召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第17話 三人の悪だくみ

 
「やっと帰ってこれました……」

 二週間以上に亘り、森の中でひたすらレベル上げを行った。
 基本的には見守っているだけだったが、稀に出没する高ランクの魔物は三人で討伐していった。
 そしてある程度のレベルが上がったことで、屋敷に戻ることにした。

 屋敷に戻る前にナタリーの店に寄り、帰ってきたことを告げる。
 二人の姿を見たナタリーは唾を飲み込む。

「二人とも……この二週間で、かなり……」

 ナタリーも驚くほどに二人は疲れ果てた表情をしているが、それでも強者の自信が垣間見えた。

「えぇ……ずっと……」
「頑張りました……」

 二人が返事をすると、ナタリーは頷く。

「まぁ良い、今日からまた屋敷に泊まりにいくから、美味いものを食わせるのじゃ」
「あぁ、わかったよ。何か作っておく」

 俺は軽く手で挨拶をし、屋敷へと戻った。

 
「フェリス、ただいま」

 屋敷に戻り、ホールで挨拶をすると、フェリスはすぐに姿を現わす。

「……おかえり、トーヤ。遅かった」
「ごめんごめん、二人のレベル上げに夢中になってね。しばらくの間は長期で出掛ける事はないよ」

 俺の返事に満足したようで、少しだけ笑みを浮かべてフェリスは消えていく。
 二人は部屋に戻り、俺も台所に立ち、夕食のメニューを考える。

「とりあえず、肉が大量にあるから、ステーキでも焼くか……」

 メニューが決まれば、あとは調理していくだけだ。
 ナタリーが帰る時間を見計らって料理を作っていく。

 ◇◇◇

「それじゃ、無事に特訓を終えた事で乾杯!」
「「「乾杯!!」」」

 グラスを掲げ、エールを流し込んでいく。

「美味いっ! ずっと飲まなかったから久々のエールは美味いな」

 俺以外は誰も酒を飲まず、果実ジュースを飲んでいる。
 勧めたのだが「今日は飲んだら寝てしまうから」と言って断られた。
 まぁ、一人で飲んでも、このメンバーに囲まれていれば、酒は美味いんだけどな。

「それにしても、この短期間でそこまでレベルを……」

 シャルとアルのレベルを聞いたナタリーは顔をひきつらせる。

「全て、トーヤ様のお陰です。トーヤ様から頂いた――」

 うっとりとして自分の左手の薬指につけた指輪を見て、シャルは頬を染める。

 ……あくまで経験値倍増アイテムだからね?
 そう、思っていても流石に言葉に出す事はしない。二人には指輪の効果を伝えてはいるが、広まるのは好ましくない。

「私も、高ランクの魔物まで二人でビシバシとやっつけてやりました!」

 陽気に特訓内容を話すアル。
 ……君、途中、「もう嫌ぁぁぁぁ」って泣いてたけどね……。
 二人の興奮した説明に俺は苦笑しながら、エールを飲む。
 食事が終わるまで、興奮した二人の説明は延々と続いていくのだった。

 食事が済み、風呂に入った後、ダイニングで紅茶を飲む。
 三人はまだ話したいことがあるというので、俺はさっさと寝室に戻りベッドへと潜り込んで眠りについた。

 ◇◇◇

「……それで進展はあったのかのぉ?」

 ナタリーの言葉に、二人は首を横に振る。

「トーヤ様はこの二週間寝泊まりを共にしましたが、何もしてくる事はございませんでした」
「私も……ちょっとバスタオル姿で、トーヤさんの前に出たら、顔を赤くして「ごめん」って言って出て行きましたし」

 二人の説明にナタリーはため息をつく。

「やはり、まだ小娘どもではダメかのぉ。わしが大人の魅力でメロメロにするしか……」

 否定をしたい二人であったが、流石に口に出すことはない。
 ナタリーの言葉に苦笑しながらも、話を聞いていく。

「それで、お主たちから見てトーヤの実力はどうじゃったのじゃ?」

 ナタリーの言葉に、二人は肩を落とす。

「私たちはレベルは信じられないほどに上がりました。……それでも、トーヤ様と対人戦のために模擬戦を行いましたが、二人掛かりでも……相手になりませんでした」

 森にいる間、トウヤは今後、国を取り戻す為に、必ず対人戦は必要と言い、レベル上げの他に、毎日模擬戦を行なっていた。しかし、回復術師プリーストと自称するトーヤに全く歯が立たなかったのだ。

 
「そのレベルに上がっても全く歯が立たぬとは……。トーヤはそこまでの力を持っている、と。こうなったら、わしが“賢者の媚薬”を作るしかないかのぉ」

「「賢者の媚薬!?」

 二人はナタリーの言葉に目を見開く。
 そして、ナタリーは説明を続けた。

「そうじゃ、賢者の媚薬と言ってのぉ、またの名を“惚れ薬”とも言う。これをトーヤに飲ませれば、一発でわしの魅力にイチコロなはずじゃ」

(それを飲ませれば、私もトーヤ様と結ばれる可能性が……)
(それで、トーヤさんと番になれると……)

 三人とも本心を隠しながら、にやりと笑みを浮かべ頷く。

「三日もあればできるじゃろ。これは男にしか効かないから、わしらが飲んでも問題はない。できたら決行するのじゃ!」

 三人は今までで一番強く頷いたのだった。

 そして数日が経ち、決行の日となった。

 

 

 

「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く