転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

学科を少なく

残り3国となったところで、アインは他の国は兵に任せることにした。

「諸君。私は出来るだけ安全に戦える国を残しておいたから、がんばって、潰しておいてくれ。」

そして、アインは、超大量にいる兵を大体3等分して、各国に送った。

「よし、これで今日中に3国は落とせるだろう。」

そして、アインはとある場所へ向かった。

「失礼します。」

アインはそう言いながら、扉を開けた。

「おや?久しぶりに来たね?今まで何をやっていたのかな?」

そこにいる人物は若干怒っていた。

「すみません。私にも仕事というものがありまして、そちらのほうで手一杯なんですよ…」

「そうかいそうかい。でも、無断で休むのはどうなのかな~?」

「今回はそれについてで話があったので来ました。理事長」

そこにいたのは、アインが通っている学校の理事長だった。

「ふ~ん。学校の休みについての話ね。まぁ、なんとなく察しはついているよ。」

「そうですか…」

アインは、前に言っていた通り、受ける項目を減らすために来たのだった。

「それでは、本題にはいらさせていただきますね?」

「いいよ。」

「今回、私がお願いするのは、受ける学科を減らすことです。」

「あれ?減らすだけなの?なんかもう、卒業するのかと思っていた…」

「いえ、一応この年齢ですし、受けておかないと…」

「でも、君の場合、どの学科でも卒業までに必要な基準をクリアしているんだよね…」

「まぁ、冒険科に関しましては、この学校が持っている権力よりも強いですから。」

「うん?他のもだよね?」

「ええ。ですが、冒険科に関しましては、部下のがんばりによって、少なくとも、この大陸の冒険者ギルドの全権は持っていますから。」

「そうだね。話がそれてしまっているね。それで、何を受けるんだい?」

「冒険科ですね。さっき全権を持っていると言いましたが、冒険科だけには入っておこうかと…」

「それはまた何故?」

「正直、もう学校で習うことは無いのですが、冒険科は体も動かして楽しいですからね。」

「そんな理由で…というのはだめかな?」

「そんな事を言ったら、この学校を辞めることになりますよ?」

「おっと!それは困る。君からは多額のお金をもらっているんだから…」

アインは、この学校に授業料以外にも多くのお金を投資していた。

「汚い話にはなりますが、学校側からしたら、何とか僕を引きとどめたいんじゃないですか?」

「それもそうだね。それに、全然出ていないアイン君の学科が貴族科1つになったところであまり支障はないし。」

「ええ、ですからお願いしますね?まぁ、その冒険科も休むことがあるでしょうが。」

「君の立場上仕方ないことだとは思うが、出来るだけ来てよ?他の生徒に真似されたら困る。」

「この学校には、王が何人もいるのですか?」

「…それもそうだね。君のまねは容易にはできないね。」

「ええ、だから安心してください。真似する生徒はあまり出てこないだろうし、もしも無断欠席しても、家のほうがつらいこの方が多いんじゃないですか?」

「この学校は貴族の子が多いし、家で英才教育を受けるほうがつらい子も多いと思うよ。」

「まぁ、世間話もここまでにして、今日はさっきのことを報告に来ただけですから、帰りますね?」

「授業は…今日は冒険科は無いね。」

「ええ。それでは失礼します。」

そしてアインは、部屋から出て行った。

国の内部を変えるかも知れない会議のために  

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー216949

    貴族科と冒険科が混ざっていますよ。

    3
コメントを書く