召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

プロローグ1


 今、周りを見回しても一面に草原が広がっているだけの場所で俺は立ち尽くしている。
 元々着ていた布の服にローブ姿で。
 ――どうしてこうなった。


 終業のチャイムがオフィスに響き渡る。

「今日の仕事も終わったぁ。早く帰ってゲームしよ」

 俺は如月燈也きさらぎ とうや、三十五歳独身。どこにでもいるサラリーマンだ。
 今ハマッている対戦型MMOをするために、仕事が終わると真っ直ぐに帰宅する毎日を送っている。
 夜九時から始まる国同士の領地を獲得するための戦争に向けて準備するためだ。
 MMOの名前は『パンデミックワールド』といい、三つの国があり、毎夜戦争が行われている対戦型MMOだ。七日間の勝率で次の週だけ経験値が美味しいフィールドで狩りが出来るのだ。レアな武器も出現し、効率よくレベルアップするために、所属している国の兵士となり毎夜戦いに明け暮れる。

 俺の所属している国は、”ジェネレート王国”といい、他に”ルネット帝国”、”シファンシー皇国”がある。
 ジェネレート王国とルネット帝国が日々戦争を行い、シファンシー皇国は傭兵としてどちらかの国を支援する。
 平日はその繰り返しだ。週末にはイベントとして大型モンスターの討伐イベントがあり、その際は国の垣根を越えて共闘してイベントをこなす。
 俺は戦士の最上級職である『凶戦士バーサーカー』として、オーガと思える程の筋肉で覆われたキャラを選択している。
 全身をミスリルの鎧で固め、背丈を超える長さの両手剣を振り回し、日々最前線で戦いを続けていた。
 社会人の独身ということもあり、金はある程度持っている。効率よく課金し装備を整えているお陰で、ゲーム内でも強者としてある程度の名は通っていた。
 最大が999というレベル上限の中で、レベル500を超えているプレイヤーは数千人のうち1%に満たない。その中で700を超えているのだから当たり前だろう。
 一時間ほど続く戦争を終えパソコンのキーから手を離し背筋を伸ばす。

『トーヤおつかれー!』『今日は勝てたね!』

 会話ログには戦争に勝ったことでパーティーログも盛大に流れていく。

「やっと終わったぁ。今日は勝てたし狩りする仲間でも探しに行くかな。たまにはシファンシーのディンにでも声掛けてみるか」

 このMMOでは別アカウントを作り、他国で活動しても特に問題はない。戦争中に別アカウントを使用すると某掲示板などに晒されることもあるが。
 一度ログアウトをし、別アカウントで再ログインをする。
 シファンシー皇国での別アカウントだ。
 特にレベル上げもしていないし、皇国の仲間との会話と本アカウントバーサーカーの資材倉庫として使っていた。
 イベントをこなし魔法職用の杖や上級服を手に入れたが、凶戦士バーサーカーとして使い道がない武具や道具が、ある程度の通貨とともにイベントリに収められている。
 人間族キャラの男で美少年の姿が画面に現れる。銀色の髪で十六歳を想定しキャラメイキングをした。
 しかも回復術師プリーストだ。やはり本キャラバーサーカーとは違うキャラに憧れるということだ。
 ログインするとメインとなるデリルータの街の広場に立つ。
 戦争が終わったばかりということで、広場にはログインした人で溢れており、さっそく画面を開きフレンドがオンラインになっているか確認をする。
 フレンドリストの中に目的の名前が出ていた。

「いたいた。さっそく声掛けてみるか」

 リストの中の『ディン』という名前をクリックし、チャットを開く。

『おつカレー』

『おっ、おつー。こっちの国に遊びにきたんだ?』

『狩りにでも行こうと思って誘いに来たよ。どうかな?』

『いいね、今広場から北に行った教会の前で寛いでいるからおいでよ』

『りょーかい! これから向かう』

 チャット画面を閉じ、広場から教会に向かい走って行く。
 待ち合わせの場所には、ディンの他に三人がいた。

「おつカレー」

「トーヤおつカレー」「おつー」

  待ち合わせ場所にいた四人は、フレンドである魔法使いウィザードの上級職である黒魔術師ハイウィザードのディン、盗賊シーフの上級職である上級盗賊ローグのラッセル、回復術師プリーストの上級職の上級回復術師ハイプリーストのメリリアがいた。

「ちょうど盾役がいなかったんだよね。助かったよ」

 このMMOでは最大五人までがパーティーを組めることが出来る。
 俺が入ることにより効率的なパーティーの出来上がりだ。

「狩場はローラルカの洞窟でいいよな? 狂戦士バーサーカーに戻すから入り口に待ち合わせでいいよな」

「おk」「りょーかい」

 各自のキャラが手を振ったりお辞儀をしたり、ディンに至っては土下座をしている。
 俺はログアウトをしようとすると、キャラを囲むように魔方陣が現れる。

「なにコレ」「えっ?」「バクきたコレwwww」

 俺のキャラを中心に展開されている魔方陣は回転をしながら光輝きはじめたことに皆が驚く。もちろん俺も含めてだ。
 次第にディスプレイが真っ白に埋まっていく。

「なんだこれ?」

 ディスプレイから広がった光は部屋までも真っ白に埋め尽くしていく。

 その瞬間にパソコンの前に座っている俺の意識はなくなった。


 真っ白になった視界が次第に戻っていく。
 目を見開くと、自分の部屋とはまったく違う天井が見えた。
 十メートル以上の高さがあり、ネットで見たことがあるイタリアの博物館や教会の天井に描かれているような絵が見える。

「成功したわ!」

「殿下、さすがです! まさか一回で成功させるとは」

 拍手が鳴り響く中、理解が出来ない俺は身体を起こす。

「いったい何なんだよ、これは……」

 起こした体で周りを見渡すと、正面には豪華なドレスを着て、丁寧に手入れされた金髪を腰まで伸ばし、頭にティアラをつけた美少女が立っており、その周りを同じ様な豪華な衣装を纏った男達や、鎧を身に纏った剣を構えた騎士達が囲んでいた。

「急に申し訳ございません。勇者様、私は第一王女のシャーロン・フォン・ジェネレートと申します。我が国ジェネレート王国は敵対国であるルネット帝国より戦争を仕掛けられており、すでに領地の二割を奪われております。そこで我が国の秘宝と言われている召還の宝玉を利用して召還させていただきました」

 言っている意味がわからない。

「そんなこと言われても、俺、普通のサラリーマンですよ。しかも三十五歳の中年ですよ」

「サラリーマン? その名前はわかりませんが、どう見ても三十五歳には見えませんよ? あなたの種族は長生きなのですか? どう見ても人間族にしか見えませんが」

 ――何言っているんだ、この子は。どう見ても中年にしか見えないだろう。

 そして自分の前髪を指で摘む。

 どっから見ても銀色だろ。……え、銀色? なんで銀色?
 焦りながら自分の姿を見渡す。

 着ている服は布で出来た服にローブを着ている。
 少し出はじめた腹は引っ込んでおり、鍛えられたように引き締まっていた。
 服を捲り上げ自分の腹を見て驚愕していると、周りの騎士から声がかかる。

「王女殿下の前で何をやっている!」

 騎士達が剣を俺に向けてくる。

「いえいえ! そんなつもりは!」

 焦った俺は服を下げる。

「いきなり召還されたのですから、混乱するのは仕方ありません。ステータスをお開きになれば称号に勇者と記載があると思います。お試しになられてください。声に出さなくても頭に思い浮かべれば問題ありません」

 ステータス? この世界にはゲームと同じステータスなんてあるのか。

『ステータス』

 俺は脳裏で思い浮かべた。

◇――――――――――――――――――――◇
【名前】トウヤ・キサラギ 【種族】人間族 【性別】男 【年齢】16歳
【職業】回復術師プリースト
【称号】召喚されし者
【レベル】1
【特殊スキル】神眼 全属性魔法使用可 全スキル取得可
【スキル】なし
◇――――――――――――――――――――◇

 脳裏に半透明なパネルが表示され、ステータスを俺は確認する。
 どこを見ても『勇者』という言葉はなかった。

「どうでしょうか、称号にあると思いますが……」

 不安そうな顔をした王女が俺の顔を覗き込む。

「……いえ、勇者とは書いてないですね。『召喚されし者』と称号に出ています」

「――そんな……」

 俺の一言で王女を含め周りにいたものは、がっくりと肩を落とす。

「まさか失敗とは……」

 周りから聞こえるため息に、俺は申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

 ――もしかして俺ってもう用済み? 銀髪とローブを着た俺はいったいどうすれば? 家に帰れるのか?

「もしかして俺って帰ることは出来るのでしょうか……」

 落ち込んでいる王女に声を掛けた。
 王女は申し訳なさそうな顔をしている。

「『勇者』という称号はなくとも、召還された者は皆、高レベルと言い伝えで聞いております。あなたはすでに限界突破と言われるレベル100を超えているのでは?」

「いえ、レベル1ですけど」

 王女の少しの希望を俺は木っ端微塵に打ち砕く。

「えっ、1ですか? ――本当に?」

「えぇ、レベル1です。でもスキルには――」

「レベル1だって!? そこらの幼児と一緒ではないか。これなら騎士たちのほうがマシだっ」

 俺の言葉を遮るように、貴族と思われる中年の男性が憤慨し怒鳴り始めた。

「――わかりました。召喚してしまい申し訳ありません。召喚の宝玉は送還の宝玉と対になります。元の世界に送り返すことが可能と言われております。但し、先にもう一回だけ召喚の宝玉を使用してもよろしいでしょうか。月が満ちる今日しか召喚を行えないのです。私の魔力残量ではあと一回しか使用できません。送還の儀を行うのは明日ということで」

 申し訳なさそうな顔をした王女が提案してくる。

「――わかりました」

 明日には帰れるということと、自分の今の状態を確認したいとの思いから王女の提案に頷いた。
 騎士から地面に書かれた魔法陣から移動するように言われ、部屋の端で召還の儀を眺めることにした。

 そして召喚の儀は再開された。

 魔法陣の中央に召喚の宝玉と言われる玉が置かれ、王女が魔力を込めていく。
 呪文のような言葉を続けていくと、宝玉を中心に魔法陣が光始める。次第に光が強くなっていく。

「先ほどより強い光だ。これはもしかしたら……」

 宝玉が粉々に飛び散ると同時に部屋が真っ白い光で覆われた。俺もあまりの眩しさに思わず目を瞑る。

 光が消えもとの世界が戻ってくる。
 目を開けると宝玉が置かれていた場所には、金髪の青年が仰向けに倒れていた。
 豪華な白銀の鎧を着た青年はすぐに目を覚まし、自分が置かれている状況に混乱していた。
 周りにいた騎士たちは、青年の豪華な鎧に見惚れている。

「何この状況? なんでここに? 僕は魔物と戦っていたはずなのに……」

 目を覚ました青年は二十歳位で、どこから見ても美青年だ。
 日本にいるアイドルよりも美しく、CGで作ったような美しい顔をしている。
 王女は先ほどまでの表情と打って変わり、頬を染めながら青年の近くに寄っていく。

「急に申し訳ございません。勇者様、私は第一王女のシャーロン・フォン・ジェネレートと――」

 先ほど俺に言ったセリフと同じだ。
 青年も言われるがままステータスを確認している。

「称号に『勇者』と『聖騎士』と出ている」


 その言葉にホールにいた全員が歓喜に沸いた。



「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く