劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~

柑橘ゆすら

見え透いた挑発



 チーム分けが終わった段階で、改めて俺はこの自分のいるチームの状況を分析してみる。


 俺と、テッド。エリザ。それから先程、体育教師の指示に異議を唱えた黒髪の少女。
 そこにあまり見覚えのない男女3人を合わせた合計7人のチームである。


 ふむ。
 俺たちAクラス30人の中に外部生は7人しかいなかったんだな。

 なるほど。
 道理で内部生たちが教室の中で幅を利かせているはずである。


「ど、どうしよう……。わたし、昔から運動が全くダメで……」

「ボクも苦手だな。頭を使うのは得意でも体を動かすのはどうにもね」


 やれやれ。
 まだ戦いが始まってもいない内から随分と情けないことを言ってくれるな。

 たしかに頭を働かせることも重要ではあるが、魔術師の資本は体だろうに。


「大丈夫かな……わたし、みんなの足引っ張っちゃうかも知れない……。それに怪我するかもしれないって……」

「大丈夫! アタシがフォローするわ!」


 大きな胸を張ってエリザが言った。

 ふむ。
 こちらのチームで戦力になりそうなのは、せいぜいエリザ、テッドくらいのものか。
 
 エリザはともかくとして、テッドまでも戦力としてカウントしなければならない日が来るとは、夢にも思ってもいなかった。


「エリザさん。で、でも……内部生の人たちって、わたしたちのこと……良く思ってないから」


 怯えたような様子で黒髪の少女は相手のコートを見る。
 向こう側のチームの、昨日俺を待ち伏せした男たちが、ニヤニヤとした笑みを浮かべている。


「それこそ大丈夫よ。曲がりなりにもハウントは伝統あるスポーツだし、今は授業中。いくらアイツ等でも不正なんてしてくる筈がないわ! 正々堂々、あんな奴らぶっ倒して、ギャフンと言わせてやりましょう!」


 エリザが黒髪の少女を元気づけている。


 ふう。
 エリザはこう言っているが、果たしてどうだろうな。


 昨日の一件からも、奴ら内部生が目的のために手段を選ばない方針だということは分かっている。

 十中八九、勝負の最中にも何か仕掛けてくると考えていた方が良いだろう。


「とにかく! やるからにはベストを尽くしましょう! さ、行くわよ!」


 勇んで指揮を執るエリザ。

 対戦相手とのコイントスで後攻の防御側ラビから始まることになった。

 俺たち7人は、20メートル四方のコートの中に入った。


 敵対する攻撃側(シューター)は3人。
 ニヤニヤと薄ら笑いを浮かべながらも手袋型の魔道具を構えている。

 ふう。
 俺はともかく他のメンバーがどれだけ成果を残してくれるかが心配だ。

 今回に限らずスポーツというものは大抵、個人の成績よりもチーム全体のパフォーマンスが勝敗を分けるようになっている。

 俺1人がどんなに頑張っても、他のラビが全滅してしまうと1ポイントしか入らない以上、最後まで気を抜くことができなそうだな。


 ホイッスルが鳴った。勝負が始まる。


「よーし。まずは一匹一匹、仕留めて行くぞ」


 シューターの一人が手袋型の魔道具に魔力を込めて術弾バレットを発射する。
 
 放たれた術弾は槍型。スピードが速いタイプの弾だ。


 なるほど。
 速い、といってもこの程度なのか。


 俺たちチームの7人はこれを軽々と回避する。

 今回のゲームではラビ7人に対して、シューターは3人というバランスで行われていた。

 人数の面ではラビチームが有利。
 更にラビは20メートル四方のスペースを自由に動き回ることができるのだから『目に見える弾』を避けるのは、誰にもできるだろう。


「今度は後ろから来るッスよ!」


 だがしかし。
 このゲームのキモはいかに『視えない術弾』に対処できるかということである。


 3方向からの攻撃を完全に目視することは不可能に近い。


 このゲームは『死角から迫る術弾(バレット)を避けられるか』という部分が勝敗を分けることになりそうだな。



「うわっと」



 テッドは軽い身のこなしで背後から発射された術弾を避けた。
 
 流石は野生児だな。
 術弾が発射された時に生じる空気の振動に反応したのか。

 しかし、他の生徒たちの場合は早々上手く避けることができないだろう。


「んわぁっ!」


 そらみろ。言わんこっちゃない。
 チームメイトの1人が死角から発射された術弾に命中してしまった。

 激しい破裂音が上がり、術弾から発生する衝撃波に耐えられず、男は尻餅を突いて転倒してしまった。


 なるほど。
 無属性魔術の術弾は、威力は少なく殺傷能力は皆無だ。


 だが、やはり魔術は魔術。
 タイミング良く身体強化魔術を発動させてガードしなければ多少は痛いだろう。
 
 おっと。今度はバカ正直に真正面から撃って来たな。

 ん。待てよ。
 この術弾は今までのものとは少し性質が違うぞ。


「あ、あれ!?」

「どうしてっ!?」


 2人のチームメイトに術弾が命中して、転倒してしまう。

 やれやれ。
 まさか無属性魔術に《標的追尾》の追加構文を施してくるとはな。

 事前の説明では与えられた魔術構文を書き換えることは禁止していたはずなのだが? 完全なルール違反である。


「ちょっとアンタ! 今、ズルをしたでしょ!」


 相手の不正を見破ったのはエリザも同じだった。
 軌道に変化を付けやすい《円盤型》ならともかく、スピード特化の《槍型》が手元で曲がってくるのは不自然だからな。

 十中八九、内部生たちは不正に改造した手袋型の魔道具を事前に用意していたのだろう。


「おいおい。妙な言いがかりは止めてくれよ」

「何か証拠があるのか? 尻デカ女」

「~~~~っ! し、し、し、尻デカ女ですって!?」

「熱くなるな。エリザ」


 やれやれ。世話の焼けるお姫様である。
 意図して相手の動揺を誘う言葉を投げかけるのは、戦闘において定番中の定番とも呼べる作戦である。

 俺は猫でも掴むようにエリザの首根っこを引っ張る。


「えっ。何っ」


 瞬間、エリザの顔の目の前を術弾が通り過ぎて行った。


「横から撃ってきていた。周囲への集中が散漫になっていたぞ」

「……あ、ありがとう。アベル」


 エリザが頬を赤くして礼を言ってきた。

 ふむ。素直な所もあるんだな。
 普段もこれくらい大人しければ非の打ちどころがない女なのだが、つくづく残念なやつである。



「劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く