転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

障壁で対処

「さて、この国の貴族はどれくらい来るかな…」

そして、アインは衛星の力を使って、兵を集めている貴族の数を数え始めた。

「う~ん。13人か…以外とこの国の王って人気ないのかな?」

アインの予想では、この国にいる貴族のほとんどが王都に攻めてくると思っていたので、13人という、全体の半数も行かない人数だとは思っていなかった。

後、この国の貴族の数は約30人。

「これは意外と簡単に対処が出来るね。」

そして、数日後、1人目の貴族がやってきた。

「魔法部隊よ。王都に魔法を打ち込めー!」

その貴族はアインとの交渉はする気が無く、何も言わないまま魔法士に王都を攻めるように命令をした。

しかし、その魔法は王都の城壁に当たる前に消えてしまった。

「何をやっているんだ!届いていないじゃないか!」

貴族は魔法士の魔法が城壁まで届いていないように見えて、もう一回攻撃をするように命令をした。

そして、魔法士たちも自分たちの魔法が勝手に消えてしまったように見え、何が原因なのかが分からなかったので、もう一回打つことにしたが、その魔法も城壁に当たる前に掻き消えてしまった。

「な、何がどうなっているんだ!」

その言葉を聞いて、その貴族も魔法士の攻撃が届いていないだけではないと気がついた。

「魔法は効かないよ。それどころかこっちの力を強くするだけさ。」

アインは魔法士たちがある程度魔法を打って、消耗し始めたころに城壁の上に立った。

「な、何だと?」

「気が付いているかは分からないけど、今この城壁の周りには魔法による障壁がある。それにこの障壁は魔法を吸収し、物理攻撃も通さない。」

「なるほど…しかし、障壁にはいずれ限界が訪れる。魔法を使うな!兵をあの障壁を叩き切れ!」

そして、貴族の兵たちは物理攻撃を障壁に与えたが、全然壊れなかった。

「な、何でこんな強度になるんだ…」

「それはね…」

そしてアインは魔法を障壁に向かって打った。

すると障壁は光り始め、少しだけ付いていたひびも直ってしまった。

「ま、まさか…」

「ああ、この障壁は魔法を吸収して強度を増していく。つまり最初の魔法での攻撃はこの障壁を強化して言っていただけなんだよ…」

「そうだったのか…しかし、それが分かった今、物理攻撃で攻めれば良いだけだ!皆の者、このまま攻め続けろー!」

そして、貴族の兵たちはまた、障壁を攻撃し始めたが、アインもいつまでも待っている訳ではなかった。

「そうか…それじゃあ、この障壁に新しい機能を付け加えよう。」

アインはそういった後、障壁の効果を少しだけ付け足した。

「な、何が変わった…」

兵たちはいったん手を止めて変化を探したが、どこにも変化が無かった。

「か、変わっていないのか?それじゃあ…」

そして、もう一回物理攻撃を加えると、障壁を切ったはずなのに、自分の腹に剣できられたような後が出来ていた。

「いってぇぇぇー!」

そう、障壁にはカウンター機能が加わったのだった。

「僕からの攻撃も食らえ!」

アインが障壁に向かって魔法を打っても、障壁をすり抜け、そのまま兵の元まで飛んで行った。

「て、撤退だ!」

貴族は撤退の命令を出したが、アインの魔法は強く、速いので、軍は全滅させられてしまったのだった。

そして、この障壁は初手攻撃の貴族たちに大きく刺さったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー316805

    誤字がありましたー
    (意外が以外になってたり)

    1
コメントを書く