召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第16話 チートな食事


 少し席を外しただけでダイニングでは幼女賢者ナタリーがフォークを立ててまだかと待っていた。
 俺はため息をつきながら、目の前の料理を乗せた皿を置いた。

「なんじゃ? ただの肉の塊ではないかっ! 何種類も乗っているだけでわしを満足させられると思うなよ」
「いいから食べてみろよ。文句は食べてから言え!」
「むぅ……これで満足出来なかったら、魔法書は渡さぬからの!」

 俺は対面に座り様子を伺うと、ナタリーはフォークを刺し、ナイフで一口分を切り取っていく。

「なんじゃ……抵抗がなく切れる!? しかも中から汁がこんなに出てくるだと!? なんじゃこれは!?」

 口の放り込むとナタリーは目を見開き驚いた表情をする。俺はテーブルの下で思わずガッツポーズをした。

「この美味い肉はなんだっ!? 肉はもっと噛み応えがあるはず。しかし……これは間違いなく肉だ。他のはどうじゃ?」
 俺が置いた料理は“ミックスグリル”だ。ハンバーグと、鶏肉の照り焼き、そしてソーセージ。付け合わせでポテトとコーンが付いている。ゲームでも空腹ゲージがあり、回復させるアイテムだ。
 肉に夢中になっているナタリーの前にパンを二つおく。これも回復アイテムだ。回復量は期待できないが、それでもこの街のどの店のパンより美味い。残り数は限られているが、今日限りなら問題はないだろう。

「パンも一緒に食えよ。美味いぞ?」
「丁度良いのじゃ。肉ばかりだと思ってたところじゃ」

 ナタリーはパンを一つ手に取り、ちぎって口へと運ぶ。

「なんじゃ、このパンは!? モチモチとしてて柔らかい。わしはこんな物食べたことはないぞっ!」

 驚きながら食べているナタリーを横目に、俺も空腹で腹が鳴る。同じ物を取り出し食べることにした。

「やっぱり美味いな……」

 様々な調味料を駆使した現代日本の料理に俺は舌鼓を打つ。
 そのあとは食べ終わるまで無言が続いた。ナタリーは独り言のようにブツブツ言いながらも食事の勢いは止まらない。
 しかし賢者と言われているというが、小さな口をモゴモゴと動かしている様子は、やはり幼女にしか見えない。
 食事を済ませた俺は飲み物をのんびりと飲みながら、ナタリーが食べ終わるのを待った。

「――負けた。こんな物食べたことがない……。満足したのじゃ!」

 ナタリーは素直に認め、自分の次元収納ストレージから魔法書を3冊取り出しテーブルに置いた。

「約束の品だ。受け取るが良い! 今日は満足じゃ」

 俺は魔法書を受け取ると、自分の次元収納ストレージにしまい、代わりに1皿ナタリーの前におく。

「これは俺からのサービスだ。魔法書もらった礼だと思ってくれ」
「なんじゃ、この白いのは……しかも真っ赤な物が乗っておるのぉ」
「いいから食べてみろよ。美味いぞ」

 俺はニヤリを笑いながら新しいフォークをナタリーに渡す。
 フォークを受け取ったナタリーは不思議そうな顔をして――ショートケーキを口にする。

 生クリームを口に含んだ瞬間、驚愕した表情をしたと思ったら、次第に口元は緩んでいき、幸せそうな顔をする。その姿に俺も”勝った”と自信を持つ。
 眺めていると、止まらない手はケーキがなくなるまで続いた。そして、ナタリーは何もなくなった皿を眺めながら悲しそうな表情をする。
 チラチラとこちらを見て、お代わりが欲しそうな顔をするが、流石に再現できていないこの世界で、限られた数しかないものを全て出すわけにもいかない。

「――もうねぇぞ?」

 俺のその一言で、がっくりと肩を落とし絶望したような表情をする。しかしまだ諦められないらしい。

「のぉ……さっきの白いのがまた食べたいのじゃ……こんなに美味い甘味を食べたのは初めてなのじゃ……」

 だが俺は首を横に振る。

「どうしてもか……? 何かと交換ならさっきのをだしてくれるのかっ!?」
「そんなこと言われてもなぁ……もう残り少ないし……作れない可能性もあるからな」
「なんでもだすっ! もう一つ上のランクの魔法書も出そう。だから……さっきのを食べさせてくれ……」
「いやいや、そんな事言われても困るぞ?」

 俺が拒否の姿勢を貫くと、ナタリーは両腕を組んで考え出す。そして俺の予想を超える提案をしてきた。

「――わかった。魔法書とこの屋敷をつけよう。それでどうじゃ?」

 魔法書でもありがたいのに、この屋敷まで!? それならいい。
 ――まだ残り98個あるからな……。

「――わかった。それで手を打とう。あと一つだけだぞ」
「おぉ! いいのかっ! 感謝する!」

 感謝するのはこっちなんだけどな……。
 俺はもう一皿のショートケーキを出し、ナタリーの前に差し出した。

「これじゃ! この白い甘さと、生地の柔らかさ、そしてこの赤いものの酸っぱさが絡み合って最高じゃ」

 ナタリーはショートケーキをゆっくりと味わうように食べ始めた。その姿を頬杖をつきながら眺める。
 フェリスもいるし、この屋敷でのんびりするのもいいかもな……。いつかこの屋敷で嫁でももらって……。
 俺も頭の中で妄想を膨らませていく。

 俺が妄想を膨らませているうちにナタリーはケーキを食べ終えていた。

「わしは満足じゃ。約束通り、この屋敷をやろう。あと今日は持ってきておらんが魔法書も明日やるのじゃ。名前を変更するのは商業ギルドでやるからの。明日、昼前にくるのじゃ」
「わかった……ありがたくこの屋敷を使わせてもらう」

 ナタリーは食事をし、満足して帰っていった。
 俺は風呂へ入り、ベッドに入る。
 そして誰もいない部屋で天井に向けて話しかけた。

「フェリス、明日、この屋敷をもらうことになった。これからもよろしくな」

 その言葉を発してから、重くなった瞼を逆らわずに瞑って夢へと落ちていった。




「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く