劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~

柑橘ゆすら

ポイズンパーチ



 それから。
 無事に自分の分の刻印作業を終わらせた俺は部屋の中で一息を吐いていた。


 久しぶりに付与魔術を使ったせいか、ドッと体に疲れが溜まっている。


 刻印を付与する作業は、地味に通常の魔術よりも集中力を必要としているのだ。

 よし。寝よう。
 どうせ明日の始業式まですることがなさそうだしな。

 日当りの良い南向きのこの部屋は、昼寝をするには都合が良さそうだ。

 俺がクローゼットの中から枕を取り出した直後だった。


「ふざけるな! お前、何処までオレたちのことを侮辱すれば気が済むんだ!」


 突如として廊下の方から何者かの罵声が聞こえてきた。


 誰だ? 人の睡眠を邪魔する奴は?


 無視して眠りに入ることも考えたが、男たちの口汚い言葉は一向に収まる気配がない。

 何事かと思って廊下に出ると、見知った顔がそこにあった。


「ぶ、侮辱って……酷い言い草ッス! 自分はただ、友達が欲しくて……」


 んん? テッドのやつ、一体何をやっているんだ?
 両手一杯に『雪玉まんじゅう』の入った紙袋を抱えたテッドは、あからさまに困惑しているようだった。

 何が起こっているのか全く事情は呑み込めないが、どうやらテッドの『まんじゅう外交』 は見事に失敗したらしいな。


「はぁぁぁ? 寝言は寝て言え、田舎貴族!」

「誰がお前みたいなドブ臭いやつと『友達』になるって? ああん!?」


 テッドに罵声を浴びせているのは、おそらく俺たちと同級生の男子生徒4人である。


「汚らわしいポイズンパーチの分際で! オレらと同じ制服着ているんじゃねぇよ!」


 んん? こいつらは何を言っているんだ?

 ポイズンパーチとは、主に都心の河川部で爆発的に増えている外来種の淡水魚のことである。

 もともとは食用として輸入された魚だったらしいが、一部の無知な人間が生きた個体を放流してしまったそうだ。


 ポイズンパーチの厄介な所は、旺盛な食欲と繁殖力だ。


 この魚はどんなものでも食べる。水生昆虫、小魚、貝に海藻、更には他の種の卵や稚魚を食い漁る。

 その為、この国の川の生態系は大きく乱れ、ここ最近、ちょっとした社会問題として取り上げられていたようである。


「と、とにかく1つ食べてみて欲しいッス。自分の故郷の、自慢の味で……」

「黙れ! 臭いんだよ! 外来種ポイズンパーチがっ!」


 男の一人が手を払う。
 バランスを崩したテッドは両手に抱えた紙袋を手放して、床の上にドシリと尻もちをついた。


「こんなゴミ! 口に入れられねえ、よっと!」


 次に男の取った行動は、俺を唖然とさせるものであった。

 何を思ったのか、男は食物の入った紙袋を蹴り飛ばしたのである。


 紙袋の中からまんじゅうが飛び出して、コロコロと廊下の上を転がっていく。


 やれやれ。酷いことをする。
 この時代の子供は両親から、『食べ物を粗末にするな』と教わってこなかったのだろうか。


「うわあああ! じ、自分のまんじゅうがー!」


 廊下にゴロゴロ転がったまんじゅうを目にしてテッドは頭を抱えていた。


 せっかく用意したまんじゅうが無駄になったのが、よほど悲しかったのか、パニックになっているようだ。


 流石に止めに入るべきか。
 俺がテッドに助け舟を出すべきかどうか考えてた時であった。


「そんなに言うなら1つ貰おうかしら」


 まんじゅうが転がって行った先に見覚えのある茜髪の少女がいた。


 彼女の名前はエリザ。


 入学試験以来、俺とは何かと因縁深い関係にあった。

 エリザは転がってきた雪玉まんじゅうを拾い上げて、啄むようにして小さな口の中に入れる。

 久しぶりに再会したエリザは学園指定の制服、プリーツスカートを見事に履きこなしていた。


「ううーん。まずまず、70点ってところかしら。不味くはないのだけど、もう少し地元ならではの特色っていうのが欲しいところね」


 ふう。暫く会っていなかったが、相変わらずみたいだな。
 このエリザとかいう女、見てくれだけは非の打ちどころがないのだが、口の悪さが玉に瑕である。


「ゲエエエエエ!? この女、床に落ちたもんを食いやがったぞ!?」

「信じられねえ。品がないにも程があるぞ! これだから外来種は嫌なんだよ!」


 エリザの突拍子のない行動を目にした男たちは、ギャーギャーと騒ぎ始める。

 さて。
 果たして本当に品がないのはどちらかな。


 おそらくエリザが地面に落ちた食物を口にしたのは、彼女なりにテッドのことを励ます意図があったのだろう。


 仕方がない。
 本当は面倒事に巻き込まれるのは避けたかったのだが、これ以上放置すると余計に面倒な結果になりかねない。

 特にテッドはともかく、短気なエリザは何をしでかすか分かったものではないからな。


「2人とも。その辺にしておけ」

「はぁぁん? なんだ、お前?」


 仲裁のために前に出ると、男たちは一斉にこちらに対して視線を向ける。

 しかし、その直後。
 俺と視線がぶつかるなり男の1人が口元を緩めて噴き出した。


「なぁなぁ。というか、見ろよ! コイツの目!」

「ギャハハハ! これマジ? 今年の外部生には、魔術の使えない劣等眼がいたのかよ!」


 そうか。以前にリリスが言っていたような気がする。

 このアースリア魔術学園には、『準備校』から上がってきた『内部生』と、俺のように外部から受験をして入ってきた『外部生』の二種類が存在しているらしい。


 なるほど。
 これで先程の話と繋がった。


 こいつらが言っている『ポイズンパーチ』とは、俺たち『外部生』を指しての蔑称だったのだろう。


「劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く