召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第29話 帰還


 オークの襲撃以外に何もなくフェンディーの街へ到着した。
 入り口でギルドカードを提示し、街へと入る。商会の前まで行って護衛は完了だ。
 商会の前でルミーナが依頼表にサインを貰い、全員でギルドへと報告に向かった。

「それでは依頼完了確認しました。皆さんお疲れ様です。それと……納品はトウヤさん、倉庫の方にお願いします。あと、ルミーナさんは少しお話しが……」

 俺は倉庫へ納品へ向かい、ルミーナは打ち合わせ、ダイ達四人はお疲れ様会をするために、ギルド併設の酒場の場所取りと別れることになった。
 倉庫でオークの死骸を次々と出していくと、ギルド職員も顔を引攣らせながら納品書を書いていく。
 次元収納ストレージの容量については、多少、人より多いと説明してあるし、これが初めてではない事から、毎回、苦笑されながらも受け取ってもらっている。もちろん、個人情報となり、ギルド職員のみで共有され、公開されることはない。
 受け取った納品書を持ち、ギルドホールへと向かうと、ミリアが手招きしてくる。

「トーヤさん、納品書を貰います。あと、ギルドカードも出してください」

 何故ギルドカードが必要なのかと疑問に思いながら、ミリアに差し出す。
 ミリアは「ちょっと待っててくださいね」と言い、カウンターの奥へと入っていった。
 数分で戻ってきたミリアはギルドカードをカウンターに置いた。

「トーヤさんは、Bランクに昇格しました。本当はもっと早く出来たんですけど、Bランクに上げる為には護衛の経験が必要なんです」

 受け取ったギルドカードを見ると確かに“B”ランクと書かれていた。
 そしてぎっしりと詰まった布袋が3つ置かれる。

「これがオークの納品分ですね。肉の劣化もしていないので高評価になっていましたよ。3パーティーなので分けておきました」

 笑顔で言うミリアに頷き、お礼を言った後に酒場へと向かう。
 酒場ではすでに、席をキープしていたダイが手招きをする。ルミーナも話が終わって席に着いていた。

「待たせたな。オークの分も受け取ってきたぞ」

 俺はテーブルの中央に銀貨の詰まった袋を3つ置いた。
 ルミーナも護衛の依頼料の袋を3つ置き、各自に配る。

「人数で割らなくていいのか……?」

 俺の言葉に否定をしたのはダイだった。

「基本はパーティーで割るんだ。だからこれで合っている。しかも……オークの納品分なんて、ほとんどトーヤが倒しただろ? うちらからしたら逆に得したくらいだよ。気にせず受け取っておけ」

 行きとは違い、柔らかくなった態度に俺も笑顔で頷く。

「それじゃ、遠慮なく」

 俺は銀貨の詰まった袋を2つとも仕舞い込む。

「それと……すまない。行くときに『寄生でCランクに上げた』なんて言って。トーヤの実力を見て理解したよ」

 ダイが俺に頭を下げ、パーティーの他のメンバーは笑顔で頭を軽く下げる。

「気にしなくていい。一応は回復術師プリーストだしな……」
「それにしては……とんでもない武器を振り回していたけどな……」

 思わずダイは小声で呟く。
 そして注文したエールが見計らったように、各自のところに配られた。そしてルミーナが立ち上がり乾杯の挨拶をする。

「オークの襲撃という予想外の事もあったが、無事に護衛依頼が終わった事を感謝だ。そして――」

 ルミーナが言葉を止め、俺を見つめる。
 そして予想外の言葉を放った。

「エールを冷やしてくれ……頼む……」

 思わず椅子から崩れ落ちそうになる。苦笑しながらも俺は頷いてこっそりと全員分のエールを冷やした。

「それでは改めて! 皆の無事に感謝し、かんぱーーーい!!」

 全員がジョッキをぶつけ合い口へと運ぶ。

「やっぱり冷えたエールが最高だな!!」

 笑顔の宴会は遅くまで続くのであった。

 
 ◇◇◇

 時は少し遡る。

 冒険者ギルドでルミーナは個室に案内され、一人で席に座り待っていた。
 そして扉が開かれ入ってきたのは、サブギルドマスターであるエブランドであった。
 ルミーナは席を立ったが、すぐに座るように促され席につく。
 エブランドはルミーナの対面に座った。

「一体……なんの御用でしょうか。わざわざサブギルドマスターの呼び出しとは……」

 少し心配そうな表情をするルミーナに、エブランドは頬を緩める。

「いやいや、そんなに緊張しなくていい。聞きたいのはな――トーヤの事だ。一緒に護衛してどうだった?」

 その言葉にルミーナの表情が固まる。

「――トーヤですか……アレは一体……戦いを見ましたが……バケモノかと。従魔ペット黒曜馬バトルホースも鬼のように強かった」
「ルミーナからしてもそう見えるか……」
「あれでなんでCランクなんですか!? 私なんか目じゃないくらい強い。Aランク、いや……Sランクでもおかしくないと……」

 ルミーナはオークとの戦闘を思い出しながら答える。
 その言葉にエブランドは大きなため息をつく。

「わかった……。ありがとう。その情報が知りたかったんだ。今日はもういいぞ。護衛で疲れただろう。帰ってゆっくりとしてくれ」

 一礼してルミーナは部屋を退出し、エブランドは一人で考え込む。

「とんでもない新人が現れたな……」

 エブランドは再度ため息をつき、天を見上げた。

 

「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く