劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~

柑橘ゆすら

ボンボン貴族



「へへーん! お前がリリスの弟だな!」


 いや。違うぞ。
 なんだよ。リリスを知っているということはアイツの知り合いか。

 見たところ普通の人間の少年だな。せいぜい、普通と違うのはその装いか。

 焦げたような飴色の金髪は綺麗に整えられている。
 着ている服装が随分と派手だな。

 うるさいくらいに模様が施された赤い上着。シャツの襟には花の刺繍。

 なるほど。
 金持ちの坊ちゃまだな。または貴族と言ったところか?

 となれば。思い出すのはお隣さん。
 隣の巨大なあの豪邸。あそこの子供だろう。

 さて。
 このお子様は一体なんの用で俺たちの家に入ってきたのだろうか。


「喜べ平民! 今日からこのオレ、テッド様の舎弟にしてやろう!」


 ほうほう。この子供、言うに事欠いて俺のことを弟子に取ろうと言うのか。

 無視だ。無視。
 何時の時代にも普遍的に存在している悪ガキだ。


「おいおい、なーってばなー! リリスの弟ー! えーっとアベベ?」

「アベルだ」

「おーいー! アーベールー! 俺の舎弟になれよー! 舎弟って知ってるか? 弟分だぞー!」

「すまん。生憎と俺は師弟関係に興味がないんだ」

「なんだよー! なれよー、舎弟ー!」


 クソッ。なんて日だ。
 子供のように喚く金持ちのボンボンは一向に部屋から出て行ってくれる気配がない。

 仕方ない。
 子供を怯えさせるのは趣味じゃないが、このままだと読書に集中できそうにない。


 少し脅かすか。


 決意を固めた俺はパタンと本を閉じる。


「1つ忠告をしておこう。俺に関わるのは止めておけ。この目、分かるだろう」


 本音を言うとこういう演技は得意ではないのだが、背に腹は変えられない。

 俺は、黄金に輝く眼を使って侵入者を見下ろした。

 魔族と同じ琥珀色の眼は、この世界では不吉の象徴だ。 
 これでこいつは二度と俺にかかわろうとしないだろう。


「え、お前……眼の色……!?」


 一歩下がったテッド少年に向かって、畳みかけるように眼光を向ける。

 よしよし。効いているみたいだな。
 ここはもうひと押し、更に脅しをかけておこうか。


「ククク。そうだ。何を隠そうこの俺は魔に連ねる眼の──」


 が、しかし。
 次にテッドが取った行動は俺の予想を大きく裏切るものであった。

 どういうわけかテッドは俺の顔を見て、大きく噴き出したのである。


「ぷ、ぷぷっ! マジか! こ、《琥珀眼》じゃんかー!」


 意味が分からない。
 テッドはゲラゲラと笑いながらも床の上を転がり回っている。


「初めて見たわー! マジでいたんだ! 《琥珀眼》って!」


 なんだ。どういうことなんだ。
 あまりに衝撃的な光景に開いた口が塞がらない。


「おい! テッド! 勝手にリリスさんのお宅に上がってはダメだろう!」


 慌てた様子で部屋にやって来たのは、このテッドによく似た金髪の少年だ。

 テッドよりも歳が2、3上のように見える。
 容姿から想像するにこの2人は血の繋がった兄弟なのだろう。


「バース兄ちゃん! 見てくれよ、コイツ! オレ、《ひよこ目チック・アイ》なんて初めて見たよ!」


 何なんだよ。さっきからこの悪ガキの物言いは。
 まぁ、テッドの言葉は所詮、年端も行かない子供の戯言なんだろう。

 バースくらいの年齢になれば、嫌でも琥珀眼のことは意識するようになるはずだろう。


「……そうか。リリスさんから凄まじい才能を持った弟さんが越してくる、と聞いていたのだが……。どうやらボクが期待しすぎていたみたいだね」

「…………」


 んん?
 もしかしてこの兄も同類なのか?

 この兄弟はさっきから何を言っているのだろうか。
 今更説明するまでもなく、この世界において琥珀色の目は『最強』と『最悪』の象徴のはずだった。

 いや、まさか……。


「この世界では琥珀眼はバカにされるようなものなのか?」

「ぷっはぁ! バース兄ちゃん! このアベベって平民は何も知らねーみたいだぞ!」


 もはや名前の間違いを訂正する気にもなれない。
 それくらい今の俺はショックのあまり呆然としていたのである。


「いーかー、アベベー! そのひよこ色の眼はなー、どの属性にも適性がゼロ! 火も水も風も、生産魔法も治癒魔法も、ぜーんぶ使えない《ゼロの眼》なんだよ!」

「テッド、いい加減にしないか。流石に言い過ぎだ」


 ……これは、驚いた。
 確かに、だ。確かに珀眼は修練が必要な眼だ。

 具体的には10年近く修練を積まねば、どの属性の魔術もロクに扱えない大器晩成型である。だが、所詮10年の修行でモノになるのだ。

 そして、修練を終えた琥珀の眼は、全ての属性を操れるようになる。
 やがては(もちろん、個人差もあるが)全属性の最大魔術をほぼ完璧に発現できる。

 理不尽な迫害を受けることはあったが、性能面に関しては他の眼と比べて特出した存在だと言っても良い。


「アベルさん。ウチの弟が失礼なことを言って申し訳ない」


 バースは軽く頭を下げてくれた。
 ああ、苦しゅうないぞ。と思いつつ、『大丈夫だ。気にしてない』とだけ小さく答えた。


「テッドも謝れよ」

「えー。嫌だよ。だって《ひよこ眼》なんてさ」

「ダメだよ。テッド。今の時代は魔術が使えなくたって、それなりに幸せな人生を送れるんだ。アベルさんも、身の丈にあったことで今後もボクたちの世話をしてくれるだろうし、テッドも仲良くするんだぞ」


 ん。バースとか言ったか。
 お前もちょっとイラッとくることをサラリと言ったな。

 個人的にテッドのような底抜けたバカはそれほど嫌いではなかったりするのだが、バースのように中途半端に知恵とプライドを付けた人間は酷く苦手である。


「さぁ、テッド。ボクらは家に帰って魔術でも学ぼう。選ばれた人間は成すべきことを成さないとね」

「へいへーい。んじゃ、またなー、ひよこ目のアビビ!」


 乱雑に扉が絞められた。

 全く……本当になんだったんだ……。

 いきなり人の家に上がり込んできては、次から次へと誹謗中傷を叩き込んでくる、嵐のような兄弟だったな。

 しかし、そうか。そういうことか。

 歴史の書物を取り出す。先程読んだ……『戦争史』。

 この世界、少なくとも過去100年は魔族との戦争は一度も起こっていない。


 つまり、平和なのだ。


 魔族がいなければ、必然的に誰もが魔族の持つ《琥珀色の眼》を恐れなくなる。

 ──更にいえば……元々、灼・碧・翠・灰・黒の五大眼は、得意属性の魔術ならば少し練習すれば、誰もが簡単に使えてしまうのだ。

 逆に大器晩成型の『琥珀眼』は、それなりに訓練を積まないと魔術を習得することが難しい。

 だからこそ魔術のレベルが落ちたこの時代において《琥珀眼》の人間は、『適性ゼロで、必要性ゼロ』と罵られる『嘲笑の対象』になっていたのだろう。

 ああ。そうか。
 遅まきながらもリリスがカラーコンタクトを使って眼の色を隠している理由がようやく分かったような気がするよ。

 個人的にはカラーコンタクトのような自分を偽る装飾品は好きになれないのだが、こういう事情があるのならば身に着けるのも頷ける。


 迫害の次は、嘲笑……か。


 やれやれ。
 普通に人並みの生活を送ることって、こんなにも難しいものだったのだな……。

「劣等眼の転生魔術師 ~ 虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く  ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • カラス

    ですね

    0
  • りんふー

    琥珀眼は大変だなぁ…

    0
コメントを書く