召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第5話 運命、いや、迷惑な出会い


 二人の悲鳴に俺は困惑する。
 何故、助けたはずなのに……?

 ――しかしその答えはすぐに出た。

 二人は身を震わせながら、俺を指差す。俺は自分の事を見下ろすと――。

 オークの返り血で血塗れであった。
 白いローブが真っ赤に染まり、両手も血塗れ、頬をなぞると付くのは血だけ。
 そう――全身真っ赤に染まっていた。

「あ、ごめん……」

 思わず少し距離を取り、ローブを脱ぎ水魔法で顔や手を洗っていく。年頃の女性が見ているが、背に腹はかえられない。
 上着を脱ぎ、確認した後、新しい服を取り出して着込んだ。
 自分の身なりを再度確認。よし、これで問題ないだろう。

 振り返ると、二人は頬を紅く染めていた。
 そんな二人に再度声を掛ける。

「――それで、大丈夫ですか……?」

 呆気に取られていた二人が顔を引き締めた。

「あっ、はいっ、助けてくれて……ありがとうございます」
「もう終わりだと……本当にありがとうございます」

 良く見ると一人は水色の髪を腰まで伸ばし、同じような青い瞳の少女、年は俺と同じ位であろうか。
 もう一人はボロボロになっているが鎧を着て、金髪を肩で切り揃え、羊のような角が頭から出ている。
 魔物は討伐したが、獣人の騎士はお礼を言うが、まだ警戒しているようだ。
 さりげなくもう一人の少女を庇う様にしている。
 俺はこの状況では仕方ないだろうと思い、少し距離を取りながら話しかける。

「それならよかった……ちょっと待っていて。やることがあるから……」

 数か月冒険者として生活をして、人の死に何度も向き合った。
 慣れたくはないが、冒険者をする以上、慣れるしかなかった。
 オークたちを次元収納ストレージに仕舞いながら、遺体を弔っていく。
 遺体の前に座り、手を合わせ冥福を祈ったあと、道具袋などを漁ってギルドカードを確認する。
 そして白いシーツを広げ、そこに遺体を置き包んだ後に次元収納ストレージに仕舞っていく。
 四肢がない遺体もあったが、吐き気を我慢しながらも包んでいく。
 三十分くらいであろうか、無言で作業をしているといつの間にかオークの死骸は全て仕舞い終わっていた。

「――よし、これで終わりっ」

 冒険者の遺体はギルドに引き渡し、身内がいれば引き渡してくれるだろう。いない場合は共同墓地に埋葬される。
 俺のように次元収納ストレージがない場合は、遺品だけ取り、遺体はその場で埋めたりされていた。

 ここでの用事が終わり、振り返ると唖然としてる二人がまだ、同じ状態で座っていた。

「――それで、君たちは……? これから街に戻るけど……」
「はっ、これは申し訳ない。私はルネット帝国の近衛き――」
「アルっ!」

 騎士風の少女が自己紹介をしようとしたところで、後ろにいた少女が止めた。

「あっ……、私はアル、後ろにいるのはシャルです。訳あってサランディール王国へ向かう途中、ここに出くわしてしまって……」

 今、近衛騎士って言おうとしたよな……。
 どう考えても面倒くさい事に巻き込まれそうな気がする。後ろの女の子もどう見ても貴族にしか見えない。
 いや、近衛騎士がついているってことは……もしかして王族? 
 …………嫌な予感しかしない。

「そうか……俺の名前はトウヤ、サランディール王国のフェンディーの街で冒険者をしてる。依頼でこの森の調査にきてたんだが……」

「?! ……サランディール王国の……それではお願いです。どうか私たちを街まで、どうしてもナタリー様に――」

「おっ、こんなところまで逃げてやがったか。おーーい! 見つけたぞ!!」

 俺の後ろから声が掛かり、振り向くと森から数人の兵士と思われる男たちが出てきた。
 統一された鎧に片手剣を持ち、返り血で汚れ、いかにも戦時中としか言いようが無い。
 俺の事を気に留めず、兵士たちの視線は少女たち二人に向いていた。

「ここまで来るのは疲れたぜ。世話を焼かせやがって。――それでお前は誰だ? まぁ生きて返すつもりもないけどな」
「そりゃそうだ! もうサランディールに越境してるしな。国に報告されたら問題になっちまう」

 男たちは剣を抜き、俺に向けてくる。
 後から出てきた兵士を含めて俺の目の前には十人の兵士、生きて返すもりはないと……。
 俺は次元収納ストレージから両手剣を取り出し身構える。
 正直、対人戦の経験はない。
 でも……殺らないと……きっと殺される。
 思わず剣を握る手に力が篭る。

「その人は関係ない! 私たち二人が目的だろう! お前は逃げるのだ!」

 俺の後ろから、アルと言っていた少女が、剣を持ちシャルを守る様に立ち上がる。
 しかし疲れから、とても力が残っているようには思えない。

「だから言っただろう……俺たちが目撃者を生かして返すと思ってるのかっ!」

 兵士が言葉と同時に俺に剣を振る。俺はそれを受け止め横に払った。

 ……やるしかない……。
 ゲームの時は対人戦はやった。しかし、あくまでゲームだ。この現実世界とは違う。
 心臓は破裂しそうなほどドキドキしている。
 しかしそれを表情に見せる訳にはいかない。
 深呼吸をし、両手剣を――兵士に向ける。

「ふんっ、ガキのくせに……。お前ら、まず、こいつから処理しちまうぞ」

 兵士の言葉に俺を囲むように広がっていく。

 ――そして初めての対人戦が始まった。

 

 
 

「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 豆大福16724

    初めての対人戦とありますが、前に護衛先の町のギルドで絡まれたのは対人戦にはカウントされない?

    2
コメントを書く