転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

7割を侵攻

あれからも、アインは各国に攻め込んでいった。

「う~ん。何回も戦争をしているけど、罪悪感が消えないな。」

「罪悪感は消えないほうが良いですよ。」

「そうだよね。」

「まぁ、アイン様の場合はもっと気楽に考えて良いと思うのですけど…」

この大陸では、少数部隊で一国が落とせてしまうため、ちゃんと準備をしていけば、アインの国の兵は1人も死なずに勝てるのであった。

「そもそも、今までの戦争で死者っていたっけ?」

「いましたよ。最初のころは。私が居ないときの記録にそう書いてありますから。」

「そうなんだ。エリが来てからは?」

「そっからは、アイン様の力がおかしな位に強くなったため、死者は出ていません。」

「そうだよね。だって、死者がいたら、僕に報告するように言ってあるし。」

「それに、最近ではバルバロット帝国の兵の皆さんも手加減を覚えたらしく、戦争相手の兵もほとんど死者が出ていません。」

「それは良いことじゃないか。」

「確かにそうですね…あ、また一国が落ちたそうです。」

「そんな簡単に言って良いものなのかな?」

「しかし、実際に国が落ちているのですし…」

「それじゃあ、この大陸の6割を占拠したらやめよう。」

「アイン様、昨日の時点で6割に達しています。」

「今は?」

「7割に行くか行かないか位です。」

「それじゃあ、各部隊に、今行っている戦争が終わったら、いったん侵攻をやめるように言って。」

「分かりました。」

そして、エリによって、命令が出された。

その1時間後、全ての戦争が終わった。

これはつまり、戦争は急げば1時間で終わらせられるという結果だった。

「とりあえず終わったな。」

「そうですね。これからどうするのですか?」

「まずは、今日支配下もしくは属国になった国の王と話しをしてくるよ。」

そして、アインは前話と似たような会話を各国の王とした。

「ただいま。」

「はい。お帰りなさいませ。それで、今回はどのような結果になったのですか?」

「やっぱり属国のほうが多いね。これで、この大陸で侵攻した国の8割が属国、2割が支配下になったよ。」

「やはり、自分の国は手放したくないのですね。」

「まぁ、素直に従ってくれるなら、大体のことは任せるし、反抗してくるようだったら、無理やりにでも支配下に置くけどね。」

「それで良いと思いますよ。逆にそうしないとなかなか従ってくれ無そうですし。」

「それじゃあ、エドウィンの国がやってくるまで待つか。」

エドウィンもサボっていた訳ではない。アインが大陸の7割を支配する間に、0.5割くらいを支配していたのだった。

「これで、7割と1.5割…もうすぐで衝突するね。」

「そうですね。なんでしたら、1.5割の中の国をいくつか裏切らせますか?条件を提示すれば裏切ってくれそうですよ。」

「そんなことはしないよ。それよりも他の貴族がどうなったかを確認しよう。」

そして、2人はエドウィンが大陸の3割を支配するまでの間、他の国王にしてあげた貴族が何をやっているのかを確認するのであった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • レッD

    他の貴族エドウィンと
    一緒に行動してそう
    もしくは旅でもしてる?

    2
コメントを書く