものらしいのだが、俺たちDチームの会議は直ぐに終わった。

 というのも、俺たちチームの中で攻撃役に適性がありそうな人材は限られていたからである。


「うっしゃああ! 今回の攻撃でさっきの失態を挽回するッスよ!」

「ふふふ。攻撃魔術を使わせたらアタシは止まらないわよ!」


 誠に遺憾ながら、エリザ、テッド、という代り映えのないメンバーを選出されることになってしまった。

 残念ではあるが、仕方あるまい。
 この2人が頼りになるわけではないのだが、他メンバーに比べてヤル気だけはありそうなのは確かだからな。


「エリザさん! みなさん! 頑張って下さい!」


 ああ。そうそう。
 前回のゲームで意外な奮闘を見せた黒髪の少女、ユカリは控えに回っている。

 チームの会議では頭の出来が芳しくないテッドを下げて、ユカリに入ってもらうというプランも上がったのだが、本人の申し出により却下されることになった。

 まあ、ユカリの控えめな性格は攻撃側(シューター)には向かないところもあるのだろうな。


「師匠! 絶対勝ちましょうね!」

「アタシたちの本気を見せつけてあげましょう! 気合よ! 気合!」


 鼻息荒く二人が言う。

 やれやれ。
 俺としてもここで内部生の連中を大人しくさせておきたいところではあるのだが、連続して目立つような行動を取ってしまうのは考え物である。

 理想を言うと、エリザとテッドの攻撃によって内部生が全滅してくれると面倒がなくて良い。


「プププ。聞いたか。アレ。気合だってさ」

「今時そんな精神論が通用するかっていうの!」


 コートには内部生チームのラビ7人が入る。

 相変わらず俺たちの方に対して侮蔑の視線を送っているが、その眼の奥には自信が見て取れる。

 ふむ。
 この様子だと何かしら勝つための作戦を練ってきているのだろうな。

 ホイッスルが鳴る。ゲーム開始だ。


「よっしゃ。軽くドブ魚たちをぶちのめしてやろうぜ。フォーメーション! ファランクスだ!」

「「「了解!」」」


 7人の学生たちは中央に集まると、互いに背中を預けて陣形を作る。

 なるほど。
 この時点で俺は敵チームの作戦を大まかに理解していた。


「集まって的を大きくしてくれたんッスかね! てやっ!」

「ふふふ。飛んで火に入る夏の虫ね!」


 まずテッドが術弾を放ち、遅れてエリザが真逆の方角から敵陣を攻め立てた。

 おそらく異なる二方向からの攻撃で、敵チームの混乱を誘おうとしたのだろうな。

 はあ。まんまと敵の策略にハマりやがって。


「北西! タイプ、スピアだ!」

「南東! タイプ、円盤(ディスク)が来るぞ!」


 ふう。やはりこうなるか。
 内部生たちが一カ所に集まる理由――。

 それは互いに声を出し合うことによって情報を共有、死角を消すことにあったのだ。


「全然、攻撃が当たらないッス!」

「クッ……。魔術の威力ではこっちが圧倒しているはずなのに……!」


 うーん。少し面倒なことになってきたな。
 内部生たちのチームワークは、一朝一夕で身に付くようなものではない。

 おそらく準備校時代からそれなりに経験を積んで、競技のセオリーを身に着けていたのだろうな。

 もしこれが思い付きでやっている陣形ならば分かりやすい弱点が浮かび上がるところなのだが、そんな様子も今のところは見られない。


「ははっ! 外来種(ポイズンパーチ)の奴ら、タイミングを合わせた挟み撃ちすらできないみたいだぜ」

「基本の『き』だっていうのによ」


 ふう。
 おそらくこのまま2人に任せていては悪戯に時間を消費するだけだな。

 仕方がない。
 できれば使いたくなかった最後の手段を出すことにするか。


「おい。テッド。耳を貸せ」

「え! なんスか! 師匠!?」


 俺はテッドに作戦の指示を送る。
 試合の最中の作戦会議は当然、時間のロスが激しいのだが、後でキチンと成果を出せば反感を買うこともないだろう。


「ちょっと2人とも!  何をやっているのよ!」


 仕方がない。
 そろそろエリザの攻撃にも疲れが見え始めてきたし、早々に決着を付けることにするか。


「黄昏よりも暗き闇よ! 我が手元に集いて、忌まわしの鎖から力を解き放つッス!」


 俺が合図を送るとテッドは大きく右手を天に突き上げて、何やら仰々しい呪文を唱え始める。

 おいおい。
 なんだ。その大層な前置きは?

 というツッコミ所は置いておくとして、そのタイミングで、俺は高速で魔術を構築する。

 使用する魔術は何の変哲もないタイプ槍の無属性魔術だ。

 しかし、同一の魔術構文を複数個並べることによって、敵チームが避けられないように工夫してある。

 内部生チームやったように《散連弾》の追加構文を施しておけば、遥かに楽に同じようなことができるのだが、一応それはルール違反だしな。


降り荒ぶ嵐ラセット・テンペスト
 

 テッドが大きく腕を振り下ろしたその直後。

 俺は作り上げた魔術構文に魔力を流し込んでおく。

 このタイミングが肝心だ。
 せっかくテッドにお膳立てをしてもらっても、俺の魔力が流れる瞬間を見られてしまっては全ての努力が水の泡である。

 自分が発動した魔術を他人が使ったように見せかける《偽装魔術》は、前の時代での俺の得意技の1つであった。


「おいおい! な、なんだよアレは!?」


 内部生の1人が異変に気付いて頭上を指さした時にはもう遅い。


 ヒュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオンンンッ!


 それは天空から降り注ぐ、無数の雨の如き槍型の術弾。

 無論、1発1発はなんてことのない平凡な無属性魔術である。

 だが、塵も積もれば山となる。
 いくら殺傷能力のない魔術とは言っても、1000発くらい集まるとそれなりに威力が出るようになるだろう。


「うわあああああっ」「ぎゃあああああっ」「へばあああああっ」


 槍型の術弾の雨は転倒した内部生たちにも容赦なく降り注ぎオーバーキル級のダメージを与えることになった。

 う~ん。
 これは少しやり過ぎだっただろうか?

 でもまあ、こいつらの言葉を借りるなら、『転倒したラビに攻撃してはならない』というルールは存在していないらしいからな。

 身体的なダメージの少ない無属性魔術を使っているわけだし、多少の痛みは我慢してもらうことにしよう。


「あばっ。ゆ、許してくれ……」


 哀れにも内部生チームのリーダーは、攻撃が終わった後も白目を向いて命乞いを続けているようであった。

 これは試合が終わった後も暫くトラウマになりそうだな。

 ふう。
 久しぶりに本気の集中力で魔術を使ったせいかドッと体に疲れが溜まっている。

 世界広しとは言っても、この短時間で同一の魔術をこれだけ並べられるのは俺くらいのものだろう。


 術弾が降り終わり、訓練場の中は静寂の空気に包まれていた。


 俺たちの試合を観戦していた誰もが、『何が何だか分からない』と言った様子で呆然としていたようである。


「グッ……。勝者Dチーム!」


 やがて静寂した空気の中、審判を務めていた体育教師が悔しそうに勝ち名乗りをする。

 直後、爆弾が落ちたかのように歓声が沸き上がった。


「信じられねえ! あの『金髪』、一体何をしたんだ!?」

「おいおい。今年の外部生には『回避の天才』と『攻撃の天才』がいるみたいだぞ!」


 まあ、こんなものだろう。

 俺はテッドに功績を擦り付けることによって、必要以上に目立つことなく試合を終わらせることに成功するのだった。



「劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 攻撃の天才はともかく
    回避の天才って(○゚ε゚○)プッ!!

    0
  • キム

    バカにしちゃダメで(≧ω≦。)プププ

    7
  • うぇーい乁( ˙ω˙ 乁)

    回避の天才って。:+((*´艸`))+:。(≧з≦)プププ

    7
コメントを書く