転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

母国に帰還

そんな事をして、時間を潰していると、母国のほうから連絡があった。

「え?来て欲しいって?」

「はい。用件は良く分からないのですが、出来れば来て欲しいそうです。」

「そうなんだ…何のようなんだろう。」

そして、アインは、久しぶりに母国に帰るということで、いろいろ用意をしてから母国に向かった。

そして、着いた。

「懐かしいな…ゼアリード王国…」

そして、母国についてからは、呼ばれているので、すぐに王城に向かった。

「名前を言ってください。」

そして、門番に名前を聞かれたので、

「アインです。」

と、言うと…

「アイン?あれ?貴族にそんな名前の人っていたかな…」

「いや。俺は知らない。貴族の名前は大体頭に入れたと思ったんだけど…」

アインは、一般人には出来ない、豪華な服装をしていたので、貴族に見えたのだ。

「あ、この国の貴族ではありませんよ。」

「ああ、そうだったのか。…?この国の?」

「まぁ、他国の貴族でとでも思って置いてください。」

そして、そういうと、警戒心を高めながらも用件を聞いてきた。

「何のようで、この王城に入ろうとしている?」

「この国の王に呼ばれたから…ですかね。」

そういうと、門番は近くを歩いていた、ベテランの兵士に、今日そんな予定があったのか聞いた。

「ああ、なんか言っていたな。まぁ、日時は知らないが。」

そして、そのベテランの兵士が、アインの顔を見ると。

「あ、アイン様。王様に呼ばれていたのはアイン様でしたか…」

「そうだよ。」

「2人とも、お通ししなさい。」

「え!良いのですか?」

「はい。王様が用のある人は、その人であっています。」

そんなこんなで、どの国でも、アインは一回は門番に引っかかるのだった。

(まぁ、こんな格好しているしね。)

しかし、アインはそれはしょうがないことだとして、特に気にせず中に入っていって、玉座の間まで向かった。

「おお、アインよ。来てくれたか。」

そして、玉座の間に入ると、すでに王が居た。

「まぁ、今回呼んだのはそこまで大きな用事があったわけではないのだが…」

「そうなんですか?」

アインは、王とは対等な立場だが、年上ということで敬語を使っていた。

「ああ、まぁ、話っていうのは世界会議についてだな。まずは、アイン君の国は十中八九入っているだろう。」

「はい。」

「それで、おそらく今年の1位はアイン君の国だろう。理由もあるが、聞きたいか?」

「まぁ、聞けるのなら聞きたいです。」

「まぁ、簡単な理由が国土だな。私のこの国がいつも2位なのだが、1位のところは大陸全土が国土って言うところだ。アイン君は正確な土地の大きさを出したかい?」

「ええ。出しておきましたよ。エリが。」

「まぁ、優秀な部下がやってくれるならそれでも良いが、出来るだけ自分でやっておいたほうが良いぞ。」

「分かりました。」

「それで、アイン君は、最近、一個の大陸を丸々制覇したので、それで国土は同じ。さらに、本国や新しい大陸の中の大きな国土、そして、魔王国を合わせることで、アイン君は国土では圧倒的な差を築き上げた。」

「確かに大きいですね。でも、それだけで決まるのですか?」

「まぁ、他にも要因はあるのだが…説明しようか。」

こうして、王による説明が始まった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く