召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第22話 冒険者ギルド


 部屋の鍵を締め、食堂に降りていくと、すでに護衛をしていたメンバーが揃っていた。

「トーヤ、遅いぞ!」

 ルミーナたちに頭を下げ、空いている席に座る。すでに注文は済んでおり、すぐに各自へとエールが配られた。
 全員に配られたのを確認したルミーナが立ち上がり、乾杯の挨拶をする。

「それでは無事にダンブラーにつくことができた! 明日は自由時間で構わない。今日は飲むぞ! 乾杯!」

「「「「「乾杯!!」」」」」

 乾杯の合図で、それぞれがジョッキを煽っていく。
 しかしヌルい……。この世界ではこの常温のエールが普通だが、前世でキンキンに冷えたビールを知っている俺には物足りない。
 こっそりとテーブルの下で魔法を使い、ジョッキを冷やしてから一口含んだ。
 やはり冷えたエールのほうが美味い。思わず笑みを浮かべてしまう。
 満足そうな顔をしている俺に気づいたのか、ルミーナが声を掛けてくる。

「トーヤ、お前、こっそり何やってるんだ?」

 その言葉に、他の皆の視線が集まってくる。
 そりゃ、ジョッキをテーブルの下に隠していれば気づくよね……。

「いや……ちょっと……何でもないですよ?」

 その態度に、俺の持っていたジョッキはルミーナに取り上げられた。

「お前……このジョッキに……って何だこれは!?」

 冷えたジョッキにルミーナは驚きの表情をし、そのまま口へと持っていく。
 流し込んだ冷えたエールに驚愕の表情をする。
 そして――自分のジョッキを無言で、俺の前へと持ってくる。

「――はい……」

 ため息をつき、ジョッキを冷やしていく。
 冷えたジョッキをルミーナは一口飲み満足そうな表情をする。

「一体何をやったの!?」

 他のメンバーが食いつかない訳がなかった。各自のジョッキが俺の前に並べられ、メンバーは期待の眼差しを向けてくる。
 諦めた俺は全部のジョッキを冷やしていった。

「何これっ!? うまっ!?」
「冷えてるとこんなに美味しいんだ……」

 出てきた料理を摘みながら、冷えたエールをあおっていく。
 冷えて美味しく感じるエールは、消費されていくスピードも早くなっていく。
 二時間も経過した頃には、全員が出来上がっており、ミルカはすでに酔いつぶれている。

「トーヤ! お前、毎回ついてこい! そして私の為にエールを冷やせ!」

 陽気なルミーナにヘッドロックされ、無茶振りをされるが苦笑するしかない。

 ある程度の時間になり、解散となったが、皆が千鳥足になりながら部屋へと戻っていく。
 俺も久々に楽しく飲んだことで、酔いがまわったのか、ベッドの倒れこむとそのまま意識を失っていた。

 

 窓から差し込む日差しで目が覚めた。昨日の飲みすぎた影響か、二日酔い気味の身体に解毒魔法キュアを掛けベッドから起き上がり、身体清潔クリーンの魔法を自分にかけた。
 この世界では、身体清潔クリーンという生活魔法があり、魔力がある程度ある者なら誰でも使える。
 だから、風呂は貴族や豪商などの趣向品となっている。例え魔法を使えなくても、宿屋の店員に必ず使える者がおり、有料だが掛けてもらうこともできる。

「この魔法便利だけど、やっぱり風呂だよな……早く家に帰りたい……」

 そんな事を思いながら朝食を済ませ、今日は一日自由時間なので外に出ることにする。
 結局、食事をしている間、誰も起きてくることはなかった。
 ……あれだけ飲めば……な。

 思い出して苦笑しながら、宿屋の店員に出掛ける事だけ告げ宿を後にする。

 ダンブラーの街は、フェンディーの街より規模は小さく、三千人の住民がいる。目立つ名産品はなく、フェンディーの街と南の街の交易場として潤っている。
 街を歩き並べられている商品を眺めながら歩いていると、フェンディー街にもある看板が視界に入ってくる。盾と剣が象徴の冒険者ギルドだ。
 無理して依頼を受けるつもりはないが、どんな依頼があるのか気になり中へと入っていく。
 ギルドの造りは大小変わるが基本的な造りは一緒になっていた。
 朝はやはり依頼を受ける冒険者で溢れている。俺はのんびりと依頼が貼りだされている掲示板を眺めた。
 やはり森が隣にあるだけに、素材の依頼と護衛がメインとなっており、低ランクの若い冒険者たちも掲示板の前で吟味している。
 そんな者たちを後ろから眺めていると、急に後ろから肩を叩かれた。
 振り向くとそこには――まだ幼い子供がいた。
 どこから見てもまだ十歳にも満たない。しかも泣きそうな表情をしている。
 身なりはお世辞にもいいとは言えない。ボロを身に纏い顔も薄汚れている。

「どうした? こんなところで……ここは冒険者ギルドだよ?」

 しゃがみ込み視線を合わせ問いかけると、ポケットから銅貨を三枚取り出した。

「お兄ちゃん、回復術師プリーストだよね……? 僕のおねーちゃんが具合が悪いの。このお金で助けて欲しい。誰もお願いしても駄目だって……」

 目に涙を浮かべお願いしてくる少年の頭を撫でる。

「――いいよ。お願い聞いてあげる。案内してくれるかな?」
「えっ!?  本当!?」

 俺が立ち上がり、笑みを浮かべ頷くと、少年も涙を拭き満面の笑みを浮かべた。
 そのまま少年に案内を促すと、後ろから急に肩を掴まれた。

「オイオイ、スラムの餓鬼の相手なんてするんじゃねーよ。しかもお前――見ない顔だな?」

 振り返ると、そこには少し柄の悪そうな冒険者三人組が、うすら笑いをしながら立っていた。


「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 伊予二名

    テンプレ冒険者キタw

    0
  • 顎の長いくう

    幼い子どもが16歳の肩に届くのかな?

    1
コメントを書く