劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~

柑橘ゆすら

制服改造



 一年生棟2階の238号室。
 扉の前に『238』という表札がぶら下がっている角部屋が俺の部屋だった。


「うおおっ。なんか師匠の部屋、オレのよりも広くないッスか?」

「んん? そうなのか?」

「はい。やっぱり角部屋だからですかね。きっと師匠は成績優良だから、優遇されているんスよ!」


 などとテッドは言っているのだが、やはり住み慣れた元の家と比べると幾分スケールダウンしている感は否めない。

 まあ、与えられたものに対して文句を言っても仕方ないし、自分にできることからやっていくか。


「師匠ー。何やってるんスか?」

「んん? 何って……見て分からないのか。刻印エンチャントだよ」


 透明の袋の中から制服を取り出した俺は、指先に魔力を集中させて生地の感覚を確かめていた。


「あのー。刻印エンチャントってなんのことスか?」

「……お前、それでよく入学試験に受かったな」


 まあ、テッドの前で黒眼系統の魔術を使うのは初めてのような気がするから、仕方がないのか。

 それにしたってお前は、そろそろ自分の得意系統以外の魔術にも目を向けるべきだと思うが。


「確認するが、各々の眼の特性は知っているよな?」

「そりゃもちろんッスよ! 灼眼は炎! 碧眼は水! 翠眼は風! 灰眼は補助! 黒眼が、作る?」

「生産な。主に道具の効果を向上させたり、衣服に魔術を施しておく。なんて使い方ができる。そして、刻印は、黒眼系統の魔術の中でも、最も応用が利く重要な魔術だ」

「そうなんスか!」


 物体に刻印を施す技術は、総称して『付与魔術』と呼ばれている。
 直接的な戦闘能力こそ持たないものの、優秀な付与魔術師は慢性的に供給不足の存在であり、パーティーを支える『裏方』として欠かせない存在だった。


「刻印には物体の性質を向上させたり、変化させたりする効果がある。たとえば、剣に刻印すれば切れ味が鋭くなったり、盾に刻印すれば耐久性が上がったりするわけだ」


 無論、全ての魔術適正を持った《琥珀眼》の俺は付与魔術師としても相応の腕もある。
 200年前の時代には、俺に刻印を施してもらうために50年待ちの予約が作られたりした。

 まあ、その辺りのことは俺が転生して200年後の世界に来てからは有耶無耶になってしまったわけだが。

 今にして思うと予約者たちには、悪いことをしてしまったな。


「話しについてきてないな」

「え!? いや、真面目に聞いていますよ! 理解ができないだけッス!」


 ふう。テッドには少し難しい話だったか。
 コイツに理解してもらおうと考えた場合、理屈で説明するよりも実際に見せた方が早いだろう。


「テッド。お前の制服もやってやろうか? 刻印。かけ直してやるよ」

「ええええ! いいんスか!?」

「ああ。今日だけは特別だ」


 無論、俺は完全な善意で他人に刻印を施してやるほどお人好しではない。
 刻印というものは、精緻なものほど取り消すのに時間がかかるという欠点があるのだ。


 昔から付与魔術の世界には『刻印三倍算』という言葉がある。


 これは、刻印というものは、施すよりも消す方が、3倍難しく、3倍時間がかかるということを現したものの喩えである。

 つまり、テッドには悪いが、俺の制服に刻印を入れる前に練習台が欲しかったのだ。


 ~~~~~~~~~~


 それから30分後。

 ふう。どうやら俺の心配は杞憂に終わったようだな。
 もともとの素材が良かったからか、思っていたよりも素早く正確に刻印を施すことができた。


「これで良し。着てみろ。テッド」


 この服に使われているのは、昔から魔術攻撃に耐性があると有名なグリフォンの翼を糸状にした物だ。

 昔は大量生産が効かずに一部の貴族のみが使用していた『グリフォンの翼』であるが、現代の技術を以てすれば、安価に作ることができるのだろう


「おおー! なんか、こう、良い感じッス! 体が一気に軽くなった、みたいな!」


 そうか。それは何よりだ。
 無論、テッドの制服に施した刻印は、この学園のレベルを考え相応にレベルを落としてある。

 あまり本格的な刻印を施してしまうと悪目立ちしてしまいそうだしな。


「じゃあ、さっそく自分はこれを着て、まんじゅう外交に行ってきますね」

「まんじゅう外交? なんだそれは」

「これっスよ。これ」


 そう言ってテッドが取り出したのは、ランゴバルト領名物(?)の『雪玉まんじゅう』だった。


「ご近所さんに配ってくるッスよ。これで友達100人を目指間違いないッスー!」


 それだけ言い残すとテッドは、どっがーん、と扉を開けて、俺の部屋を後にする。

 やれやれ。相変わらずに騒がしいやつだな。


 友達100人か。


 突拍子のない目標にも聞こえるが、良くも悪くも何も考えていないテッドであれば、案外達成できてしまえるのかもしれないな。

 少なくとも、この時の俺はまだ、この学園の置かれた悲惨な現状を知らずに、そんなことを考えていたのだった。

「劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く