劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~

柑橘ゆすら

入学式



 それから。
 ついにやってきた入学式の当日。

 学生寮を出た俺たちは、足取りを早くして入学式の会場である大講堂に向かっていた。


「やれやれ。なんとか遅刻は免れたみたいだが、俺たちが最後みたいだな」

「ううう。も、申し訳ないッス! 自分、枕が変わると途端に寝つきが悪くなる性分なんスよね」

「まさかお前にそんなデリケートな一面があるとはな……」


 そういえば忘れがちだが、テッドのやつも一応貴族だったんだよな。

 とにかくまあ、時間通りに会場に到着することができたので良しとしておこう。

 目の前にある深茶色の木製の扉は、よく見れば細やかな彫刻された芸術品のような扉だ。

 流石は国内トップクラスの魔術学園と謳われていただけのことはある。
 学生の質はともかく、この学園、やたらと金だけはかかっているようだな。


「どうしたんスか。師匠?」


 ふむ。この扉、何か魔術構文が組み込まれているな。

 解析を終える。


 なるほど。まさに新入生歓迎、というやつか。


 しかし、この構文だと、俺が扉に触れたら随分と目立ってしまうことになりそうだな。

 かといってテッドに扉を開けさせることになると、せっかくの『仕掛け』が見られないか。それはそれで勿体ない気もする。


「テッド。俺が扉を開けるから、お前が前を歩け」

「えっ。どういうことッスか?」

「理由はまあ、扉を開けたら直ぐに分かるはずだ」


 俺は半ば強引にテッドを説得すると扉を開いて、テッドに先頭を歩かせる。


 カタカタ。
 カタカタ。カタカタ。


 不意に歯車が回るような音が鳴る。

 ふむ。
 誰が考えたのかは知らないが、なかなか悪くないセンスだ。


 俺たちが扉を開けた瞬間、通路に置かれていた人形たちが独りでに動き始める。


 さながらそれは、妖精たちのワルツでも見ているかのようであった。


「な、なんッスかこれ!?」

「なんてことはない。簡単な付与魔術だ」


 これは昔からある魔術だ。
 扉を開ける者の魔力に呼応して、仕掛けが動き出すように付与魔術が掛けられているのだ。


 俺たちの方を見て、講堂の中にいる生徒たちが少しざわついている。


 それもそのはず。
 俺たちがこれから通るだろう通路には、至る所に木製の花が咲いている。

 更に、音楽もなる仕掛けだったようで、だだっ広い講堂一杯に行進曲マーチのような軽快なメロディが流れているのだ。

 力ある魔術師の入学を歓迎する。そんな少しばかり粋な仕掛けのようだ。


「スゲエ、あの金髪! 『鳴らし扉』の彫刻、全部を動かしやがった!」

「しかも騎士の行進曲まで流れるって! 何十年ぶりの逸材だよ!?」


 ほう。鳴らし扉という名前なのか。
 この仕掛けを知っている内部からの進学組と、教師たちがざわついてテッドを見ている。


 肝心のテッドのやつは、未だに『何が何だか分からない』と言った感じの呆けた表情を浮かべていた。


 まあ、本人が気づかないのであれば、あえて教えないというのも優しさなのかもしれないな。


「ふぉふぉふぉ。今年は騎士の行進曲が聞くことができたのか。実に20年ぶりといったところかのう」


 不思議な笑い声を上げた老人の声に一同が静まる。
 壇上に登ったのは、顎の下に白いヒゲを蓄えた老人だった。


「初めましての人は初めましてじゃな。ワシが学長のミハイルである。新入生の諸君、まずは入学おめでとう」


 学長がそう言うと教師陣から拍手が起こる。

 ふむ。よくよく見ると結構な生徒数がいるんだな。

 1つの学年につき200人くらいか。
 大講堂に集まった学園関係者の数は優に1000人を下らないだろう。


「師匠! 知っていましたか! ウチの学園長は、かつて魔王を倒した『風の勇者ロイ』の子孫らしいッスよ」


 声を殺しながらもテッドが耳打ちしてきた。


「んん? そうなのか?」


 誰かの口からロイの名前を聞いたのは久しぶりである。
 風の勇者ロイは200年前にパーティーを組んで魔王討伐を果たした、俺にとっての弟分的な存在であった。


「その情報は何処から仕入れたものなんだ?」

「え? 普通に学園のパンフレットに書いてありましたけど?」

「そうだったのか。知らなかった。全く興味がなくてな」

「さ、流石は師匠。相変わらずッスね……」


 それから。
 学園長のミハイルは俺たち新入生に向かって、何の面白味もない会話を繰り広げた。


 今年の魔術に使う薬草は豊作だの、春先にだけできる占いがあるだのと。


 おそらく本人も学生たちが自分の話を真面目に聞いているとは思っていないだろう。
 ある意味、清々しい割り切り方だと言える。


「ゴホンッ。それでは年寄りの与太話はこれくらいで切り上げることにしようかのう。リリスくん。前へ」


 壇上を照らす灯りに照らされたシルクのように艶やかな銀髪。


 細い首筋は白く透き通り、華奢な四肢。
 更に、整った顔立ちと、その服の上からでも抜群のスタイル。


 男子学生がおおっと声を上げ色めき立つ。


 ふと、俺と目が合ったリリスはニコリと微笑んだ。


 やれやれ。公私混同の甚だしい女だな。


「なぁ。今、あの人、オレの方を見て笑わなかったか!?」

「バカを言うな! あの人はオレの見ていたのに決まっている!」


 リリスの思わせぶりな行動によって、男子生徒たちのテンションは最高潮に達しているようであった。


 しかし、今日はやけに視線を感じる日だな。


 最初は、鳴らし扉をテッドと一緒に入ったことに原因があると考えていたが、今ここで俺が感じている視線はそれとは別種のものである。


 おそらくこの視線、生物のものではないな。


 俺が知らない新種の魔道具か?
 何か、未知の技術によって見られているような気配である。

 今のところ差し迫った脅威は感じられないが、近いうちに探りを入れる必要がありそうだな。 

「劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く