召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第23話 ダンブラーの街


「もう驚くのにも疲れたのじゃ……」

 家で紅茶を飲みながら、ナタリーは力なく言う。俺がナタリーの立場なら同じ事を考えるだろう。

「まぁ、俺の次元収納ストレージは特殊みたいだからな……」
「特殊にも程があるのじゃ……」

 呆れるナタリーを置いて食事の用意を始める。
 キッチンは日本のシステムキッチンになっており、操作方法が分からない三人にはリビングで寛いで貰っている。
 どういう原理か判らないが、この家は電気、ガス、水道が普通に使える。
 異世界だからこれは仕様なのだ、と言い聞かせ、準備を進めていった。
 食事の用意が終わり、食卓を囲んで食事をしながら今後の動きを説明していく。

「明日にはダンブラーの街につくと思う。そこで買い物を済ませた後に森を抜けて帝国に向かうつもりだ」

 俺の言葉に三人が頷いた。

「わしはレベル上げもしたいのじゃ!小娘に遅れを取るなど我慢できんのじゃ」

 指輪についての性能を説明してからは、自分の成長のために意気込んでいるナタリーに思わず苦笑する。
 しかし、ジェネレート王国との戦いにおいては、確実に戦力となるナタリーのレベルアップは必要であった。
 食事を済ませた四人は順番に風呂に入り、早々に今後の為に眠る準備をする。
 ナタリーにはまだ使用していない個室に案内したが、ふかふかのベッドに軽くて温かい羽毛布団にご満悦だった。

 ナタリーは「わし、ここの家に住みたい」と言い出すほどである。
 特にシャワー付きトイレを経験した後は、目を輝かせていた。
 確かに否定はできない。日本の住宅はよく考えられており、動線を含み環境は快適である。無駄に豪華なものはないが、機能的に効率良く作られているお陰で、数人で生活するなら問題はない。

 俺も個室に入り着替えた後に、ネックレスの石を握りしめ、フェリスに声を掛ける。

「フェリス、この家でも出てこれるのかな?」

 問いかけると、精霊石が輝き始め、目の前にフェリスが姿を現われた。

「ん。この家でも平気。魔力の塊みたいで居心地は良い。でも、その石の中が一番いいかも」

 片言だった言葉も成長したからなのか、引っかかりもなく流暢に話せるようになった。

「それなら良かった。明日からまた石の中にいてもらわないといけないけど宜しくね」

 俺の言葉に頷いたフェリスはそのまま、精霊石へと宿るように消えていく。
 部屋の電気を消し、俺も快適な布団に包まれながら意識は落ちていった。



 次の日。
 早朝に軽い朝食を済ませ、コクヨウに馬車を繋いで出発の準備をする。
 全員が出た事を確認してから、俺は家を収納する。

「何度見ても反則としか思えないのじゃ」

 ナタリーの言葉に二人は頷くが、俺は聞き流して準備を進める。

 三人が馬車に乗り込んだのを確認し、俺は御者台に乗りコクヨウに出発の合図をする。
 ゆっくりと進み始め、次第にスピードは上がっていく。
 普通の馬車の倍以上で道を進んでいくと、夕刻よりも早い時間にダンブラーの街へと到着した。
 少し手前で馬車を次元収納ストレージに仕舞い、徒歩で街へと入る。
 ナタリーも帝国にいた際に冒険者ギルドに登録していたお陰で、スムーズに受付をすませられた。
 しかし、いつこの街にも追手がくるかわからない。
 宿をとった後、一部屋に集まり明日からの予定を説明していく。

「明日は二手に分かれて買い出しをしようと思う。ナタリーと俺は次元収納を使えるとしてーー」

 シャルとアルの二人をどちらに分けるか悩むと、シャルが勢いよく手を挙げる。

「わ、私がトーヤ様とご一緒しますっ」
「あ、ずるいっ」

 確かにレベルだけ見れば、盗賊だろうが兵士だろうが問題なく蹴散らすだろうが、街中でそうもいかない。
 鎧を着たアルだったら絡まれる事もないだろう。

「そうだな、シャルはついて着てくれ。アルはナタリーと必要な物を揃えてくれ」
「うーー、わかりました……」
「わかったのじゃ。ほら、いくぞ」

 肩を落としたナタリーを連れて出て行く。
 アルとは逆にシャルはご機嫌が良さそうに部屋を出ていった。

 夕食の後は各自自由時間と伝え、俺は宿を出る。
 行き先は――孤児院だ。
 あの護衛以来、久々にきたダンブラーの街の歩く。すでに陽は暮れて薄暗い中、スラム街へと入って行く。
 懐かしいな……と思いつつ、目的の建物にたどり着いた。
 戸はすでに締められており、俺は扉をノックする。
 二回程戸を叩くと、ドアの反対から声がする。

「……誰?」
「トーヤだ。久々にこっちの街に来たから顔を出しにきた」
「?! トーヤさん!? ちょっと待って。すぐに開ける」

 ガタガタと戸の押さえを外し、戸が開いた。
 前と変わらず、サヤは笑顔を向けてくる。「どうぞ」と言われ中へ入ると、そこには期待の目をした子供達が待っていた。
 ……明日、たっぷり買わないとな。そう思いながら子供達の中へと入って行く。

「おう、お前ら。腹減ってるか?」
「「「「「うんっ!!」」」」」
「よし、これから何か作ってやる。ちょっと待ってろ」
「トーヤさんっ!? ……そんな……」

 申し訳なさそうな表情をするサヤに笑顔で「気にするな」と一言だけ伝え厨房へ入って行く。
 前に料理を入れた鍋ごと置いていったが、綺麗に洗われて使っているようで感心する。
 作り置きしたスープを鍋ごと次元収納ストレージから取り出して市場で買っておいたパンをカゴに山程乗せる。
 切り分けられたオークの肉を取り出し、一口サイズに切ってから塩と香草を使って焼いていく。
 焼けてくると、香草から出る匂いに釣られてか、子供達が厨房を覗いていた。

「もうすぐ出来上がるからな。ちょっと待ってろ」
「「「「「はーい!」」」」

 子供達は自分たちのスプーンなどを用意し始めた。
 焼けた肉を数皿に分けて乗せ、厨房から食堂に運んで空いているスペースに置いた。

「ほら、出来たぞ。スープは順番に掬うんだぞ。ほら、サヤ、お前も手伝え!」
「あ、はいっ!」

 子供達は席につき、食事のお祈りをした後に、ガツガツと食べ始める。

「まったく……。そんなにがっついて……」

 ため息をつく、サヤだったが、スープを一口飲むと同じようにペースは上がっていく。
 やれやれと思いながら、子供達の食事風景を楽しみながら別に次元収納ストレージから取り出した紅茶を飲む。

「美味しかったーー!!」

 満足そうにする子供達を見ているとつい頬が緩む。
 ……でも、当分ここには来れないんだよな。
 ふと、視線をサヤに送ると視線が交差する。
 サヤは顔を赤くし、下を向いたが俺は手招きする。

「トーヤさん、どうしたんですか……?」
「実は……ちょっと依頼でな、ルネット帝国に行くことになった。それで、当分顔を見せられないから今日来たんだ。明日の昼前にはこの街も出るつもりだ」
「えっ……ルネット帝国って……今、戦争をしている国じゃ……?」

 サヤの言葉に無言で頷く。その返事にサヤは目を大きく見開いた。

「も、もしかしたら……。もしかしたら死んじゃうんですよ!? それなのに……」
「うん、でも……大丈夫。一応、強いから……な」

 ……ステータスは誰にも負けない自信はある。――勇者さえ出て来なければ。
 そんな事を思った瞬間に、俺の視界は真っ暗になり、柔らかいものに顔を挟まれた。

「そんなっ!? そんなとこにトーヤさんが行くなんてっ! 私、嫌です。絶対に嫌ですっ!」

 俺は抱きつかれたまま、口を開く。

「でも、大切な人が苦しんでいたら助けたいだろ……? 大丈夫。きっと帰ってくるから」

 サヤの腕を解き、立ち上がってサヤの顔を見ると、目を赤くし、涙を流していた。
 俺はそっと手で涙を拭き取り、笑みを浮かべる。

「帰ってくるから安心しろ。少し時間がかかるかもしれないけどな」
「きっと帰ってきて下さい。子供達も……私も待ってますから」
「うん、分かった。帰ってきたらすぐに顔を出すよ」

 笑みを浮かべたサヤに頷き、席を立つ。

「じゃぁ、お前ら、また来るまで元気にしておけよ。それとサヤ……。厨房にスープとパンを置いてある」

 多少の金銭も、とは言わない。きっと受け取らないと思うし。後で気づくだろう。

「じゃぁ、帰るよ。また来る」
「「「お兄ちゃんありがとう!!」」」

 子供達に手を振り、俺は孤児院を出た。

「トーヤさんっ!!」
「うん?」

 チュッ

 振り向いた瞬間に唇に柔らかい感触があった。
 本当に一瞬であったが。

「――ちゃんと帰ってきてくださいね」

 顔を真っ赤にしたサヤはそのまま孤児院へと駆けていった。

 俺は少し呆然としたが、大きくため息を付き少しだけ頬を緩ませて、宿屋へ戻ることにした。




「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー252686

    トーヤと、トウヤどっちが正しいんですか?
    それともニックネームみたいな感じですか?

    0
  • ノベルバユーザー184330

    アル→肩を落としたナタリー

    2
コメントを書く