召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第24話 戦いの幕開け

 
 朝食を済ませてから宿を出て、買い出しに向かう。ナタリーたちは生活雑貨を、俺とシャルは食材を買いに市場へと向かった。
 隣に並んで歩いているシャルはやけに機嫌がいい。いつ追手が来るかわからない状態ではあるが、気にしても仕方ない。
 二人で市場を歩き、大量の食材を購入していく。店員もあまりの量に「本気ですか?」と確認するが、次元収納ストレージ持ちだと説明すると、納得して売ってくれた。珍しいスキルではあるが、いない訳ではないので店員も理解してくれるのは助かる。
 人気を避け店の奥で購入した物を次々と仕舞っていく。

「すごい容量があるんだな」
「えぇ、まぁ。もう、いっぱいですけどね」

 店員の言葉に誤魔化しながらも、数店の店を梯子して食材を買い揃えていった。

「こうやって街を歩くなんて初めてですっ」
「そ、そうか……」

 皇女としての立場があれば、こんな気軽に街を歩けないのは想像できる。

「……でも、帝国の住民たちはきっと――」

 次第にシャルの表情は暗くなっていく。

「俺たちで助けような……」

 俺の言葉にシャルは頷くと、笑みを浮かべた。

「私もアルと頑張ります。でも……それだけじゃ……、トーヤ様の力も貸してください。お願いします」

 頭を下げるシャルを起き上がらせ、軽く頭を撫でる。

「きっと大丈夫だ。早く買い物を済ませて街を出るぞ。大切な国民が待っているんだろ?」
「あ、はいっ!!」
「ほら、いくぞ」

 右手を差し出すと、シャルは嬉しそうな表情をし、その手に自分の手を絡ませる。
 ……仕方ないか、これくらいは……。

 俺たちはその後も買い物を続け、十分な食材を仕入れてから待ち合わせ場所に向かった。

 ◇◇◇

「遅いのじゃ!!」

 待ち合わせ場所についた一声がそれだった。

「そうですよ。ナタリー様の次元収納ストレージもいっぱいになって、こんなに重い荷物を私が運んだんですから」

 ナタリーにアルも続く。
 そこには小山のように買い物した品々がまとまっていた。さすがにこの量には俺とシャルも苦笑する。
 大幅にレベルアップしたお陰でステータスもかなり高いからか、普通の人では持てない量を運んだらしい。
 人気を避けた場所で待ち合わせしたとしても、流石にこの量を運んでいたら人目を惹いただろうと思いながら、次々と次元収納ストレージに仕舞っていく。
 五分もしないうちに小山は消えていった。

「これで大丈夫だな。昼食を済ませたら街を出るぞ」
「「はいっ」」
「わかったのじゃ」

 四人で近くの食堂で食事を済ませ、歩いて街を出る。
 街から二時間ほど北上した森は、冒険者達の狩り場となっているが、その先をさらに進むとルネット帝国に抜けることが出来る。
 しかし森の奥は強力な魔物が徘徊しており、縄張りを侵すと襲ってくる高ランクの魔物ばかりだ。
 ダンブラーの街にはそこまで高いランクの冒険者はおらず、奥へと進めば人目を避けられるはず。
 森までの道を歩いていると、森へと向かう冒険者たちを乗せた馬車が俺たちを追い越していく。それでも走った程度のスピードであるが。
 荷馬車が多く、その後ろに冒険者たちが乗っていた。きっと狩りで集めた素材を乗せるためであろう。
 流石に人通りも多く、コクヨウと馬車を出すのは躊躇い控えることにした。

「二時間も歩けば、森へ入れると思う。日が暮れる迄には奥まで行って拠点を作りたい」
「そうじゃの……。流石にあの”家”は人目のつく場所じゃ出せんからの」

 ナタリーも同意であった。

 ドドドドドド……

 歩いていると、後ろから地響きのような音が聞こえてきた。
 とっさに振り向くと、そこにはこちらに向かって駆けてくる、馬に乗った兵士たち。
 その更に後ろは駆けている兵士たちが見えた。

「まずい……。バレているかもしれない。武器だけは用意しておけ」

 俺の言葉に三人は真剣な表情をし、頷いた。
 もしかしたら見間違いであって欲しいと思いつつも、警戒しながら道を逸れた場所で待機をする。
 通り過ぎることを祈って……。
 しかし、やはり目的は俺たちだった。

 俺たちの近くまで来ると馬はスピードを緩め、残り数十メートルの距離で止まった。
 その後を兵士たちが駆けてくる。

「……やっと追いついたぞっ!!」

 叫び声の元を辿ると、そこにいたのは先日屋敷を訪れたギルドマスターだった。その横には代官もいる。
 そして、上等なローブを着た男と、見慣れない鎧、いや、見たことある鎧を着た兵士たちがいた。
 俺が切り捨てた――ジェネレート王国の兵士だ。二十人位いるだろうか。

 数は簡単に眺めるだけで百人以上。
 兵士だけでなく、冒険者も見受けられる。
 よくここまで集めたよな、と思わず俺も苦笑する。

 兵士たちは俺たちを囲むように広がっていく。
 そして、上等なローブ姿の男が兵士に守られるように前へ出てきた。

「――その顔はまさしく、ルネット帝国の皇女だな。城にあった肖像画と瓜二つだ。……そこの冒険者。大人しくその娘を引き渡せば命は助けてやるぞ?」

 にやりと笑う男に思わずため息をつく。

「昨日もその件は断ったはずだが……?」

 殺気を少し込めてギルドマスターを睨み付けると、後ずさりながらも息巻く。
 これだけの人数がいれば強気になるのも仕方ないか……。

「今日はこれだけの人数を用意した。流石にお前もこの人数は相手に出来まい」

 俺が三人の前に立ち、次元収納ストレージから自分の身丈ほどの両手剣を取り出し、肩に乗せる。

「――たったこれだけの人数で俺を捕らえられるつもりだと……? ちょっと甘いんじゃないか?」

「一人じゃない」 
「私も」
「わしもじゃ」

 俺の横にシャル、アル、ナタリーが並び立つ。三人の顔を見て思わず頬を緩ませる。
 ……気合いの入ったいい顔だ。
 武器を構える俺たちを見て、ギルドマスターは額に青筋を立てる。

「四人でなんとかなるだと……!? この人数を見てみろ!! 王国からも兵士を出してもらい、街の高ランクの冒険者も揃えておる。それでもなんとかなると!?」

「あぁ、余裕だ。四人いるからな」

 四人対百人の戦いが幕を開けた――――。


「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く