召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第1話 運命の依頼


 護衛の依頼からすでに三カ月が経過した。

 依頼は少しだけこなしている。ギルドからは早くAランクに上がて欲しいみたいで難易度の高い依頼を勧められているが断っている。
 難易度が高い依頼は数日かかるのが普通で、長いのは何週間に渡って拘束される物もある。
 資料室と屋敷の往復が主となっており、たまにナタリーと一緒に食事をするくらいだった。
 そして、今日は久々に会った冒険者三人と酒場でジョッキを交わしている。

「それにしても、もうBランクとはなっ。あの時の小僧が信じられないぜ」

 ジョッキを煽りながらクラーダは豪快に笑う。俺にとって恩人であり、この街へと連れてきてくれた三人組の冒険者だ。

「いやぁ……なんか依頼を受けていたらいつの間にか……」

 俺も苦笑しながら頬をかく。

「そういや、トーヤ、聞いたか? ジェネレート王国とルネット帝国の戦争がまた始まったぜ?」
「それは初耳ですね……。今まではジェネレート王国が攻めて、毎回ルネット帝国に押し返される繰り返しですよね。懲りないな……」
「それがな……今回は……“勇者”というのが出てきてる。それが化け物みたいな強さで、すでにいくつか街を堕とされてるって話だぜ?」
「――勇者……」

 あの時、俺の後で召喚された男だろうか。
 たしかにあの時『勇者の称号がある』と言っていた。
 それにしてもあの王女、自分の国が攻められるって言ってたのに自分の国が侵略してるし。
 あの国にいなくてよかった……。地球には帰れないかもしれないけど、ここ飛ばされたのは正解かもな。
 そんな考えをしながら、クラーダの言葉に耳を傾ける。

「そうだ、勇者だ。ルネット帝国はこの国と隣接している。帝国とは同盟を結んでいるから兵を出すか国も協議中らしいぞ。もしかしたら――」
「クラーダ! その辺にしておきな。まだ決まったわけじゃない。帝国には最強の騎士団長がいるからそうは負けないだろう」
「そうだな……俺も聞いただけだが、帝国の騎士団長は化け物だって噂だから、負けることはないだろう。まぁこんな暗い話は止めて飲もうぜ! せっかくトーヤとも会えたんだからな」

 ニーナがラクーダの話を止めた。確かにまだ始まったばかりの戦争で、こんな話をするのは縁起が悪いだろう。
 その後もジョッキを傾け夜は更けていった。

 そして酒場で話した事などはすでに忘れ、日は過ぎていく。

「トーヤさん、お願いですから、この依頼を受けてくれませんか?」

 討伐系の依頼を受けようとした俺にミリアがお願いをしてきた。

「――討伐を受けようと思ったんだが……」

 俺は次元収納ストレージを持っているから、討伐系の方が実入りが正直いって良い。
 護衛の依頼も頼まれる事があったが、全て断っている。
 なんせ、フェリスが心配するからな。
 護衛から久々に帰ってきたときのフェリスの表情は忘れられないほどだった。
 それから長期で家を空けるのは控えている。

「北の森が魔物が増えてきてるんです。それで調査を……。北ではルネット帝国が戦争をしている関係しているのかもしれないのですが、新人が怪我をして帰ってくるのが多くて……」
「……調査だけでいいのか? 素材も引き取ってくれるなら受けてもいい」

 魔物が多いなら、持ち帰るだけでも十分な実入りとなる。断る理由はなかった。

「はい! 大丈夫です。調査分と魔物の納入はギルドで受けますから」
「それなら受けよう」

 俺の言葉にミリアは満面の笑みを浮かべる。

「良かったです……最近、上級の冒険者が皆、街を出払っていて安心してお願いできる人がいなかったので……。サブギルドマスターから『トーヤに受けさせろ』と言われていたので、受けてもらえなかったら……」

 その言葉に俺は苦笑する。
 またサブギルドマスターか……。嫌な予感しかしない。

 依頼書を受け取った俺は、一度屋敷へと帰った。
 北の森は、馬車で一日の距離がある。コクヨウで走り抜ければ、数時間で到着するが日帰りで帰るのは難しい。
 屋敷に戻ったのはフェリスに泊まりで依頼を受ける事を告げるためだ。

 屋敷に戻ると、すぐにフェリスが現れた。

「……トーヤ、おかえり? 早かったね」
「フェリス、ただいま。ちょっと依頼で二日ほど家を空けるから伝えにきた。北の森まで調査に行ってくるよ」
「……そう……早く帰ってきてね……?」

 少し寂しそうな表情をするフェリスに笑みを浮かべ「早く帰ってくる」と言い、屋敷を出た。
 街を出るまではコクヨウと並び歩く。そして、門を抜けてからコクヨウに跨った。

「コクヨウ! いくぞっ!」

 コクヨウは思い切り走れるのが嬉しいのは、一鳴きし、駆けだす。
 みるみるスピードは上がっていき、バイクに乗っている位の風を浴びる。
 馬車で一日の距離と言われていたが、二時間もかからずに森の入り口まで辿り着いた。
 コクヨウから降りると、首を撫でて慰労の言葉を掛ける。

 森は鬱蒼と茂っており、その中で森の奥へと向けて一本道が通っている。
 この道は隣国、ルネット帝国まで繋がっている。途中に検問所があり、そこが国境線だと説明を受けた。
 森の中を通れば密入国し放題だが、森は魔物が多く、馬車も通れない。
 犯罪者などは森を抜ける場合があるが、輸出入をしている商人たちは安全な道を通るのが普通だ。

「とりあえず少し奥まで行ってから森に入ってみるか」

 コクヨウに合図を送り、ゆっくりと一本道を進む。勿論、探査サーチで周りへの警戒も怠らない。
 一本道を進みながらも、森から少し入ったところには至る所に魔物の存在が感じ取れた。

「思ったより多いな……、まぁそこまで高ランクの魔物は出ないって言ってたし大丈夫だろ」

 十五分ほど進んでからコクヨウを降り、装備の確認をして森へと踏み込んでいく。

 
 ――――この先、運命的な出会いがあるとも知らずに……。




「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー275156

    ラクーダ

    0
  • ゲノム

    コクヨウのスピードが上がってる?

    0
コメントを書く