召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第5話 幼女賢者


 ランクごとに貼られている依頼表を見ると、Fランクは街中の依頼や、素材採集の依頼が多く、討伐に関してはEランクからとなっていた。しかも低ランクはほとんどが常時依頼となっており、掲示板に持っていかなくても良いものだった。
 クラーダ達に挨拶をし、今度一緒に飲む約束をしてから、俺は早々にギルドを後にした。
 あてもなく肉屋や、野菜などを売っている店を野次馬し、昼食もそこらの屋台で済ませ、その後は武器屋に寄った。
 なぜなら、武器が好きだからだ。狂戦士バーサーカーを選択していたくらいだし。
 わくわくしながら店に入ると、所狭しと剣や槍、鎧などが飾られている。
 ただ、目に適う物はなさそうだった。

「いらっしゃい。おや、初めて見る顔だね?」

 思うような武器がないことに悩んでいる俺に、カウンターに座っていた二十代に見える男性に声を掛けてきた。

「昨日冒険者登録したばかりなので……」

「その恰好を見ると……魔法使いかい? うちにはあまり魔法使い用の武器は置いてないんだよな……。魔法具屋に行ったほうがいいんじゃないか? 使えるとしても短剣くらいじゃないか」

 クラーダ達が素材の剥ぎ取りに短剣を使っていたのを思い出し、剥ぎ取りに適した短剣を出してもらえるように依頼すると、数種類の短剣を出してくれた。

「長く使いたいなら、この一番右のやつかな。銀貨2枚だけど丈夫だし、使い易いと思うよ」

 そこまで高くないことに安心した俺は、勧められた短剣をそのまま購入し、ついでに魔法具屋の場所を聞くと、すぐ近くだったので、礼を言いそのまま向かうことにした。
 ……魔法職なんてしたことないから、俺できるのかな。回復魔法すら使ったことねぇぞ……。
 そんな考えをしながら、教えられた杖のマークの描かれている店に入ると、言われた通りに杖やローブ、魔法書などが並べられていた。

「いらっしゃい、何かお探しかい?」

 声を掛けてきた店員の女性は、薄い緑色の髪は肩で切り揃えられ、耳は尖っており、黒いローブを纏いどう見ても魔法使いのエルフに見えた。――ただし、どう見ても幼女にしか見えないが。

「……先に言っておくが、人間のお主より年上じゃぞ? 少しだけ成長が遅いだけじゃ! これでも一人前の大人じゃからな!」

 ジト目で見る俺に釘を刺すように店員幼女が言ってきた。――顔でバレたか……。

「いえいえ、そんなことは……」

 背中に冷たい汗をかきながらも俺は弁明をする。

「まぁ良い……。それで探し物は? なんかあるのかや?」

「魔法書が欲しい……。職は回復術師プリーストだけど、使える魔法がわからないんだ」

 俺の言葉に、店員幼女を少し悩み、3冊の魔法書をカウンターに置いた。

「これが回復術師プリーストの魔法書じゃ。初級、中級、上級だ。それ以外もあるが、金額は張るぞ? 初級で銀貨10枚、中級が銀貨50枚、上級は金貨2枚だよ」

 さっきの市場調査で大体の金額の相場はわかっていた。銅貨1枚が100円程度の価値で、銀貨は1万円、そして金貨は100万円のとなっていた。各100倍となっていて、白金貨というのもあるらしいが、それは一般的に使うものではないらしい。

 ……それにしても初級で10万円、上級魔法書は200万円か……。高いけど、まだ2千万弱の金は残っている。この先の事を考えたら買っておいても損はないな……。

「その3冊ともくれ」

 俺の言葉に逆に店員幼女の目が大きく見開かれた。

「お主、若いのになかなか勢いよくいきよるのぉ。……名前はなんという? わしが聞いてやるぞ」

 まったく幼児体系の胸を大きく張り出しながら、偉そうな態度の店員幼女にトーヤと名前を告げた。

「トーヤか……わしはナタリーという。賢者ナタリーじゃ。わしを崇めよ」

 鼻で笑った俺は言われた金額をカウンターに置くと、ナタリーは目を細めてくる。

「お主、次元収納ストレージ持ちか」

 胡麻化しながら出したつもりだったが、見破られたことに俺は少し警戒するが、ナタリーは特に気にする様子もなかった。

「そんなに緊張せんでも良い、たしかに珍しいスキルではあるが、いない訳ではない。ほら、わしも持っておるぞ」

 そういって何もないところから、青色のポーションらしき瓶を取り出した。

「伊達に賢者と言われているわけではないぞよ。わしの次元収納ストレージには5000キロの重さまで入るからのぉ」

 自慢げに言うナタリーに俺は茫然とした。

 どう見ても俺の次元収納ストレージに入っている素材や装備は、その比ではない。数種類の武器や鎧の数々、食材に関しては各99個ずつ入っていたりする。さすがにこれは黙っておこう……。

 すでにバレているから気にせず受け取った3冊の魔法書をそのまま次元収納ストレージの中に仕舞い込む。
 他に杖やローブを見たが欲しい物は特になかった。帰ることをナタリーに告げると、

「お主、結構なやり手に育ちそうだのぉ。魔法の事で相談があったら、わしのところへ来い。手取り足取り教えてやるからの……もちろん料金は発生するぞ?」

 幼女がにやりとしてそんな発言をしても、俺には苦笑いしかできなかった。

「また用事があったら来るよ」

 一言だけ残し、店を後にした。

 魔法書を早く見たかった俺は、そのまま真っすぐ宿へ戻った。
 宿に戻る途中に、一度冒険者ギルド近くの屋台に寄った。

「おっちゃん、昨日はありがとな。今日は客として来たよ。3本くれ」

「おぉ、昨日の兄ちゃんか! なら、3本銅貨6枚だが、1枚まけてやるから5枚でいいぞ。今、焼いてやるからな」

 おっちゃんに銅貨5枚を手渡すと、ご機嫌で串焼きをタレに漬けてから焼き始めた。周囲にタレが焼ける匂いが漂い始める。
 思わず唾を飲み込みながら焼きあがるのを待った。

「ほれ、持ってけ」

「おっちゃん、ありがとなー!」

 串焼きを3本受け取り、そのまま宿屋へと向かった。裏の獣舎に行くと、俺が来たのかわかったのか不機嫌そうにコクヨウが顔を上げた。

「コクヨウ、不機嫌そうだな……串焼き買ってきたぞ」

 俺が串焼きを一本差し出すと、そのまま齧り付いた。俺の獣舎の隣に座り、一本取り出して食べていると、コクヨウはすでに食べ終わっていた。
「ブルルゥ」ともっと寄越せといっている表情をしているので、ため息をつきながら残り一本を手渡すとまた同じように噛り付いた。

「お前も食いしん坊だな……」

 食べているコクヨウの首を撫でてから「明日は冒険に行くぞ」と伝えると、俺の顔を見て「ブルルゥ」と一鳴きする。
 そして宿の正面から入り、片付けをしていたラミィに帰ってきたことを告げ、部屋に戻った。設置してあるテーブルに3冊の魔法書を並べ、初級から読み始める。
 魔法書は魔力の感じ方から書き綴られており、そこから魔法名と効果、呪文やイメージなどが書かれていた。回復魔法だけでなく、攻撃魔法を4つの基本属性についても書いてあり夢中で読み続けた。

「回復魔法くらいできないと、明日からの依頼こなせないからな……」

 ページを捲っていくと、なぜか自然と次々と頭の中へ入っていく。そして昔から使えたような感覚になった。

「な、なんだこれ……」

 初級を読み終わると、そのまま中級、上級へと読み続けた。

「やばい……。多分、上級までもう使えるかもしれない……」

 そして、手に魔力を込めるようにイメージすると、手のひらが白く光りはじめる。

上級治癒エクスヒール


 俺は上級の回復魔法を唱えると、右手は眩しいくらいに白く輝いて、――そのまま意識を失った。

「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く