召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第27話 リアンの街へ


 森を進みながら一週間が経過した。
 ナタリーの要望で、魔物を倒しレベルアップを図りながら進んでいる。
 早くルネット帝国へと辿り着きたい焦りはあるが、戦況をひっくり返すだけの実力をつけたいと、二人の言葉もあり、模擬戦も併せて行った。

 あれから、街からの追っ手はない。
 俺たちの戦いを遠目で見ていた冒険者たちと森の入り口で会ったが、全員が顔を青ざめさせ下を向き、関わりたくないようだったので、「街へ戻って死体の処理を頼む」と伝え、銀貨を数枚握らせた。
 冒険者たちは「ハイッ! すぐに行きます!」と逃げるように駆けて行ってしまった。
 これで死体の処理については大丈夫だろう。


 ◇◇◇

「それにしても本当にこの家は快適じゃの」

 ナタリーは風呂上がりに紅茶を飲みながら、リビングのソファーで寛いでいた。

 さっきまでは魔物に向けて魔法を放ちまくり、一番暴れていた。
 レベル上げのための魔物との戦いでは「二人には負けたくないのじゃ!」と叫びながら魔法を放つナタリーに、二人も顔を引きつらせていた。それだけレベルが負けていることが屈辱だったのだろう。

 ダイニングでは俺が地図を広げ、三人で向かう先を確認する。

「トーヤ様、もう半分ほどは来ていると思います。森を抜け歩いて三日ほどの距離に、獣人自治区の砦の街”リアン”があります。あの男の言葉を信じるなら、このリアンに向かえば問題ありません」
「そこなら私の屋敷もありますし、拠点に使えると思います」

 二人の説明では、ルネット帝国の帝都では各種族が入り乱れて生活をしているが、各自治区があり、獣人が多く住む地区、エルフが住む地区など分かれている。もちろん人族が多く住む街もあるが、ジェネレート王国に近い位置し、帝都を押さえられている現在なら、すでにジェネレート王国に墜ちているという予想だった。

「わかった……。とりあえずリアンに向かおう。そこで帝都の情報を集めないとな」

 俺の言葉に二人は頷いた。

 次の日からも森を進み、レベル上げをしつつ、ルネット帝国へと向かう。
 そして一週間経過した。

「トーヤさん、見てください。もうすぐ森を抜けられそうです」

 先頭を歩くアルから声が上がった。
 先に視線を送ると、あと数百メートルで森を抜けられそうだった。
 しかし、以前もあったような、魔物の集落に当たる可能性もある。
 俺は探査サーチを使い、先の方を探っていく。
 ……魔物の気配はないな。やっとか……。
 先頭を歩くアルの歩みが次第に早くなっていく。そして数分後。

 森を抜けた――。
 目の前に広がるのは膝丈ほどの草原が一面に広がっている。
 この二週間ほど、ずっと森の景色しか見ていなかったから新鮮に感じる。
 俺は久しぶりにコクヨウを出す。
 森は根が至る所から出ており、コクヨウの身体の大きさを考えて、ずっと次元収納ストレージの中に戻っていてもらった。

「悪かったな。ずっと入ってもらってて」

 少し機嫌が悪そうに一鳴きし、俺の頭を甘噛みすると、パカパカと地面を確かめるように歩き始めた。

「これだけは相変わらず変わらないのな……」

 思わず苦笑しながら、袖で頭についた涎を拭き取る。

「トーヤ様、相変わらずコクヨウと仲良しですね」

 シャルも笑みを浮かべ歩き出す。

 これくらいの草原なら馬車で行けるな、と考えつつ、食事休憩をしようと提案する。
 倒した魔物を捌いてブロック状にしてあった肉塊をスライスし、調味料を振り掛け、起こした火で焼いていく。
 簡易テーブルと椅子を取り出し、焼いた肉を皿に乗せ、スープとパンを用意する。

「用意出来たぞ」

 俺の言葉に、皆で集まり食事をする。

「ここから北西に馬車で二日進めば、リアンの街に着くと思います」
「それなら……コクヨウに馬車を引いてもらえば、明日には到着しそうだな」
「やっと……やっと戻ってこれました」

 シャルはやはり心配なのだろう。ルネット帝国が近くなるにつれ、口数は少なくなり、何か考えていることが多くなった。いくらあの男が捕らえられていると言っても、いつまでもそのままにはしておく訳がない。
 俺が無双出来れば一人で助ける事も出来たかもしれないが、魔力には上限がある。
 一人で百人相手にする事はできるが、それが千人、万人になった時に魔力が保つかもわからない。
 さすがに冒険など出来る訳がない。

「どうしたのじゃ、トーヤ。浮かない顔をして」

 ナタリーの問いに「何でもない。大丈夫だ」と返事をし、食事を進めた。

 馬車を取り出し、コクヨウに繋ぎ、出発の準備が整った。
 道のない草原をコクヨウが引く馬車が走り抜けていく。やはり、いくら乗り心地のいい馬車とは言え道ではないところを走るのには気を使う。そこまでのスピードが出せる訳もなく、日が沈む前に馬車を安全な場所で停め、休憩をする。
 さすがに家を出したら、見つかる可能性もある。
 次元収納ストレージからテントを取り出し、一晩明かした。

 そして次の日。
 朝食を済ませた後、馬車に乗り込み進ませる。

「あの丘を越えれば、街が見えるはずです」

 馬車の小窓からアルが教えてくれる。
 俺は新しい街への期待で、手綱を少し強く引き丘の頂上を目指すのだった。


「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー184330

    相変わらず変わらない笑

    2
コメントを書く