転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

世界会議

その後、アインは、前から言っていたように、元の大陸に帰る準備をし始めた。

「アイン様、それでは、こちらの大陸での仕事も後1つですね。」

「そうだね。」

アインに残っている仕事とは、この大陸をどうやって分けるのかだった。

元々、属国だった場所には何もしないが、支配下においている国を解放するわけにも行かなく、アインはこちらの大陸に、何回も来れる訳ではないので、この大陸の支配下においた国をいくつかに分けて、自分の部下に国を作らせ、治めようとしていた。

「まぁ、僕の国の貴族だって言う、言い方も出来るけど、貴族にしては、領土が大きすぎるし、国で良いでしょ。」

そしてアインは、本国から、内政が得意な部下と、その2倍の数の力のある兵を呼んだ。

「これはどうやって分けるのですか?」

「この大陸の、支配下に置いた場所を、さっき呼んだ、内政関係が得意な人の数で割るんだよ。」

「なるほど、しかし、さっき呼んだ人数では、1つ1つの国が大きくなりませんか?」

「確かに大きいね。まぁ、それでも、僕たちの本国の方の大陸の国よりは多くなると思うよ。」

「まぁ、属国だけでも、元の大陸の国よりは多いですから。」

アインが、今回呼んだ内政関係が得意な部下は20人。そして、1人で、国を1つ相手に出来る兵は40人呼んでいるので、大陸の余っている土地は20分割されることになった。

最初に目をつけた大陸は、今は100個の国で出来て居る。そのため、単純計算で、属国を除いても、最初に目をつけた国々の4倍くらいの国土があるのだった。

「まぁ、得意じゃない人に任せて、国をおかしくされても困りますしね。」

「そういうこと、それじゃあ、今から分けようか。」

そしてアインは、ちゃんと、その土地にある資源の量もできるだけ一緒になるように考えて、何とか20分割できた。

「よし、後はこれをあいつらに渡して、どの土地にしたいか聞くだけだ。」

「そうですね。それでは早速聞いてきましょう。」

そして、アインは部下の意思を聞いて、ちゃんと皆が納得できるまで話し合って、国を決めることが出来た。

「よし、それじゃあ、僕は帰るけど、がんばってね。」

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「はい!全てはアイン様のために!」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

こういわれて、アインは、本国に帰ってきた。

「ふ~。やっと帰ってこれた。」

「確かに、今回は長かったですね。」

「まぁ、こんなに疲れたのはセノヴァのせいだろうけど…」

「確かに、今までの中では一番強かったですね。」

「まぁ、1つの世界に1人居るか居ないか位だけどね。」

「確かに。」

「それよりも、今回は長いこと学校を休んじゃったな…」

「アイン様に聞きたいのですが、行く必要ってありますか?」

「何で?」

「アイン様は、もうあの国の国民ではないですし、それに、あの学校で学んだことと全然違い内政の仕方をしていますよね?だったら、あの学校で学ぶことは無いんじゃないのかと…」

「た、確かに…今から、変えようかな…」

「変えるとは?」

「ああ、冒険科にだけ行こうかなって。」

「まぁ、それはアイン様が決めてください。しかし、こっから先も忙しいですよ?」

「あれ?何があるっけ?」

「世界会議があります。まぁ、絶対に出る必要も無いのですけど。」

「どんな会議だったっけ?」

「この世界の、トップ20国が会合して会議する場です。」

「ああ、有ったね。そんなの。」

「アイン様は条件を満たしていますから。」

「何位なの?」

「それは、教えてもらえません。会議で、上位のものが下位のものに無理をさせないために。」

「それじゃあ、そこの開催者だけが知っているんだ…」

「ええ、あの人は、お金があって、会場を貸してくれるだけで、どの国にも属していませんから。」

「それなら安心だね。」

そして、アインの次の舞台が決まった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 破壊神フラン

    アイン絶対1位だろwww

    2
  • レッD

    また何かやらかしそう

    3
コメントを書く