召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第19話 精霊の宿る石

 
 ギルドに到着すると、すぐにミリアが出迎えてくれた。

「トーヤさん、お待ちしておりました。ご案内いたしますね」

 ミリアの後を歩き、個室の前で立ち止まる。ノックをして部屋の中から許可が出ると扉を開けた。
 部屋の中ではエブランドが一人席に座っている。
 俺たちはその対面に座った。

「呼び出してすまんな」
「いえいえ。これくらいでしたら」
「それよりも本題だ。昨日、あの鎧の件は話しただろう。そして、皇族ではないにしろ、ルネット帝国から来た者を引き渡すように圧力を掛けてきた。引き渡しを出せないようならば――強行手段も辞さないとな……。その二人がそうか」

 エブランドの言葉に、シャルとアルの表情に緊張が走る。

「昨日も言ったはずだ。二人は引き渡すつもりはないと」

 俺の言葉にエブランドは笑みを浮かべる。

「……トーヤならそう言うと思った。――まだ内密な話だが、領主とうちのギルドマスターが兵を出して二人を捕らえるつもりでいる。その事を伝えたくてな……」

「――いいのか? そんな内情をぶちまけて」
「ここの領主も、ギルドマスターも良くも悪くも平凡だ。いい街ではあるが、他国から圧力がかかれば、今の平和を保つ為に、平気でお前らを差し出すだろう。お前には色々な意味で楽しませてもらったからな。それに、敵対した時にどうなるかは大体想像つく。出来ればうちのギルドメンバーを傷つけたくないからな」
「……それが本音か」
「まぁそうとって貰っても構わん。まだジェネレート王国からの使者はこの街にいるはずだ。見つからんようにな。話はそれだけだ」

 俺は頷くと、エブランドに右手を差し出す。

「色々とありがとう。感謝するよ」

 エブランドは俺の言葉に笑みを浮かべ、右手をガッチリと握手する。

 ギルドを後にした俺たちは、屋敷に向かった。

「あのエブラント様はお優しいのですね……」
「あぁ、世話になったからな。あそこまで教えてくれるとは思っていなかったよ」
「それよりも、この街を出る用意をしないといけませんね」

 話しながら屋敷へと戻り、今後の対策を考える。
 この街を出るのは構わない。しかし……。
 俺は部屋の隅で立っているフェリスに視線を送る。
 フェリスは家精霊だ。家に住み着いているから移動は出来ない。

 ――ここに置いていくしか……。

 結論は出したくない。それが俺の本音だ。

 答えが出ない、いや、出したくない悩みを考えているうちに日は傾いてきた。

「ただいまなのじゃー!」

 店を閉めたナタリーも帰ってきた。
 帰ってきて早々にソファーに座り寛いでいる
 お前、その前に居候のくせして随分くつろぎやがって……。
 ナタリーを眺めながら、そんな事を思う。

「なぁ、ナタリー。家精霊って移動出来ないのか? 引っ越しとかした時に、家精霊を連れていく事って……」

 無理だとわかっていながらもナタリーに尋ねると、キョトンとした顔で首を傾げる。

「何言っておる。移動できるぞ。ただし、条件があるがな……。そんな事、常識じゃろ?」
「本当かっ!? どうすればいいんだっ!?」

 俺は立ち上がり、ナタリーの両肩を掴む。

「トーヤ、痛いぞっ! わしよりもシャルの方が知っているのじゃ。シャル、説明してやれ」

 ナタリーの言葉にシャルは頷く。

「トーヤ様、家精霊の移動には、精霊の結晶石という物を使うのです。極、希に採れることがあり、ルネット帝国でも保管していたのは二つ。国宝になっております。家精霊の移動の時は、国から貴族に貸し出し、厳重に警備をつけて移動させているのです」

「――――国宝だと。三人は持っていたりするのか……?」

 俺の問いに申し訳なさそうに全員が首を横に振る。

「……そうか……」

 落ち込む俺にナタリーが思い出したかのように問いかける。

「トーヤ、お主は色々と驚く物を持っておるじゃろ? こんな時にババーンと何か出てくるのではないかのぉ?」

 ……うん? 精霊関係? もしかしてっ!?
 俺は脳裏に次元収納ストレージの中身を浮かべ探していく。

「…………あった」

 俺は次元収納ストレージから一つのネックレスを取り出す。
 ネックレスの名前は“精霊石のネックレス”。ゲームで精霊の森にあるダンジョンに入る為に必要なアイテムだ。
 これがないとダンジョンに入ることは出来ない。ただ、入る為だけのアイテム。
 ミスリルのチェーンに、蒼く光る石がミスリルで装飾され付いている。

「フェリス。このネックレスに宿る事は出来るか?」

 俺の言葉に、フェリスはネックレスをじっと見つめる。

「――トーヤが身につければ、大丈夫かも……?」

 その言葉にさっそく首から精霊石のネックレスをぶら下げる。
 フェリスはそのネックレスの石に近づき、触れるとそのまま吸い込まれていった。
 そしてすぐにフェリスはまた姿を現わす。

「うん、大丈夫。その石の中、トーヤの魔力が感じられて居心地がいい」

 フェリスの言葉を聞いて、俺は嬉しさのあまり思わずナタリーを抱きしめたまま持ち上げた。

「ナタリーよくやった!!」
「な、な、何をするのじゃーー!?」 

 顔を真っ赤にしながらアワアワするナタリーの声がリビングに響き渡った。

 

 
 

「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く