劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~

柑橘ゆすら

学生寮



 本一冊読み終えた頃、外から入ってくる風の匂いが変わっていた。

 ふむ。どうやら王都ミッドガルドは、目と鼻の先にまで迫っているようだな。

 規則正しい整備された町並みを横目に、馬車は進んでいく。


 そして、見えてきたのはあの城のような学園だ。


 銀竜の門が開き、馬車ごと敷地へと入っていく。
 学園の門を潜るのは、入学試験以来、これで二度目か。

 馬車はそのまま、城の裏手に停車する。


「着きました。あちらの建物が学生寮となっております」


 リリスが馬車から降りて直ぐに指さした先には、石造りの長い建物がある。
 赤煉瓦で作られたこの5つの建物は、それぞれが貴族の屋敷を遥かに凌ぐであろう敷地面積を誇っていた。


「大きいな」

「そうですね。学生全員がこの建物を使っていますから。一部の部屋は研究室としても使われているみたいですし、売店なんかも入っているそうです」


 おそらく建物が5つに分かれているのは、学年ごとに居住場所を分けているからなのだろう。

 聞くところによると、アースリア魔術学園は1年~5年の5学年制を導入しているらしい。


「アベル様、ワタシは一度ここで別行動をさせていただきますね。一応、新米教師なので挨拶回りと授業計画の提出をしてこなくてはいけないらしいので」

「そうか。了解した」

「はい。では、また後ほど」


 リリスを見送ってから、さて、と俺は一息つく。

 俺は馬車の中で『音を立てずに』寝こけているテッドの方に視線を移す。

 厳密には、コイツのイビキがうるさかったので、音を消しておいたのだ。


「ぐががががあああっ」


 やれやれ。消音魔術を解除すると、音が割れんばかりイビキが聞こえてきた。


火炎玉ファイアーボール


 空中にこぶし程度の炎玉を作る。
 火傷しない程度にまで威力を落としてやったのは、俺にできる精一杯の優しさだ。

 俺は目覚ましのために作った火属性魔術をテッドの顔面に落とす。


「熱ぁあああああああああ!?!?!?!?」

「テッド。着いたぞ」

「え、ええ! 今、なんか顔にっ」


 テッドは未だに訳が分からないといった表情を浮かべている。
 火属性魔術を応用した目覚ましの方法は、200年前の時代には割と一般的に使われていたのだが、今となってはすっかり認知度が下がっていたようである。


「夢だ。夢。ほら行くぞ」

「な、なんだ、夢っスか……。なんか酷い夢を見ていた気がするッス」


 テッドは慌てて馬車から荷物を下ろして、俺の後に続く。

 学生寮の入り口の妖精が描かれた扉をくぐると、妙な魔力の反応があった。

 侵入者対策か何かか。
 ふむ。直接的な害は無さそうだ。

 扉を開くと、受付カウンターに白衣をキッチリと着た女性がいた。


「新入生だな。ちょっといいかな」


 なるほど。思い出した。
 この教師はたしか、受験生たちに防御魔術を施していた魔術師だな。


「私の名前はフェディーア。この1年生棟の責任者を務めるものだ」


 ふむ。このフェディーアという教師、魔術師としての実力は程度が知れているが、なかなかにストイックな性格をしているようだ。

 鍛え抜かれたフェディーアの肉体は、一朝一夕で身に付くものではない。

 おそらく日常的にトレーニングを積んでいるのだろう。
 だからというわけでもないのだが、この女教師に対しては一定の敬意を払っておくことにしよう。


「まずはキミたちに学園指定の衣類を配っておこう」


 フェディーアはそう言ってから俺たちに衣類の入った透明の袋を手渡した。
 どうやら袋の中に入れられているのは、学園指定の制服のようである。


「原則として寮の中での服装は自由だ。だが、寮から一歩でも外に出る場合は絶対に制服を着用するように」


 その後もフェディーアは、俺たちに学園のルールを説いていた。

 だがしかし。
 俺にとってのもっぱらの興味は、細々とした学園のルールよりも目の前の制服にあった。


「この制服……。刻印エンチャントが入っているのですね」

「ああ。その通り。よく分かったな。《耐魔》、《耐汚》の刻印が施されているはずだ」


 詳しい説明は省くが、刻印魔術は黒眼の魔術師の得意領域だ。

 簡単に言えば、物体の性質を向上させることが出来る。
 灰眼の魔術師が生物を『強化』『変化』させるプロフェッショナルだとしたら、黒眼の魔術師はその物質版ということになる。


「失礼ですが、刻印はどなたが?」

「たしか、学園指定の業者に任せているはずだが……。我が校の制服に何か不満でも?」

「いいえ。特にそういう訳ではありませんが……」


 当然、嘘だ。不満ならある。

 専門外のフェディーアに言っても仕方ないことなので黙っていたが、この制服、使われている素材こそ一級品であるが、施されている刻印がド三流もいいところである。


 どうやら200年後の魔術が衰退したこの世界では、付与魔術のレベルまで落ちているようだ。


 はあ。せっかくの良質な素材を台無しにしやがって。
 これは後で刻印をかけ直しておかないとな。


「さて、キミたち一年の部屋は二階だ。フロントで鍵を受け取ったら、明日の入学式まで各々、自由に過ごすと良い。ちなみに、私のお勧めは地下に設立されたトレーニングジムだ」


 なるほど。フェディーアの肉体が一流の魔術師たちと比べても遜色がなかったのは、どちらかというと趣味的なものが大きかったのだろうな。

 俺のいた200年前の世界でもそうだった。 
 常に己の体と向き合う灰眼の魔術師は、『筋力トレーニング』にハマる人種が多いのである。


「いや~。なんというか厳しそうな人でしたね~。美人ではあると思うんスけど。異性からは、あまりモテないタイプだと思うッス」


 フェディーアの後姿を横目で見ながら、テッドはそんなことを呟いた。

 おい。テッド。
 お前、そういうことは本人が完全に立ち去るまで言わない方が良いと思うぞ。


 今一瞬、フェディーアの足取りがピタリと止まったような気がする。


 本人にとってテッドの指摘は、図星だったのかもしれないな。

「劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 確かに
    テッド可愛ーʬʬʬʬʬʬ( ꒪﹃ ꒪)

    0
  • 白石 ナス

    テッドに愛おしさが出てきたねw

    8
コメントを書く