劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~

柑橘ゆすら

初めての夜



「お前の仕事って使用人だったのか」

「はい、そうですよ。あ、この世界ではハウスメイドと呼ばれるお仕事です。似合いますか、メイド服」


 帰って来たリリスはニコリと笑って、自分の服を自慢するかのように俺の前で一度回って見せた。

 黒に近い深緑色のエプロンドレス。
 いや、この時代に合わせて言うのならばメイド服と呼んだ方が良いのか


「うん。まぁ似合っているんじゃないか」

「ふふふ。それは良かったです。では直ぐに夕食の準備に取り掛かりますね」

「お願いしよう。ああ、それと」

「はい?」

「……お前がカラーコンタクトを使って眼の色を隠している意味がようやく分かったよ」

「そう、ですか」


 最初は単に魔族であることを隠す目的なのだと思っていたが、実際はそれ以外の意味が存在していたのだろう。

 書庫にある本で調べてハッキリと分かった。

 この世界では《琥珀眼》は嘲笑の対象となっている。

 それも割と冗談にならないレベルでだ。

 先程のボンボン貴族たちのリアクションは、何も特別なものではない。
 この時代において《琥珀眼》の人間は、以前とは違った意味で生きづらくなっているのである。


「この200年間で、魔族は殆ど力を失いました」


 リリスは、料理をしながら言葉を紡ぎだした。 
 俺は無言のまま書庫から持ち出した本のページを捲る。


「アベル様が率いる勇者パーティーは魔王を討伐。その後、各地で人間は魔族の残党を相手に戦争を挑み……人間が勝利しました」

「そうか」

「はい。そして魔族は壊滅。魔族が壊滅したので世界は平和となり、魔術師たちのレベルは低下していきました。結果」

「琥珀眼を恐れるものはいなくなり、鍛錬すれば最強の力を得られる、という事実まで全て歴史の彼方、か」

「流石はアベル様、その通りです」


 包丁がまな板に当たる小気味がいい音と、暖炉の薪が燃えて火の粉が散る優しい破裂音。
 妙に、静かな会話だった。


「……リリス。お前は、人間を。いや、俺たちを恨んでいるか」


 魔族壊滅は、間違いなく俺たちの戦いが切っ掛けだ。
 あの日、あの時、俺たちは魔王を。つまり、こいつの父を。


「そうですね。恨んだ日も泣いた日もありましたよ」


 包丁の音が止まった。
 本を読んでいるので確認したわけではないが、キッチンの方からリリスの視線をハッキリと感じることができた。


「でも、アベル様はワタシを必死に庇って下さいましたよね。それに、その後、ワタシが安全に暮らせる土地を探して一緒に旅をしてくださいました。覚えていますか?」

「ああ」

「僅かな時間でした。ほんの半月ほど。でも、その時、アベル様は教えてくださいました。魔術の使い方や、人間の街の法。そして……他にも色々」

「はぐらかすな。お前、昔はあんなに素直に色々喋ってくれたのに」

「ふふ。いい女は秘密をイヤリングのように身に付けるものですよ。昔、ワタシを雇ってくれた酒場のママが教えてくれました」


 リリスのやつ、この200年の間で妙に色気づいたよな。
 まったく、昔はあんなに素直で愛らしい幼女だったくせに。


「だから」


 リリスは俺に近づいて来た。
 そして、片膝を付いて、俺の顔を覗き込んできた。


「ワタシはアベル様を心からお慕い申しております」


 いくらなんでも顔が近すぎる。
 少しだけ照れ臭い気持ちになってきたので、俺は手にした本で顔の下半分を隠すことにした。


「そうか」


 よく考えてみるとリリスの奴は200年もの間、俺の転生を待ち続けて、俺が快適な人生を送れるような環境までも用意してくれたのだよな。

 命を救った恩を感じていたとは言っても並大抵の気持ちでは、それほどのことはできないはずである。


「……ありがとう」


 だから俺はそう呟いてみることにした。

 やはり自分の気持ちを口にするのは気恥ずかしい。

 なんとなく居たたまれなくなったので、その後の俺はリリスと視線を合わせることもなく、本の世界に没頭することにした。


 ~~~~~~~~~~~~


 で、それから1時間後。
 どういうわけか俺はリリスと一緒に風呂に入ることになっていた。

 最初に言い訳をしておくと、別にこれは俺の意思でやっていることではない。

 リリスに強引に誘われたのだ。
 半ば拉致されたと言っても過言ではない。


「……申し訳ありません。先程のやり取りでアベル様に対する愛が爆発してしまいまして」

「…………」


 そうか。よく分かったよ。
 お前は愛が爆発すると他人を強引に風呂場に拉致する奇病にかかっているのだな。

 残念ながら拙い俺の回復魔法では、リリスの病気は直してやれそうにもない。


「やれやれ……。裸の男女が湯船の中で2人きり。お前、この状況の意味が自分で分かっているのか?」

「ふふふ。アベル様は面白いことを言うのですね」


 特に恥じらう様子なくリリスはクスクスと笑う。


「お言葉ですが、アベル様。精通しているかも怪しいお子様ボディーの男性言われても、全く説得力がありませんよ」

「クッ……」


 痛いところを突かれてしまった。
 たしかに今の俺は異性としての魅力が皆無のお子様ボディーの状態である。

 子供になった俺とは対照的に、200年の歳月を経たリリスは体の様々な部分が成長を遂げている。

 知らなかった。
 女性の胸部というのは、ある程度の大きさに到達すると湯船の中で浮くことになるのだな。

 なんて日だ。
 前世では俺が30代後半だった時、こいつは5歳にも満たないチンチクリンのガキだったのだが、今となっては立場が逆転してしまったというわけか。


「……ワタシは幸せです。他でもないアベル様に女として意識してもらえるようになりましたから」


 むぎゅっと湯船の中で俺の体を抱きしめながらもリリスは言った。

 やれやれ。
 この女は男の性欲というのを少し舐めすぎである。

 実際、この年代の子供は下手な大人よりも性欲旺盛だったりするものなのだ。

 しかし、参ったな。
 どんな分野であっても俺は、やられっぱなしでいるのは我慢のできない主義なのである

 仕方がない。
 風呂から上がったら、男としてのプライドに賭けて少しだけ反撃に移らせてもらうとしよう。


 ~~~~~~~~~~~~


 耳を澄ませば夜虫たちの鳴く声が聞こえてくる。

 その夜、俺はリリスを抱いた。

 実を言うと前世の俺は『強くなる』こと以外にはあまり興味がなく、女を抱いた経験がなかった。

 もしかしたら幸せというのは、こういう感情のことを指すのだろうか?

 リリスを抱いた日の夜の俺は、何時もよりも遥かに穏やかな気持ちで寝られたような気がした。

「劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ShIgUrE

    そんなに軽く抱いたのか...

    1
  • ゆぅいくん239984

    胸は!!うかないよ!!

    0
  • EARTH

    おねショタやな

    5
コメントを書く