転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

他の王たち

「それでは、他の王がやっていることも見てみましょうか。」

「うん。」

そして、エリはいくつかのモニターに数人の人が映し出されている映像を流し始めた。

「ふ~ん。真面目にやっている人も多いんだね。」

「ええ、普通に国王になって、国を良くしていきたいって人も居ますから。」

「それじゃあ、問題を起こしていそうな人たちだけをモニターに移してもらっても良い?」

「了解しました。」

そして、エリがテレビを操作すると、映し出される人が4人に減った。

「この4人が何かをやっていそうなの?」

「はい。まぁ、見れいれば分かります。」

そして、1人の男が動き出した。

「おい、宰相よ。」

「何でしょうか?王よ。」

「前に発令した命令はどうなっている?」

「あれですか?うまく効いているそうですよ。」

「そうか。」

「それにしても、悪口を言っただけで反逆罪にするとは考えましたね。そのおかげで、国内の王の支持率は100%ですよ。」

「まぁ、それはそうだろうな。俺以外を言った瞬間に、そいつは死刑だからな。」

「はい。」

「それよりも、新しいほうを考えた。」

「何でしょうか?」

「この国では、暮らしが満足にできていないものが多く居るそうだな?」

「確かに、多く居ますね。」

「そいつらを利用しないては無い。俺は新しく大陸を見つけたんだ。」

「本当ですか?情報によると、この大陸を合わせて4つも大陸が見つかっていますが…」

「ああ、大陸を見つけて、その大陸をいったん無視して、さらに先を探索したら発見できたんだ。」

「なるほど…しかし、いったい何故いきなり満足に生活ができない人が多い話をしたのですか?」

「それはだな…この国を奴隷国家にするためだ。」

「奴隷国家ですか?」

「ああ、その大陸では奴隷を扱っているんだ。そして、わが国では税金を払いもしない無法者がたくさんおる。そのため、そいつらを奴隷にしてその国に売るんだ。まぁ、半分はわが国の中の貴族や、私が使うがな。」

「そういえば、この国の貴族って居るのですか?最近できたばっかりの国ですけど…」

「ああ、俺が任命して作った。皆俺と話が合うやつらばっかりだ。」

「なるほど、それでは反逆される恐れも無いですね。」

「ああ。俺はあの国と正式な条約を結び、一気に大国に上がるぞ。」

「その国はその大陸の中でも大きなほうなんですか?」

「ああ、その大陸には3国しかないそうだが、その一国で、皆同じくらいの大きさらしい。」

「それは期待できますね。」

「それでは、早速発令してくれ。」

「了解しました。」

_________________

「と、まぁ。こんな感じです。」

「やっぱりこういう人も出るのか。」

「後の2人も同じ感じで、自分の国で好き勝手やっている感じですね。」

「そうなんだ…2人?後1人は?」

「その人だけは、よく分からないんです。」

「どういうこと?」

「ある集団とあっているそうなんですが、全員顔を隠していて分からないのです。」

「そうなんだ。それじゃあ、これからはその人を重点的に見ていこうか。」

「はい。分かりました。」

こうして、アインはその1人の王を監察することに決めた。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 名無し

    顔を隠すってどこぞの
    サウジアラビアみたい

    2
コメントを書く