転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

心の中を・・・

そして、セノヴァはアイン城の前までやってきた。

(さすがにでかいな。)

(たしかにに大きいですね。まぁ、それ以上にその上に居る天使たちに目が行きますが…)

そう、今、アインの城の上には多くの熾天使が居たのであった。

(あ、1つ聞いて良いですか?)

(何だ?)

(肝心なことを聞いていなかったのですが、今から戦おうとしているアイン王ってどんな方なんでしょうか?)

(ああ、少年だ。)

(少年…ですか?)

(ああ、15歳くらいの少年だな。)

(それなのに、何でセノヴァ様がそんなに身構えるのでしょうか?)

(俺だけじゃないぞ?俺と一緒の時期に王になった者たちも身構えている。)

(何故でしょうか?)

(一番の理由としては、えたいが知れないことだな。)

(えたいが知れないとは?)

(そもそも、最近までは俺とアインの間にはまったく関係が無かった。しかし、ある日突然あいつは、俺たちの国の王になったんだ。)

(王ってそんなに簡単に変われるものなの?)

(いや、基本的には王の子孫が次に王になるから、まったく関係の無い、アインがなる理由が分からないのだ。)

(それじゃあ、そのなぞのために戦うのですか?)

(そんな訳ないだろ。俺はそんなに愛国心が大きい訳じゃない。)

(では、何故?)

(さっきまで居た、グリムと大神官の話は聞いていたか?あいつらの両方とも、アインに国を滅ぼされているのだ。)

(たしかに、滅ぼされていましたね。でも、その話に何の関係があるのですか?)

(俺は、世界を支配するために、まず最初に、国を作ろうと思っている。しかし、おそらく俺が作ろうとしている国は、アインにとっては見逃せない国になるだろう。そして、俺はこの力を手に入れた。もう分かるよな?)

(なるほど…今後邪魔になるであろうアイン王を先に消すのですね?)

(ああ、その通りだ。だから協力してくれよ?)

(まぁ、元々気になっただけで、どんな理由であろうと協力するけどね。)

そして、セノヴァは、城に突撃をした。城には、障壁が張られていたが、そんな物はセノヴァにとっては有って無いようなものだった。

「ああ、久しぶりだな。セノヴァ。」

「チッ!攻め込まれているってのに、何でそんなに平然としていられるんだよ!?」

「なぜかって?それは、そうしていろってエリに言われたからだな。」

「なるほど。心の中では驚いているのか?」

「いや、事前にくることはわかっていたからな。」

アインがそういった瞬間、セノヴァは自分の体に何か付いていないかを探した。

「安心しろ。何も付いていない。しかし、お前らの位置は簡単に分かった。」

「俺たちに力が強すぎて分かったのか?…お前らだと?」

「何だ?」

「貴様、何で今お前らなんて言ったんだ?」

「なんでも何も、中に居る3体の悪魔くらい分かっている。」

(どういうこと!私たちは本来。絶対にばれないはずなのに!)

「君は…ハデスだったかな?まぁ、君が一番強いから、感知しやすかったけど…

(どうなっていやがる!ばれないんじゃなかったのか?)

(そうよ。本来はまったくばれないはずなのよ!)

「まぁ、私の能力だとでも思ってくれ。」

(何なのよ!そんな能力聞いたこと無いわ……待って…セノヴァ今しゃべっていた?)

(お、俺は何も言っていないぞ。)

(それじゃあ、何で…)

「私が考えていたことが分かるの?か?まぁ、心が読めるくらいにしか言えんが…そんなことよりも、お前のために天使を用意したんだ。」

(そんなことって…天使って城の上に居た?)

「まぁ、見てきていたか。それでどう思った?」

(残念ながら、私たちには、上位天使の攻撃しか効かないの。しかも、熾天使位のレベルじゃないと、位はするけど、ほとんどかすり傷のようなものだわ。)

「ん?気づいていなかったのか?上に居るのは全部熾天使だぞ?まぁ、お前らのために用意したんだ。さっさと行って来い。」

そして、アインは自分とエリと熾天使たちとセノヴァを、自分の作ったいくら破壊しても良い世界に連れて行った。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ちとせ@誤字報告遅くて|ω・`)スミマセン

    真ん中あたりの
    「俺たちに力が強すぎて分かったのか?…お前らだと?」 の
    「俺たちに力が」は「俺たちの力が」では無いでしょうか?
    間違えていたらすみません
    あと、遅くてすみません…(o_ _)o

    1
  • zero

    これからも面白く書い下さい
    応援してます!

    2
  • リクト

    支配欲のせいの破滅悲しきかな
    投稿頑張ってください

    3
コメントを書く